« こんな時間に投げてきた(^_^;) | トップページ | JBCの結果 »

今日はJBC@名古屋です。

JBCといっても、競馬をしている人でもあまりメジャーじゃない気がしていますので、まずは簡単に紹介を。
アメリカのブリーダーズカップ(ブリーダーズカップ ワールドサラブレッド チャンピオンシップス)に範を取った、競走馬生産者の発案、主導による、競馬の発展を目指した、日本ダート競馬のチャンピオン決定戦、即ち競馬の祭典です。
開催場は地方の競馬場の持ち回りで開催されます。(アメリカも同じ)
ただ、このような高い志で開催されているにも拘らず、日本競馬界の頂点にいる、JRA日本中央競馬会があまりにも非協力的なため、出走馬はJRA所属馬も多数出ているにも拘らず、地方競馬だけの祭典みたいになっています。
非協力的と書きましたが、これは馬券の発売についてと言うのが、一番大きいかもしれません。
JRAの馬券発売施設(一部を除く、競馬場やWINS)で、このJBCの馬券を発売してくれないのです。
これらの施設で発売すれば、マスコミの取り上げ方も違ってきます。
日本の競馬界が衰退している今、もっとJRAが協力すべきです。

ということで、私は地方競馬の電話投票で購入します。

10R JBCスプリント【G1】
ボウラーなのですから、狙うしかないでしょう。
軸は4メイショウボウラー。ポテンシャルは一番のものを持っていると思いますが、休養明け初戦だけにさてどうなるか。
相手は、フサイチネットの冠が付いたJBCだけに、フサイチコンコルドの仔、8ブルーコンコルドと、名古屋は外枠の格言どおり、12アグネスジェダイ 。
本命サイドで堅く馬連複2点で行きます。

11R JBCクラシック【G1】
こちらは難しいです。JRA勢の独壇場になると思いますが、名古屋はコーナーが緩やかなため、3角から動いてもスピードが殺されない競馬場だけに、そのような乗り方が出来るかで結果が変わってきます。
で、名古屋競馬場も庭だった、笠松競馬からJRAに移籍した安藤騎乗の1ユートピアを軸にしました。
相手は、このところ全盛期に戻ったのか?と思えるほど、冴えた騎乗ができている横山典の3シーキングザダイヤ、3連勝中の先行して早い上がり時計を持つ7サカラートまでとしました。
この3頭の馬連複ボックスです。
2~3人気のタイムパラドックスとパーソナルラッシュは中団に位置するのと暖かい時期の方が活躍しているので、来ても3着までと見ました。

本当なら名古屋まで行きたかったのですが(競馬に限定せずで)、都合が付かず断念です。

|

« こんな時間に投げてきた(^_^;) | トップページ | JBCの結果 »

競馬・競艇・競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/6875376

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はJBC@名古屋です。:

« こんな時間に投げてきた(^_^;) | トップページ | JBCの結果 »