特別展:京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」

5月12日に、九州国立博物館で開催されています『特別展:京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」』に行って来ました。

https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s54.html

奈良や東京で開催されたときより、内容が充実しているらしいです。

とにかく、たくさんの仏像を正面からだけでなく、側面や背面からも見ることができました。貴重です。

迫力がすごい!

彫りが繊細で生々しい!

圧倒されました。

九州国立博物館より提供を受けた写真をいくつか掲載しておきますが、絶対に現物を見てもらいたいです。

8o0a1868

8o0a1849

8o0a1979

8o0a1873
この6体の観音菩薩像は、自分で写真を撮ることができます。
かなり貴重なことだそうです。

8o0a1937
眼光が鋭く、迫力がすごい!

本当に行ったほうがいいです!

| | コメント (0)

プロショップ杯with秋山希望P in 折尾スターレーン

令和時代になって初の大会は、5月2日の折尾スターレーンのプロショップ杯with秋山希望Pでした。
このプロショップ杯は、GWを通してシフトが組まれており、全シフトが終わらないと結果はわかりません。

Dsc_0013

そして、秋山氏は毎年このプロショップ杯にゲスト参加しています。

センターについて、レーンパターンを確認して、午前中に1シフトを終わっていることを考慮して、戦略を練ってみました。

Dsc_0002_2

ボールはミディアム用のヴァルチャーにして、中目から10枚付近まで出すラインで行けそうな感じです。

ということで結果です。

20190503

ある程度幅を感じながら投げることができました。
ただ、3G目はレーン変化に対応ができず苦戦。
アジャストして行き着いたのが、出しすぎないで絞るライン。
ハウスコンディションでよくあるパターンです。

トータル618で、このシフトでは10位、秋山氏には3ピン勝ちました。
最終順位、どこかに引っかかってくれてると嬉しい限りです。

 

| | コメント (0)

5人チーム戦 in スポガ久留米

4月25日はスポガ久留米の5人チーム戦でした。
今年に入って3ヶ月連続で準優勝だったので、今月はもう一つ上になりたいところです。
ただ、先日のまりこさんのチャレンジの結果を見てもわかるように決して万全ではなく、実は宮崎観戦の疲れでふくらはぎの筋肉痛がひどく残った状態だったので、足を引っ張らないように投げるだけです。

20190426

 

LT-48とバルチャーを持ち込みました。
4月から新しいレーンコンディションになってますが、まだフレッシュな状態では投げたことがなく、1G目はLT-48で手探りでラインを探していました。

2G目からは、オイル変化に対応しながらどうにか連続200UPできました。
ちなみに、2G目の9フレからバルチャーにボールチェンジしましたが、外のオイルが枯れるのが早くて、ブレイクゾーンは10枚目付近に固定して、立ち位置をどんどん内にしていかないといけませんでした。
トータル877

他のチームが沢山フィーバーしていたようで、チーム順位は5位飛び賞でした。
パーフェクト達成者もいましたし、900UPも何人もいたほどのハイスコアレーンですね。

| | コメント (0)

櫻井眞利子プロチャレンジ in 仲原Jボウル

4月21日まで開催されていた宮崎エースレーンで行われた宮崎プロアマオープンの観戦疲れが取れない中、4月22日に私の一押しプロの櫻井眞利子プロチャレンジに、仲原Jボウルへ行って来ました。

Dsc_00181

顔を見た瞬間に、「来てくれてよかった~来ないわけないよね」と言われました。
ファン冥利に尽きます(^o^)

さて、会場の仲原Jボウルは初めてのセンターなので、1ゲームくらいは200UPしておきたいところでしたが・・・

レーンコンディション表を見つけて、狙えるラインをいくつか想定した上で、練習ボールでは、比較的すぐにストライクのラインが見つかり、次々とストライクが出てまして、これなら大丈夫だろうと思って油断したのかもしれません。
投げたボールはヒュージリスペクト。

20190423

1G目!!!割れ過ぎでしょう。100を切るんじゃないかと不安になりましたさ。
厚く入ったり薄く入ったりともう大変でした。

2G目もヤバイ状況でしたが、オールウェイで乗り切りどうにか200UP達成できました。

3G目と4G目は気持ち的に消化試合(笑)
というのも、まりこさんとは同箱どころか、隣にも来ないというハズレのボックスだったからです。
予約の段階で同箱が選べたみたいだったのですが、受付した人が新入社員だったらしく、要領を得ないまま申し込んでしまったからです。
プロチャレの申込みで、アメリカンで投げられますか?とか、一人と言ってるのに団体さんですか?と聞き返されましたからね(笑)

そんなわけで、トータル671、逆算ハンデ込で50数人位中の32?位と飛び賞にも引っかからず。

ゲーム中はあまり話せませんでしたが、囲い込み系の参加者がいなかったこともあって、ゲームの前や後に少し話せたので良しとしましょう。

そして、福岡で櫻井眞利子プロチャレンジがある時は、強制参加の勅命を拝受しました(笑)

Dsc_00201

| | コメント (0)

いじわるマッチ

4月16日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

練習ボールの1球目、10枚まっすぐ辺りを投げたら、着床してすぐに左方向に曲がっていったので、またメンテマシーンが壊れたのか?と一瞬疑ったものの、ものすごいショートレーンかもしれないと、一気に30枚落としで大外まで出してみるとそれでも裏に行く。
なんだこれは?と混乱したものの、レフティの方が曲がらないと言っているのを聞いて、左右非対称のパターンかも!と考え、オイルの境目を探し始めた矢先に練習ボールの時間が終了しました。

20190418_1

めったに経験できないパターンだと思ったので、投げながらオイルの状態を探って、ボールを変えたりラインを変えたりしてたので、スコアは気にせずに投げてました。

そしてこれが今回のコンディション。

Dsc_0001_2

やっぱりな!という感じでした。

大会後のフリー投球の時間に、誰も投げてない予備レーンで大会中に目星をつけたラインで投げてみると、まぁよくストライクが続きます。
その後、大会後のレーンで投げると、レーンの表情が全く違っててこれまた面白く、レーンによっても表情がかなり違っていました。
ただ、10番ピンが遠くて届かない!バックアップで取ろうとするも、左側のオイル量が多すぎて曲がらず大苦戦しました。

フレッシュレーンと大会後のレーンを比べると、立ち位置で10枚近く変えないといけませんが、ブレークゾーンは15枚目付近であまり変える必要はありませんでした。

ちなみに、投げたボールは、普段スペア用に使っているスティングとLT-48でした。

来月、このパターンでの練習会があるので、都合が付けば行ってみたいなぁ。

 

| | コメント (0)

«霜出佳奈プロと一緒に投げよう-夜の部-