« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

入射角度を算出するExcelファイル

クリッピングポイントの位置(板目とヘッドピンまでの距離)を入力することで、入射角度を求める関数を作ってみました。
入射角度のファイル

これで、3度~6度で入射できるポイントを探してみてみてください。
ただし、右投げ用です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さすがに21Gは疲れました(^_^;)

なんか、@niftyの調子が悪いみたいで、コメントが付かなかったらごめんなさい。

さて、水曜定時の日だから投げてきました。
パニックボウルに行ったら、ハイスコアランキングの暫定トップが235。私は210で2位。萌え...燃えました。
そのせいで気が付くと21Gも投げていました。4時間です。
それだけ投げたにもかかわらず、トップには立てませんでした。
_| ̄|○
おかげで、さすがに疲れました。一番疲れたのは両の足ですね。それと右の上腕筋。
あ、腰はもう大丈夫です。ご心配をおかけしました。
取り急ぎ、スコアをざ~~~っと書いておきます。

2006.3.219 18:14~、パニックボウル(土浦) 13レーン
 1G:181=8/ X 9/ (8)- X X 9/ 9- X 9/8

 2G:167=9/ X G9 X (6)2 (7)- 9/ 7/ X X9/
 3G:201=X 9/ 9- 9/ 61 X 7/ X X XXX
 4G:152=X 9/ X X 9- 9/ 9- 9- 9- 54
 5G:146=9- X 72 X 71 63 63 8/ X X5/
 6G:149=9/ X 9/ X 54 X (8)- 9- X (7)1
 7G:153=X 9/ (7)- 9/ 9- 8/ 6/ X 9/ (7)1
 8G:160=8/ 9/ X 71 X 9/ X 63 7- 8/X
 9G:191=X X 9/ (8)/ X 9/ X 81 9/ 7/9

 10G:183=63 X (8)1 X X 9/ X 9/ X 9/7
 11G:145=9/ X 72 72 9/ 8/ 7/ 71 9/ 9-
 12G:160=7/ (7)1 81 9/ X X 9/ (8)1 G/ G/X
 13G:214=X X X 8/ 9/ 8/ 9/ X 9/ X9/
 14G:215=(8)1 X 9- X X X X 9/ X X9/
 15G:213=X 9/ 8/ 9/ X X X X 9- X(8)1
 16G:139=X (7)2 (7)2 (8)1 72 9/ 9/ X 8- X(8)1
 17G:229=9/ X X X X 8/ 8- X X X63
 18G:190=9/ 9/ X (8)/ 63 8/ X X X(8)1
 19G:146=72 X X 52 72 3/ X 8/ 18 X72
 20G:118=(7)2 81 9- 7/ 72 9- 9/ X (7)2 (7)1
 21G:165=9/ X X 81 9/ 9/ 9/ 8/ (7)- 9-

total:3617 ave:172.2

1Gごとのプレビューは控えますが、最初はぎっくり腰のその後の状態があるので、無理をせずに3Gくらいでやめるつもりで投げてみたら、大丈夫そう。
でも、3Gまでのスコアでは、ハイスコアランキングの1位は取れませんので、引き続き投げることにしました。オイオイ
4G目は途中からこれまでのラインが使えなくなったため、少しずつ左に移動しながら微調整を続けてみましたが、どこも幅が細く、さらにスペアミスが続発しスコアが伸びません。
しかし、9G目から少し幅のありそうなラインが見つかったにも関わらず、スペアミスが続発しスコアが伸びません。
そして迎えた13G目。12Gの後半に思いっきりアウトサイドを狙ってみると、左右2枚分の幅があるラインが見つかっていたので、そこを攻めました。タップは10番(か6番10番)か7番(か4番7番)です。
16G目、さすがにこのラインは使えなくなり、割れ出したので、板目半分づつアジャストを繰り返したためスコアを落としました。
17G目でジャストを見つけるも、左右1枚分しか幅がありませんので、しっかりとそのラインを攻める。7fでミスをしたが、オールウェイなら235を越えるため、しっかりと投げるも、10fの2投目で痛恨のミス_| ̄|○川
気を取り直してその後も投げつづけるが、5枚目から13枚目まで、オイルが殆ど切れてしまい、タイトなラインしか残っていない状況になり、スコアも先細りし始めたためゲーム終了。
さすがに、ピンへの絡みが殆どないハウスボールの限界で、ポケットの板目がたった1/3枚ずれるだけで、間違いなくタップしますね。

