« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

菊花賞

ハーツクライとホオキパウェーブを本線に、2連複や馬単、3連単でちょびちょびと買ってました。
仕掛けのタイミングや道中の位置取りも悪くはなかったのに。
ホオキパウェーブはハーツクライの直前を走ってて、4角回ったところで内がすっぽり空いた所を突っ込んで、ハーツクライは大外。
コース取りの差はあるけれど、ハーツクライは今までのような切れる足がなかったなぁ。

それより、勝ったデルタブルース。
逃げ馬マークで早めに仕掛けたとき、不人気だからと他が我慢したら残ると言う可能性は考えたものの、勝ち負けのローテーションを見て買わなかった。

考えた展開の一つには、バルクの暴走(したように思えるケースも含めて)で縦長の展開になり、コスモバルク以外の有力馬は皆後方からだから、中団に鈴を付けに行ける人馬は誰もいないため、コスモバルクをマークしたノーマーク馬が勝ち負けするというのは、意識にはあったけど、まさかそうなるとはね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まなべ、やるなぁ。

猫までジョイトイにしてもうたよ(´Д`)
そのうち、ローマ字にもジョイトイの波がとかいって、
『M』
なんて書くんやないやろね。

もしかして、まなべはインリンのバディに憧れているのかも。
本当はまなべがジョイトイの波に乗りたいとか。
でもそれ、すごく(゚∀゚)イイ !!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞の日曜日

秋華賞の馬券を買いにWINS錦糸町へ。
この日は、江戸東京博物館で、エミルタージュ美術館展していて、最終日だったこともあり、かなり混んでいましたが、それに行くために、WINS錦糸町を選んだわけです。

さて、秋華賞ですが、この日は、いつものように、メインの馬券代を捻出するために、やや早めに7Rくらいからの参戦で、東京、京都の7,8,9レースで予算を確保して、メインの秋華賞の馬券を買いました。
と言っても、秋華賞はあまり検討していないんです。
というのは、ダンスインザムード一色の様相で、連は外さないだろうとタカをくくっていたわけです。
しかし、冷静に考えれば、そこまでの絶対的な力差がないことは、実績を見れば明らかで、その上、展開を考えれば、上がりの勝負になるだけに、危険な人気馬だったわけです。
パドックでの激しい入れ込みはあったものの、案の定、上がりの足がある3頭に差されてしまいました。
この3頭とも、対抗で買っていたので、まさに縦目だったわけです(>_<) 残念!

そう言えば、WINS錦糸町の近くにあるロッテプラザのボウリング場は、HPを印刷していけば1ゲーム無料なので、お得です。
この日も3ゲームしましたが、初のレーンでもあり、その上、先日5ゲームした疲れが腕に残っており、すぐに握力が低下してきて、いつものようにヘッドピンを外しまくってしまいました(´Д`)
1G:132、2G:120、3G134
でも、今日分かったことがあって、球速が18Kmだとヘッドピンを捉えてもストライクが出にくく、19Kmを越えるとかなりの確立でストライクが出ると言うことです。
さらに、あまり回転数は関係がないということも分かりました。まったく回転がないとピンアクションが淡白になるので、それでも軽い回転は必要ですけど。
ちなみに、ここのレンタル球は、指穴に大小があるので良いですね。しっかりホールドできます。
成績アップのためには、もう少し、握力をつけないといけませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まなべには物凄く惹かれています。

初の虎場(笑)は、「まなべ」になりました。

それはそうと、小学校でたばこを止めた私が言って説得力ゼロですが、最近は、未成年がなんであんなに堂々と人前でたばこを吸ってるんだろうと思いますね。
私が小学校の頃は隠れて吸うのが当たり前で、人目に触れようものなら、近所のカミナリオヤジに殴られてましたよ。

そうか。
身近にカミナリオヤジがいなくなったんだな。
そう考えると、最近の子達は、可哀想だな。
カミナリオヤジはいつも子供たちの相手をしてくれて、本当は愛されていて、人生を教えてくれてたからな~。


しかし、まなべを傷ものにしかけた女子高生は、許せんな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

共同通信社杯 決勝

見応え十分のレースでした。
ただ、車券はトホホでした(´Д`)

吉田と村上のもがきを最後方から岡部がじっくりと仕掛けどころを待つと展開予想し、山田が村上ラインをブロックしたときに吉田の番手まくりで抜け出して来ると予想して、山田を軸に、佐藤、岡部、加倉、兵藤を紐で、3連複のボックス買いをしたのですが...
『134、135、137、145、147、157』

展開は、ほぼ読みどおりだったのですが、思ったより早く吉田がタレたのと、吉田番手の山田が村上のラインに抑えられてしまったため、山田は何もできずに終わり、結果は、
1着佐藤、2着岡部、3着兵藤、4着加倉という結果。

こういう展開が読める3分戦のレースだと、山田はめっぽう強い筈だけど、それは自力の時だけですね。
準決勝10Rで小嶋の番手からまくって行っただけに、今度も!と思ったのですが...
車券は、山田にこだわりすぎました。残念!(>o<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイブーム

最近、ボウリングに嵌ってまして、今日(あ、昨日か)の夜も、近所で5ゲームしてきました。
成績はと言うと、酷いもので(^_^;)
1G:77
2G:91
3G:83
4G:107
5G:139
トータル497で、99.4。どういうこと?(笑)
この原因は、①夜だったため、レーンのオイルが随分剥げていて、玉が曲がりすぎて、なかなかレーンの状態に適応できなかったことと、②12ポンド球の指穴が小さくてしっかりホールドできなかったためです。

ちなみに、なぜボウリングに興味を持ったかというと、私はスピンボールを投げるのですが、8/30に仕事仲間と10年ぶりくらいにやったのですが、そのときは2ゲームして、確か、100位と150位だったんですが、なんか納得ができなくて、9/25に平和島競艇場に行ったついでに、隣接するボウリング場に行ったんです。
そのときの成績は、
1G:91
2G:121
3G:132
4G:198
トータル542で、135でした。
このときは、開店早々だったので、レーンコンディションも良く、玉が曲がりすぎず、また指にピッタリでした。
そのため、最初の2ゲームは自分のスピンボールの特性などを確認しながら、試行錯誤で自分なりのスポットを探していたのであまり良くないですが、スポットが見つかった3G以降、特に4GはForthが出るなど、なかり好成績でした。

ただ、両日とも、レーンに慣れるまではヘッドピンを外してしまうのが問題です。
レーンの状態を早く掴んで、ヘッドピンを外さなくなることで、成績は上がってくると思います。


しかし、ボウリング場はどこも駅から遠いのはなぜでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日王冠と京都大賞典

土曜日の台風の影響で、東京競馬場の馬場は、稍重発表とは言え、水分が多めだったので、馬場の巧拙が読みにくくて仕方がない。
そのため、毎日王冠はまじめに予想せず、3連複の紐荒れを期待して100円買いしましたが、結果は、1,2,3人気の組み合わせで決まったため、外れました。
まあ、これはいいです。

その分、京都大賞典はまじめに予想しましたので、3連複を4点でいただきました。
レニングラードは、中段の位置取りで、上がりの足があるので、普通に福永が乗れば頭もあると考えられましたし、ゼンノロブロイはメンバーでは明らかに格上。
問題は相手探しでしたが、外の4頭を買いました。
この中でも、持ち時計一番のトウカイオーザに紐穴狙いで期待しましたが、さすがに年には勝てず、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリンターズステークス

今日のスプリンターズステークス。
嫌いな騎手は買えません。以上です。

てか、3連単で、1デュランダルと、3サニングデールを、1着3着の軸にして、2着を、9ゴールデンキャスト、12ケープオブグッドホープ、13シーイズトウショウで買ってるから、狙いは間違っていないと思うんだよね。
ただ、土曜日に前売りで買ったんだけど、ここまで馬場が悪化することは想定していなかったから。

と、言い訳の一つでもさせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »