« 地方競馬復興のための提言2 | トップページ | いぬああいふき »

地方競馬復興のための提言(3)

馬の格付け

現在は、獲得賞金で馬の格付けがされているが、それが番組をつまらなくしている原因の一つです。
賞金の上乗せによる方法のため、レースの出走馬全体のレベル如何に関わらず、勝てば賞金が加算されてしまいます。
さらに、交流競走でも、出走馬の所属する主催者により賞金に差があるのですから、実力の接近したおもしろいレースにならないのです。

その解決策は、絶対指数を格付けの基準に用いることです。
走破時計をベースに、馬場差、出走馬のレベル差、展開の差などを勘案して指数を導き出します。
幸い現在はターゲットと言うソフトウェアがあり、これを地方競馬にも拡大採用すれば、絶対指数のベースはできます。
絶対指数ができれば出走馬のレベルが均等化されおもしろい番組ができます。

|

« 地方競馬復興のための提言2 | トップページ | いぬああいふき »

競馬・競艇・競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/1994490

この記事へのトラックバック一覧です: 地方競馬復興のための提言(3):

« 地方競馬復興のための提言2 | トップページ | いぬああいふき »