PBAミニリージョナル-チーター-秋吉夕紀プロチャレンジ

11月11日は、唐津のファズボウリングセンターで行われた、PBAミニリージョナル-チーターパターン-秋吉夕紀プロチャレンジに行ってきました。
 
Dsc_00201
 
チーターパターンとは、こちら。
33ftのショートコンディションと言うことで、以前に投げたこともあり、それに対応したボールを持っていったのですが・・・
びっくりするくらい裏切られました。
 
20181116
 
練習ボールの1投目を投げたら切れない( ゜д゜)
すぐにボールを変えましたが、完全に想定外で、混乱したまま終わってしまいました。
見て分かる通り、ノーヘッドが6回もあります。
LT-48、スティング、キネティックをボールを変えましたが、オイルに強く走るボールじゃないとだめでした。
47人?中21位。情けない。
 

| | コメント (0)

PBAミニリージョナル-ドラゴン-佐々木優香プロチャレンジ

11月4日は、博多スタレーンで行われた、PBAミニリージョナル-ドラゴンパターン-佐々木優香プロチャレンジに行ってきました。

Dsc_00041
6年ぶりの博多でしたが、覚えててくれました。
 
スコアリングペースが小と言うことで、かなり難しいようです。
でも、練習ボールでじっくりとポケットラインを探りました。 
 
20181105
 
最初は、内ミスも外ミスもできず、外ミスすると抜ける、内ミスすると刺さる状況でしたが、次第にオイルが安定してきました。
ただ、外の変化(枯れ)が早く、どんどん内に入って行く必要がありました。
5ゲーム目、プロと同ボックス。完全に浮かれたところに、急にレーンが難しく感じだしました。
6ゲーム目は、中を絞るラインに変えてみますが、状況変わらず投了。
 
トータル1104。
60人中25位でしたが、スクラッチでは10位でした。
 
それにしても、優香ちゃん、復活してくれて本当に嬉しかった。

| | コメント (0)

5人チーム戦

10月25日は、スポガ久留米の5人チーム戦でした。

10月からの新しいレンコンのフレッシュな状態では投げてないので、さてどうなることやら。
 
20181025
1G目はLT-48を使って、オイルの壁に沿わせるように投げてたのですが、幅を感じなさ過ぎたので、2G目からはヒュージリスペクトに変更。
結果は、無難に纏まったものの、今ひとつ打ち上げられることができませんでした。
オイルに強いボールで、最初から外にぶつけたほうがいいのかもしれないと感じました。
チーム成績は、メンバーが一人足りず、その分を1フレごとに交代で投げてましたが、1G途中でたまたま遊びに来たセンターの会員さん(上手な方)にお願いして入ってもらうなど、いろいろあったものの3位となりました。

| | コメント (0)

いじわるマッチ

10月23日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

 
20181023
 
練習ボールでレーンを探ると、短かめで頂点の幅が広くフラットという感じで、オイルの濃淡は7~10枚目かな?というイメージでした。
そこで、ブレイクゾーンを7枚目付近にして、ボールはミディアムライトのLT-48にして、出す角度を調整していくことにしました。
 
10_2
こんなイメージです。
 
どうも外のオイル状態を読み間違えていたみたいで、3G目はオイルの伸びで抜けるようになり、一方で外ミスは戻りすぎるので、ちょっと悩んでしまってたら終わってしまいました。
 
さて、今月の正解はこちら。
10_3
千葉オープンのコンディションとのこと。
概ね正解でしたが、オイルの境目が3枚くらい外でしたね。
もっと外から攻めるべきでした。
 
山上プロ曰く、千葉オープンで多くのプロが苦戦していたので、その苦しみを味わってもらいたかったそうですが、なぜか打ってる人もいて、プロも打ってて、アレアレ?という状態だったそうです。
同じパターン、同じオイルなので、レーンの状態の差なのかな?と話していました。

| | コメント (0)

諫早プロアマオープントーナメント 竜馬杯

10月20日~21日に、JPBA承認大会の諫早プロアマオープントーナメント 竜馬杯に参加してきました。

2つのシフトで、初日に予選前半4ゲーム、2日目に予選後半3ゲームを行い、各シフト24名が決勝トーナメントに進めます。
さらに、初日の予選後の夜に、人気女子プロとの11人チーム戦があります。
 
というわけで、初日です。
Photo  
 
ストライクが続きませんでした。
言い訳ですが、ゲーム開始早々に左足のふくらはぎがこむら返りを起こして、しっかり投げられなくなってしまったのです。
原因は、早朝から2時間のドライブで、左足はほとんど動かさなかったことで筋肉が固まっているのに、しっかりとストレッチをしなかったことだと思います。
騙し騙しで結果が出るほど甘くはありませんね。
予選前半は、ボーダーまで40点位の40位でした。
 
予選前半が朝一だったので、夜のチーム戦まで時間があり、左足を休めることができ、痛みはずいぶんと和らいで、チーム戦となりました。
私は当然に、渡辺けあきプロのチームです。
Dsc_0011
 
で、私のスコア
Photo_2
 
ノーメンテなので、外が削られていて、ぶつけに行くといい感じ。
1G目はヴァルチャーでしたが、ボール選択ミスしてました。
2G目からLT-48に変えて、やっとスコアが安定しました。
 
それより、けあきプロが予選では苦戦していたけど、チーム戦ではレーンが投げやすいと連呼して、絶好調。
ビッグゲームを連発して、3G目はナインコール一歩手前までいって、おそらくプロではトップのスコアだったと思います。
チーム戦、すごく盛り上がりました。
 
一夜明け、予選後半も朝一から投げます。第1シフトは前半も後半もフレッシュレーンなのです。
前日の反省から、しっかりストレッチして投げました。
Photo_3
 
通算6G終了時点で、ちょうどボーダーまで盛り返し、最後のゲームで200あれば余裕で予選突破だろうと思い、気合を入れて投げ出しましたら、レーンがまったく違う!
どんどん外にアジャストしても抜けて行って、2番ピンが飛ばないんです。
アジャストを繰り返して、7枚も外にアジャストして、やっと10番残りになるところにたどり着いたのが10フレで、時すでに遅しでした。
 
第1シフトで31位で投了となりました。
いろいろと反省点はありますが、今後の糧にしたいと思います。
 
決勝トーナメントはこちらの二人を応援してましたが、残念ながら1回戦で終わってしまいました(T_T)
Dsc_0020
 
さ、今から来年が楽しみです。

| | コメント (0)

«明治150年記念特別展『オークラコレクション』