終わってみると、21Gも投げていました。とっくにガス欠状態になっていたし、汗も止まってしまうわけです。
嗚呼、9800円なり。クレジットの請求が来たらうちの人に怒られる  ||Φ|(|゚|д|゚|)|Φ||

| | コメント (4) | トラックバック (0)

競技ボウリングが普及しない理由について考えてみた。

と言っても、そんな大げさな内容じゃないですが(笑)

で、いきなりですが、考えられる理由は、スコアの上限値=300点=パーフェクトの存在が競技人口の増加の障害になっているような気がしています。
どういう事かと言うと、ボウリングは、点数積み上げ式のスポーツで、上限が決まっているスポーツです。
そのため、競技では、対戦相手とスコアで勝ち負けを競う形式を取っているものの、全ゲームでパーフェクトを出せば絶対(ハンデによっては絶対ではないが...)勝てるわけですので、究極的にはスコアとの戦い、自己との戦いという絶対的な側面があるスポーツなのです。
すなわち、大多数の競技ボウラーの最終目標は300点、パーフェクトなわけですから、競技としてボウリングを継続してするためには、300点へのモチベーションをどれだけ維持できるかがポイントになります。
ただ、長くボウリングを続けていると、そこそこのスコアを残せるようになるでしょうから、対戦を楽しむことで継続できるようになるでしょうけど、競技ボウリングを始めて余り年月が経っていないと、300点があまりにも遠く感じてしまい、モチベーションを維持できなくなり、足を洗うのではないかと思うのです。

すべてのボウラーがこうだとは思いませんが、ボウリングのこの特性が、競技人口が増えないことに、少なからず影響していると思います。
ボウリング以外で、点数積み上げ式で上限があるスポーツといえば、ダーツくらいしか思いつきませんが、ボウリング以上にスポーツという認識が薄く、競技人口は言わずもがなですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

吉岡稔真

競輪をご存知の方なら、きっと彼の名前くらいは知っているでしょう。
彼は、日曜日に行われた日本選手権競輪で優勝しました。7年ぶりのビッグタイトルです。
普通、例えビッグレースでも、決勝レースが終わると、三々九度にお客さんは岐路につくのですが、この日は表彰式まで残ったお客さんが非常に多かったそうです。
そして、最後まで多くのお客さんが残っていたことに、彼は感涙に咽んでいました。
お客さんも、高齢者を含め、涙を流して共に喜びを噛み締めていたそうです。

今の競輪界で、ここまでファンの心を掴んでいる選手は、他にはいません。

彼は1991年にデビューして瞬く間に頭角をあらわし、デビュー2年目にふるさとダービーというビッグタイトル(現G2)を、それも2年続けて獲得し、そのごちょっと低迷したものの、平成4年に3つのビッグタイトル(日本選手権競輪(現G1)、競輪祭(現G1)、KEIRINグランプリ(現GP))を獲得し、あの世界選手権10連覇した中野浩一に引導を渡しました。
当時の彼の戦法は、F1先行という代名詞を冠していた位の絶対的なスピードとそれを維持するスタミナによる逃げ切りでした。
この潔ぎよい戦法と勝ちへの拘り、そして人間性が、多くのファンに愛されている理由なのでしょう。
その彼が、スランプに陥り、7年間もG1優勝から遠ざかっていただけに、ファンの喜びは一入でしょう。

私も、彼と同じ福岡県の出身だけに、今回の復活劇と言えるG1優勝は本当に嬉しいです。
これで、今年のKEIRINグランプリの切符は手に入れましたが、寛仁親王牌とオールスターというまだ手にしていないG1がありますので、それも取ってグランドスラマーになって、平成7年以来のグランプリ優勝を見てみたいですね。

ガンバレ!吉岡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽いぎっくり腰(´Д`)

大して重くない箱を少し持ち上げたときに、腰に痛みが走りました。
軽いぎっくり腰だと思います。過去にも経験がありますから。
普通に動く分には問題ありませんが、ちょっとでも腰に負担の掛かる体勢をとると腰に軽い痛みが走ります。
この週末はできるだけ安静にしておきたいのですが、バイトがあるから...._| ̄|○

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フォーム公開します。

前回の3月11日から、さらにフォームを調整しましたので、公開します。

http://briefcase.yahoo.co.jp/tabiuchi

1個目は随分と理想のフォームに近づいた形です。残りピンは見ないでください(笑)

2個目は3枚目まっすぐに投げたときの映像です。フォームは崩れていますが(^_^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

やっと2月初のプラスが打てた

春分の日、ちょっと寝坊したものの投げてきました。3~4Gで止めるつもりだったのですが、レーンコンディションに合ったスコアが出ず、納得できなかったので、納得できるまで11Gも投げつづけてしまいました。
家計に優しくないことしてるなぁ~(´Д`)

2006.3.21 11:36~、パニックボウル(土浦) 23レーン
 1G:164=F9 X X 9/ G/ (7)1 6/ X X (7)-
  <14P>
 2G:176=(7)2 9/ G/ 9/ X 9/ X 8/ 8/ X(8)/  <以下、15P>
 3G:144=(8)/ 8/ F8 (7)- 9/ X X 81 (6)- X9-
 4G:157=(8)- (8)/ 8- 9/ X X (8)1 (7)1 7/ X(7)2
 5G:127=(8)1 9/ 9/ (7)1 8/ (6)2 9/ (6)2 8/ (7)2
 6G:177=X 8- 9- 9/ 9/ 72 8- X X XX9
 7G:139=9- (7)- 9/ 9/ 72 X 9/ 63 7/ 8/5
 8G:147=F9 81 7/ X 9- (8)/ X 8/ 53 9/8
 9G:151=(8)/ 9/ (8)- 9/ X 8- 9/ X (7)- 9/6

 10G:171=X 9/ (7)/ X 63 X 9/ (8)- X 9/X  3fは6-7-10カバー(゚∀゚)
 11G:210=X 9/ 8/ X X 9/ 7- X X9/

total:1763 ave:160.3

激しくスプリットが多いのは(11Gで24個)、球速が早すぎたためです。ポケットに入っても、緩急でピンの動きが明らかに異なりました。
なぜ球速が早いのかは、改造中のフォームが固まりだしたのと、掌で押し出す感じの投球が戻ってきたことと、リフト時にフィンガーでボールを押し出して強くリフトすることが出来るようになってきたためです。
ただ、スプリットばかりだと面白くないので、3つの速度で緩急をつけて投げ分けて観察してみました。
一番遅い速度は、置きに行くような感じで投げますが、ボールが生きないため、オイルに敏感に反応してしまったり、ピンアクションは殆どなく、1~2ピン残りが多く出ました。
一番早い速度はリリース時の加速度をやや大きめに投げ、強くリフトしますが、ポケットからちょっとでもずれると、間違いなく割れます。ピンが後ろに飛んでいくのが分かるんです。
この中間の速度は、リリース時の加速度はボールの自重に任せて、リフトだけ強くして投げますが、ピンアクションもよく、ボールも1359の順に流れていきます。ポケットから少しずれても、ピンが横に走って行き、7や10番をよく倒してくれます。
それと、スプリットが出ると、勿論アジャスティングはしていますが、早い速度で投げるとどうしてもタップします。ハウスボールの限界と言われる部分の一つでしょう。
10G目までは、試行錯誤をしつつも、少しは良い結果を求めて投げていましたが、ハイスコレーンにも関わらず、スコアが伸びませんでしたので、11G目では丁寧な本気のアタックモードで投げてみました。
この11G目のスコアで、3月のハイスコアランキング暫定一位になりました。
2位は187点だったかな?なので、先日の197でも申請すれば暫定一位だったのですが、申請は最低限プラスを打ってからと決めているので、ようやく申請できました。
ただ、今日はアプローチが早かったせいもあり、3回もFしてしまったのはまずいですね(´Д`)

あと、フォームについては、以前COVERさんから背中が伸びている(体の起こしが早い)と指摘されていたのですが、その修正も含めて、自分が想像しているフォームに随分と近づいてきました。
映像は後日改めてUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総理大臣杯

総理大臣杯の優勝戦でした。

1号艇 湯川(去年の最多勝レーサー)
2号艇 横西(先日の女子王座の優勝者)
3号艇 濱野谷
4号艇 中澤(関東地区選手権2連覇中)
5号艇 瓜生
6号艇 菊地

最近のSGの優勝戦は選手が若くなってきました。最年少が湯川26歳、最年長が濱野谷32歳。
と言うことは伸び盛りなわけで、レースの攻め方が読みづらいのです。
中堅以上の選手だと、どう攻めるかのおおよその予想はつくのですが。

優勝戦の予想は...
1湯川は、初SG優勝戦の重圧で、スタートか1周1Mでミスすると思うから頭軸にはできない。
2横西は、難しい平和島の2コースを攻略できないと思うから、紐穴。
3濱野谷は、モーターが出ていないが、横西の動き一つで、最内差しか捲くり差しで突き抜ける可能性がある。
4中澤は、濱野谷と同じく。
5瓜生は、全速ターンをしない選手だけに、よほど展開に恵まれないと頭はない。
6菊地は、瓜生が最内を開けるとズバッと差し込むことも可能だが、頭に立つにはよほどの展開が必要。
以上から、舟券は、3-1、4、6への3連単と、4頭の総流しの2連単。さらに、応援舟券で、2から流しの拡大2連複。フォーカスは

結果は、Sで内3艇が凹んだため、4中澤が捲くりきり1着。中澤に続いて捲くった5瓜生が2着。道中で4艇の3着争いを制したのは6菊地。
4-5-6-3-1-2となり、2連単が的中。2320円。
2横西は途中までは3着の可能性が高かったが、1周2Mで湯川の突進に弾かれ、2周2Mで引き波で振り込んで最下位に終わった。女子レーサー初のSG制覇はお預けとなりました。

次は、戸田競艇場での笹川賞です。
戸田競艇場は中澤選手のホームプールなので、SG2連勝の可能性がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三冠馬始動

春の天皇賞へ向けてのステップレース、阪神大賞典に、三冠馬ディープインパクトが出走しましたが、文句のつけようがない圧勝でした。
馬場の悪化が懸念されましたが、思った以上に回復してて、いつもの強烈なキレ脚が見れました。
馬券も便乗したかったのですが、2着は堅いと見ていたインティライミが凡走してしまい、3連単しか買っていない馬券は紙くずになりました_| ̄|○

そして、今年の牡馬クラシック戦線の前哨戦の一つ、スプリングステークス。
フサイチジャンクとフサイチリシャールが3歳G1戦線を賑わす年になるかと思われましたが、リシャールに黄信号点滅です。
今日の負け方は尾を引きそうです。追っても追っても、わずかに前にいるメイショウサムソンとの差が縮まらなかったですから、コンプレックスを持つパターンです。
頭鉄板で馬単流しをしていましたので、裏を食らいました(´Д`)

競艇の総理大臣杯で取り返すのだ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大事なところでミスをする

今日は、午後に用事があったので、有給休暇を取り、朝ボウリングへと行きました。
開店して間もない時間だから、それなりのスコアが出せるだろうと思っていましたが、大事なところでイージーミスからオープンになってしまい、終わってみれば並。
ポケットは分かっているし、ボールを掌で押し出す感覚は大丈夫なのですが、どうもボールをきちんとコントロールできていないのと、リフトが弱くボールの走りがイマイチです。
今度、一度14Pに戻してみます。

2006.3.17 11:33~、パニックボウル(土浦) 5レーン
 1G:197=8/ 9/ 8/ 7/ X (6)2 X X 9/ XX(8)
 2G:166=8/ 7- X X X 9- 9/ (8)1 X 81
 3G:169=8/ 7/ X 9/ 9/ 72 X (7)2 X 9/9

total:532 ave:177.3

今、週末にパニックボウルまで投げにいけないから、ハイスコアランキング5ヶ月目に黄色信号点滅?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

少しだけ切っ掛けが掴めたかも

恒例の水曜定時退場日のボウリング練習です。
十分にストレッチをして、いきなりの課題を片付けつつのアタックモードです。

今日は、フィニッシュをビシッと決めることをテーマに投げに行きました。しかし、数球投げた様子を俯瞰してみると、腰が伸びている(上体が起きている)のは、リリース後にボールがスパットを通る辺りのことでした。
これはすなわち、ボールのリリースには直接関係がないと言うことなのだと思います。

そこで今度は、フィニッシュに右足を上手く使うことで、フィニッシュをより安定させる練習をしました。
でも、どうもしっくり来ないと思いつつも投げつづけていると、たまに走るボールが出ていたので、そのときのことを思い出すと、掌の向きが違うんです。
その修正をした結果が、3G目の6f以降で、去年12月から今年1月の月間アヴェレージ180超だったときの感覚を思い出しました。
ただ、まったく同じ感覚ではなく、正面に向けた掌から、人差指でボールを押する感覚が当時とは違う部分です。

2006.3.15 18:24~、パニックボウル(土浦) 15レーン
 1G:173=63 81 72 9/ 9/ X X 9/ 8/ X7/
 2G:174=7/ X X 7/ X X (8)- (7)- (8)F 9/(8)
 3G:191=7- 9/ X 9/ 9- X X X 81 XXX

total:538 ave:179.3

まだ、フォームの不安定さと15Pボールの重さへの慣れがない分、カバーミスが多いですが、少しづつ改善してきていますし、昔の感覚を思い出したことで、スランプ脱出の切っ掛けが掴めたかも知れません。

そう言えば、先月のフレッシュカップですが、スクラッチだと10ピン差で2位でした。ハンデに助けられていました(´Д`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

腰を伸ばさないための練習

COVERさんから、「フィニッシュで腰が少し伸び上がっている」という指摘を受けまして、よくよく考えると、膝に不調をきたす前はフィニッシュはビシッと止まっていたな~ということを思い出しました。
かばっていたときの癖が残っていますね。
それで、先ほど、フィニッシュで腰を伸ばさないように出来るかな?と、スポーレボウルの3G1000円パックで、試しに投げてきました。
両隣が学生風の4~5人組だったため、撮影とのタイミングの取り方で気が散ってしまうことは明確なので、アタックモードなしの練習に徹しました。

映像は、こちらです。

まだ不十分ですが、少しはフィニッシュで腰を伸ばさなく出来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

激しく難しいレンコンだった。

今日の昼間、パニックボウルに投げに行った後、プロショップに寄ってインストラクターさんとIプロと話していたところ、この2週間くらいのレンコンはかなり難しいコンディションにしていたそうです。
1年、いや1ヶ月このコンディションが続いていたら、嫌になる(気が狂う?)ほどの難解さで、1ヶ月のアベレージでプラスを打てればすごいというほどの状態だったそうです。
打つためには、正確なコントロールとボールの動きが一定である必要があるそうです。
どうりで水曜日は出入りが激しかったし、今日もちっとも打てなかったはずです。

1ゲームのウォーミングアップ後からです。
すべてのゲームが、立ち位置15枚目プラスマイナス1枚で、8枚目通しのクロスで投げましたが、同じラインに乗っててもフッキングポイントが投げるたびに変わって、ポケットに行ったりブルックリンに行ったりでした。
ただ、左右比べると、左側のレーンの方が少し簡単でした。

2006.3.11 13:06~、パニックボウル(土浦) 30-29レーン
 1G:142=X 7/ X 7- 62 9- X 7- 4/ 7/X
 2G:156=7/ (7)2 X X 9/ (8)1 62 6- X 7/X
 3G:160=3/ 6/ 9- X 9/ 71 X X 71 8/8
 4G:179=7/ 72 X 3/ X 9/ (8)/ X 6/ 8/7

total:637 ave:159.3

こんなに難しいレンコンは滅多にあえないでしょうね。
いい勉強になりました。

ビデオは一応撮ったのですが、設定が変わっていたみたいで、画像がかなり粗かったので却下にします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3月9日に撮影しました。

まだ改造フォームが未完成ですが、とりあえず、謎の?サムレスハウスボウラーの映像を公開します。
皆さんの忌憚のないご意見をお願いします<(_._)>

1投目と10ピンカバーの映像を置いています。
ここです。

撮影していたときのほうが成績が良かったのはなぜ?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出入りが激しすぎ

定時退場日の水曜日なので、投げてきました。が....
3Gだけのつもりが、気が付くと9Gも投げていました(´Д`)

今日のレンコンは、中遅外早のうれしくない状態。外はオイルがあるのではなく、クリーニングがされていないって感じです。
まあ、一般客中心の若番のレーンだから仕方がないけど。
相変わらず、新フォームが固まりきれず、同時に10番カバーのラインの見直しもしているので、1投目の結果とスコアが同期しています。早い話、カバーミスが多いってことですけど_| ̄|○

フォームを思い出すためとウォーミングアップで1Gのつもりでしたが、どうもしっくり来ないので、もう1Gウォーミングアップに使い、3Gで帰ることは諦めて、5Gくらいのつもりでアタックモードに入りました。

2006.3.8 18:23~、パニックボウル(土浦) 7レーン
 1G:198=(7)1 X X X (8)/ 8/ X 9/ 63 XX9
  立ち位置20枚目くらいから10枚目通し。
  9fは左ワッシャーだったので勿体無いです。
 2G:126=63 X 62 7/ X 8- 9- 8- X 9F
  2投目でフォームが崩れるケースが多く、また、中遅のため、カバーでもスパットミスが許されず。
  6,7,8fは、10番絡みのカバーミス。
 3G:190=63 (7)- 62 X X X 9/ X X 9/(8)
  立ち位置17枚目くらいから5枚目通しに変更。
  3fまでは2G目と同じ症状です。
 4G:126=8- 8/ 8- 8/ X 9- 9/ 34 X 7-
  またまた10番絡みのミス多発。
 5G:153=72 X 9/ 9/ 62 X X 5/ 9- 44
  相変わらず、カバーミスが多い。10番絡みのミスも多いみたい。
 6G:198=9- X X X 72 X X (8)1 X X8/
  立ち位置18枚目くらいから6枚目通しに変更。
  またまた10番絡みのミス多発。勿体無い。
 7G:139=7/ 9/ (8)- (7)2 X 61 X 9/ 7/ 7-
  さすがにガス欠です(^_^;)足元がふらついて、フィニッシュが安定しません。

total:1,130 ave:161.4

この日は、職場のカメラを借用してフォームを撮影しましたが、USBケーブルを借りていなかったので、映像をPCに取り込む手段がなく、UPできません(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

yahooの捨てメアド

この土日、バイトで疲れてしまったので開かずに放置していたyahooの捨てメアド。
さっき開いたら、迷惑メールフォルダに迷惑メールが77通(笑)
業者さんも、数打てばあたる方式で、ご苦労なことです。
まあ、自動送信なのかも知れないけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

女子王座決定戦at浜名湖競艇場

日曜日は、浜名湖競艇場で行われたG1女子王座決定戦の優勝戦でしたので、電話投票で舟券を買いました。
1号艇 横西(99年の女王)
2号艇 海野(04年の女王)
3号艇 淺田(恐怖のF2持ち)
4号艇 日高(去年の女王)
5号艇 徳増(地元水面)
6号艇 永井(唯一の20代)

進入予想は142/356か124/356。
スタートは12346がほぼ同体で、5が少し凹み、1周1Mで1が逃げ切り、差す2と4で2~3着。
または、スタートは3がちょっと頭を覗かせ、1246が同体、5が少し凹み、1周1Mで1が逃げ切るか3がまくり切るかで、1~2着を分け合い、3着に2、4、6。
以上の8点。

結果は、スタート12346がほぼ同体で、5が凹む隊形。
1着は1が逃げ切り勝ち。
2着は3で、5が凹んだお陰で、差しもまくりにも対応できたため、展開を見てまくる。
3着は4で、1周1Mで先に小さく廻った5に差し場を阻まれたが、実力の違いで道中追い上げる。
2は差しに構えるも、流れてしまい4着。以下略。
快心の的中です(゚∀゚) 3連単2320円をgetです。

これで横西はSG総理大臣杯への切符を手にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝はオイルたっぷり

土曜の朝、久しぶりのスポーレボウルのおはようボウリングに行きました。
さすがに、オイルたっぷりの上に、なぜかロングレーン。
外にも薄くオイルがあるから殆ど戻ってこないし。
それと、フォーム改造中の身だけに、1週間投げないと体がフォームを忘れちゃいますね_| ̄|○
思い出したのが3G目とは困ったものです(´Д`)

とりあえず、1G目は様子見と体を目覚めさせるためのウォーミングアップで、2G目と3G目をアタックモードで投げてみました。

2006.3.4 8:35~、スポーレボウル(つくば) 3レーン
 1G:157=5/ 7/ (8)1 7/ 7/ X 7/ 9/ 9- 63
  3fの7-10は仕方がないにしても、そこまでは我慢で投げていたのに、9fで痛恨の7番ミス。
  10fは気落ちして1-3-6-10の1残り_| ̄|○ 8f時点で199と目論んでいたのに(苦笑)

 2G:181=7/ X 7/ 72 9/ X X 72 X 9/X
  4f、8fとも板1枚ミスったイージーミス。投げた瞬間に結果が分かってガックシ。

total:338 ave:169.0

板目に真っ直ぐだと曲がりが少なすぎて入射角度が取れないので、クロスで投げましたが、フォームが安定しないだけに、当然ながらスパットミスするわけですよ。
そうなると、ヘッドピンに当たらないというこの日でした。
ノーヘッド7。右ワッシャー3。左ワッシャー3。
あ、そうか。14pのボールなら、慣性モーメントが小さくなる分、もうちょっと曲がったんだ。今ごろ気づいた_| ̄|○


ところで、週末ボウラーでいられないかもです。
今週から、都内で土日に駐車場のバイトを始めたのですが、昼から夜の10時までなので、自宅近所でで投げるとしたらスポーレボウルのおはようボウリング(8時~10時)のみになるのです。
都内に早めに出れば投げられなくもないですが、順番待ちになると時間的に厳しいですし。
平日は定時退場日の水曜と、その他は仕事次第。
とりあえず、3月中はバイトの様子を見て、今後どうするか考えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車乗りの効能について

前にもブログで書きましたが、家から職場まで、自転車(シティーサイクル)で約30分(信号ストップがなければ25分切ります)かけて通勤しています。
たしか、10Kmくらいの距離です。平均時速20Km(゚∀゚)

そうだ、いきなり本題忘れてた。
自転車乗りの効能です。
(1)手首が鍛えられます。
これは、ハンドルがバーハンドルで、サドルをやや高めにしているため、必然的に若干の前屈みで乗らざるを得ません。そうなると、手首とサドルの両方に体重が乗るわけで、必然的に手首が鍛えられるという具合です。
ボウリングでは手首は重要ですからね。
(2)腿やふくらはぎが締まります。
別にぶっ飛ばして漕いでいるわけじゃないので、足に大きな負荷は掛かっていませんが、ほぼ無停止で30分の有酸素運動を毎日続けていると、腿やふとももの贅肉は削ぎ落ちていきます。
(3)お通じが良くなります。
下半身中心の運動なので、適度に腸が刺激されます。

☆意外に効能がないこと
(1)おなかは締まらない。
腹筋や背筋には殆ど負荷が掛からないので、おなかは引き締まりません。

思いつくままに、少しだけですが書いてみました。眠い(-_-)zzZZZZ

全然関係ないですが、↓のお弁当レシピ。すごいですよ。
http://cookpad.com/mykitchen/recipe/index.cfm?display=photo&limit=20&page=1&UID=57193&RC=0&DIRNAME=rinarina

| | コメント (10) | トラックバック (0)

折角の定時退場日だというのに...

雨が降っているので、チャリでは帰らず、バスで帰ります。
となると、当然ボウリングにもいけません(T_T)
ボウリング場近くまでバスで行くルートはあるものの、
一度中心街に出てまた戻っていくと言うのは、面倒です。
定時退場日で、嫁さんも帰りが遅いというから、
気兼ねせず投げにいける情況がそろっているのに。
忌々しい雨め!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »