« 三冠馬始動 | トップページ | やっと2月初のプラスが打てた »

総理大臣杯

総理大臣杯の優勝戦でした。

1号艇 湯川(去年の最多勝レーサー)
2号艇 横西(先日の女子王座の優勝者)
3号艇 濱野谷
4号艇 中澤(関東地区選手権2連覇中)
5号艇 瓜生
6号艇 菊地

最近のSGの優勝戦は選手が若くなってきました。最年少が湯川26歳、最年長が濱野谷32歳。
と言うことは伸び盛りなわけで、レースの攻め方が読みづらいのです。
中堅以上の選手だと、どう攻めるかのおおよその予想はつくのですが。

優勝戦の予想は...
1湯川は、初SG優勝戦の重圧で、スタートか1周1Mでミスすると思うから頭軸にはできない。
2横西は、難しい平和島の2コースを攻略できないと思うから、紐穴。
3濱野谷は、モーターが出ていないが、横西の動き一つで、最内差しか捲くり差しで突き抜ける可能性がある。
4中澤は、濱野谷と同じく。
5瓜生は、全速ターンをしない選手だけに、よほど展開に恵まれないと頭はない。
6菊地は、瓜生が最内を開けるとズバッと差し込むことも可能だが、頭に立つにはよほどの展開が必要。
以上から、舟券は、3-1、4、6への3連単と、4頭の総流しの2連単。さらに、応援舟券で、2から流しの拡大2連複。フォーカスは

結果は、Sで内3艇が凹んだため、4中澤が捲くりきり1着。中澤に続いて捲くった5瓜生が2着。道中で4艇の3着争いを制したのは6菊地。
4-5-6-3-1-2となり、2連単が的中。2320円。
2横西は途中までは3着の可能性が高かったが、1周2Mで湯川の突進に弾かれ、2周2Mで引き波で振り込んで最下位に終わった。女子レーサー初のSG制覇はお預けとなりました。

次は、戸田競艇場での笹川賞です。
戸田競艇場は中澤選手のホームプールなので、SG2連勝の可能性がありますね。

|

« 三冠馬始動 | トップページ | やっと2月初のプラスが打てた »

ギャンブル」カテゴリの記事

競馬・競艇・競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/9198941

この記事へのトラックバック一覧です: 総理大臣杯:

« 三冠馬始動 | トップページ | やっと2月初のプラスが打てた »