« 仕事納めしたからボウリングへGO! | トップページ | 1年2ヶ月ぶりの平和島スターボウル »

東京大賞典の結果

久しぶりに大井競馬場まで行ってきました。
その前に、こちらも久しぶりに平和島競艇場に行ってきました。
この2場は徒歩圏の近さなので、掛け持ちしている人は結構います。

で、まずは、平和島競艇。
新年レース前のレースなので、メンバーは記念級より格下ばかり、A2級中心で、A1級の下位、B1級の上位という、団栗の背比べだったので、実は難しかったです。
6Rから9Rまで参戦したものの、的中は9Rのみで1460円というしょっぱい配当で、マイナスでした(>_<)
(競艇は、半期の勝率でA1,A2,B1,B2にクラス分けされ、大きなレースにはA1しか出れないし、上のクラスほど多くのレースに斡旋されます)


続いて、大井競馬。
メインは、今年の日本の競馬の最後のG1競走、東京大賞典。
パドックで見た感じでは、
馬の気力が充実しているのは、横山典のシーキングザダイヤと武豊のタイムパラドックスで、無条件で馬券の軸になる。
力を出せる状態なのは、内田のアジュディミツオー、安藤のユートピア、赤木のスターキングマンだが、この中で、アジュディミツオーはいい意味で馬体重がマイナスで買い、スターキングマンは騎手がダメで軽視ということを考慮し、金額にメリハリをつけることにした。
人気の佐藤のシーチャリオットは良さそうに見えるけど3歳馬にしては落ち着きすぎてて気持ちを表に出さずよく分からない。
馬券は、タイムパラドックスを軸に馬連で5頭流しと、シーキングザダイヤを頭固定にして馬単で5頭流しで購入。

結果は、去年の本レースの勝ち馬アジュディミツオーが逃げ切り勝ち、2着にシーキングザダイヤ、3着にタイムパラドックス。
今年ずっとそうだったように、予想上手の馬券下手という結果になってしまいました_| ̄|○

とりあえず、東京大賞典の前の9レースは3点買いで的中したので全敗は免れましたが、トータルではマイナスです(>_<)


明日は、公営ギャンブル全体でも最後のビッグレースになる、KEIRINグランプリです。
なんとか当てて終わりよければと行きたいものです。

|

« 仕事納めしたからボウリングへGO! | トップページ | 1年2ヶ月ぶりの平和島スターボウル »

競馬・競艇・競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/7896599

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大賞典の結果:

« 仕事納めしたからボウリングへGO! | トップページ | 1年2ヶ月ぶりの平和島スターボウル »