« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

今年の総決算

ようやく、KEIRIN GPが終わり、今年の打ち納めをしました。
なんだかツキに見放された一年だった気がします。
予想自体はピシャリなんですが、縦目だったり、裏目だったり、時にはイラネというのが檄走しちゃったりして大荒れと、馬券、車券、舟券に見放されていました。

まずは、競艇の総決算、賞金王決定戦。
ずっと参戦していたのに、全敗という超珍しい事が起きてしまいました(´Д`)
それでも、年間でマイナス4万円。

ついで、競馬の有馬記念。
見事にトリガミでした。
12月に入ってから、当たるときはド本命の低配当ばかりだったので、一気に負けが嵩んでしまい、マイナス6万円。

そして、ダート競馬の総決算、東京大賞典。
雪が降ったお陰で、行った行ったになってしまい、抜け目となりました。
でも、今年は地方競馬にあまり参戦していないので、マイナス4千円に納まりました。

最後は、競輪の総決算、KEIRIN GP。
今ツイテいる3選手をピックアップして車券を組み合わせたのですが、このうち二人が最下位争いとなり、万事休す。
縦目となり、マイナス1万5千円でした。

久しぶりに大敗の1年でしたが、コースごとに見れば、やはり得意なコースはプラスなんですよ。
函館競馬場とか、平和島競艇場とか、岸和田競輪場とかね。
まあ、こんな年もあると言うことで、気持ちを切り替えます。
星占いだと(信じちゃいないけど)、来年は運気上昇らしいから(笑)、精進します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいすぎる(゜∀゜)

眞鍋がカエルのかぶりもの。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!ってな感じです。
やっぱ大好きだわ。
このかぶりもので、サイエンスZEROに出てくんないかな?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎競馬

ひどい話だ。
法律も改正になることが決まり、民間の血が流入できる環境が整い、ライブドアが支援に声を上げたというのに、最初から廃止ありきで、事実上の門前払い。
現在赤字なのは事実として廃止の検討はやむを得ないと思うが、再生の検討はほとんどなされていないのだから、お役所的だし、公平とは言えない。
今までの赤字垂れ流し運営をしてきた責任をとって、高崎市長が辞任するなら、競馬関係者や競馬を愛するファンの賛同も得られるだろうが、使い捨てのやりかたでは誰も納得しない。
競馬はギャンブルの部分だけが突出してしまうが、馬という動物を活用したプログラムや予想というゲーム性、広大な競馬場の活用など、もっと人を集める手段を考えるべきなのに。
平日には人が集まらないと言う問題もあるが、それなら、土日を重ねた開催にして、メインはJRAのメインをサイマルで売って、他はそこの競馬場の馬券を売ればよい。
JRAでも大多数は条件馬の名前までを知らないのだからJRAだろうが地方だろうが関係ない。
要は、JRA以上の情報を提供することで予想をしやすくすればいいわけです。
地方競馬専門紙の内容が寂しいことで、慣れているJRAでの予想スタイルに近い予想ができないため、今一つ予想を楽しめないことが、地方競馬離れの大きな要因の一つだと、経験から感じています。
高知や岩手など、ライブドアと協業を考えているから、ライブドアもこの辺りまで考えていることに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋に言っておきたい。

若いうちは、体力があるから無理ができるけど、その無理が年を取ると響いてくるってことを。
休めるときにはちゃんと休まないとね。

それはそうと、波田陽区に斬られていたが、波田の斬れがイマイチだったなぁ。
偏差値とか言うから、サイエンスZEROネタか?と思ったんだが。
残念!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »