« フォームが壊れている | トップページ | トウショウファルコ逝去 »

シンボリルドルフ以来の無敗の三冠馬誕生

ディープイパクトは強かったです。
武豊は、最初の1周目で掛かりそうになったディープインパクトを、あえて入れたくなかった最内に入れて宥めさせたのは、さすがと言える判断でした。
そして、2周目に入ってディープインパクトが落ち着いて、2周目の3コーナーで外に導いて、4コーナー入り口でGOサインを出すと、ディープインパクトは重心が下がり、一気にトップギアまで入った走りに変わりました。
その時点で、これは三冠馬だなと確信を得ました。
しかし、直線で待ち受けていたのは、アドマイヤジャパンに乗った横山典の好騎乗でした。
ディープインパクトを負かすにはこれしかないという完璧な騎乗をしたものの、相手が強すぎて2着でした。
気持ちが入っているときの横山典の騎乗は、天才ではないか?とさえ思える程の力を発揮しますが、今回がまさにそうでした。
3着はローゼンクロイツ。4着はシックスセンス。
馬券は外れてしまいました_| ̄|○

P051023_1106
そう言えば、今朝こんな雲を見ました。
馬が抜け出したみたいな雲です。

|

« フォームが壊れている | トップページ | トウショウファルコ逝去 »

競馬・競艇・競輪」カテゴリの記事

コメント

今気付いたけど、横山典は、3年連続2着ですね。

投稿: りりー | 2005.10.23 17:50

りりーさん はじめまして。
私も今日の横典の完璧な騎乗に感心しました。それでもあの差ですから、もうどうしようもない強さですねディープは!

投稿: すがたの狩人 | 2005.10.23 22:45

>すがたの狩人 さん
初めまして。
次走は、JCから有馬ですかね?
無敗の4冠馬、5冠馬の可能性もありますね。

投稿: りりー | 2005.10.24 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/6530585

この記事へのトラックバック一覧です: シンボリルドルフ以来の無敗の三冠馬誕生:

« フォームが壊れている | トップページ | トウショウファルコ逝去 »