« 1秒で気分一新? | トップページ | 1年の計は金杯にあり? »

いのしし年と初詣の関係

このところ、新島・神津島周辺で小地震が多発しています。
大晦日だけで14回、元日8回、この前にも多数。
その上、千葉県沖でも起きてるし、全国的にも起きてます。
ヤバイのかなぁ?

それはそうと、本題。
初詣は結局、元日の3社のみでした。
2日の遠出は、腰のことを考えて行きませんでしたが、6日に都内に出るので、その時に、いのしし年なので、大鳥系の神社をいくつか参拝して来ます。
いのしし年と鳥の関係が?だと思いますが、書くと長くなるので、省略しますw
って、それじゃあんまりなので、簡単に(だらだらと)解説しておきますね。

トーテム、トーテミズムという単語を聞いた事があると思いますが、古代の民族はトーテムを使って自民族を表していまして、日本民族は5種類のトーテムの種族で形成されているという説があります。
この先は、説ですが、面倒なのでw、断定表現で書きますね。でも、あくまでも「説」ですから。

その一つが、「鳥」をトーテムとする民族です。(以下、鳥加と表記。「加」は人々の意味)
この鳥加は、中国から、満州、朝鮮半島と経由して、日本に入ってきました。
古代中国の王朝に「殷」と言うのがあることはご存知だと思いますが、この殷王室の姓は「風」なんですね。風を姓にしているというところから、風神として「鳥」を崇拝しトーテムとしていたというのは想像できるかと思います。(この説明は長くなるので省略)
そして、殷が滅ぼされ、周王朝になるわけですが、周王朝のトーテムは「鳥」ではなく「牛」だったため、鳥加は下げ荒んで、「チョウ」という音によく似た「チョ」=「豬」を宛がわれ、さらに、殷王朝の始祖の一人「王亥」の「亥(ガイ)」の字は、古代の漢字(甲骨文字)では「豕(シ)」と類似していたため、意図して「豬加」と呼ばれるようになった(豬と亥はともにいのししの意味)。

と言うことで、いのしし=鳥、と言う訳です。

ちなみに、この「豬加」という民族は、高句麗(朝鮮半島北部)では「順奴部(チョナペ)」と言い、新羅(朝鮮半島南部)では「猪名部(チョナベ)」と言い、日本では「猪名部(ヰナベ)」と言います。発音は、各地の言語癖で変化しています。(元々は、「イ」は犬、「ヰ」は猪を表す文字です)
「いなべ」「いのべ」「いのうえ」と言った苗字の人で、かなり古くからこの苗字だったら、殷王国を形成していた民族の末裔かも知れませんよ。
そして、「猪名部神社」「鳥(酉)神社」「大鳥(酉)神社」「大鳳神社」などは、「鳥加」や「豬加」の末裔で「猪名部(ヰナベ)」の人々が祀った神社です。

以上から、今年の初詣は鳥系の神社に行こうと言う訳です。(家の近所にはない...)

説明を限りなく端折ってるので、きっと????だと思いますが、「説」という前提の豆知識と言うことで、ご理解ください(笑)

|

« 1秒で気分一新? | トップページ | 1年の計は金杯にあり? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
年始のご挨拶ありがとうございました。
今年も宜しくお願いします。

投稿: なるパパ | 2007.01.04 00:16

>なるパパさん
こちらこそ、よろしくお願い致します。

投稿: りりー | 2007.01.04 01:00

すごい博識ですね。文化人類学ですか?民俗学というのかな?
神社にもいろいろあるのですねー!

投稿: reonoa | 2007.01.04 02:56

明けましておめでとうございます。
年始のご挨拶を頂いておきながら,遅くなってしまい申し訳ありません。

今年もよろしくお願いします。

実は実は同い年だったんですね。

投稿: 我夢 | 2007.01.04 21:05

>reonaoさん
何の役にも立たない雑学ですから(^^ゞ
現在の学問で分類するのは無理だと思います。
文化人類学でもあり、民俗学でもあり、言語学でもあり、宗教学でもあり...などなど。
多くの学者のように、自分の分野に執着しない分、発想が自由にできますからね。

>我夢さん
こちらこそ、よろしくお願い致します。
今年fortie'sです(笑)

投稿: りりー | 2007.01.04 22:05

あけましておめでとうございます。
昨年は色々お世話になりました。
また、事務局もありがとうございました!
本年は「実り多い年」にしたいと思いますので、
ぜひぜひこれからもよろしくお願い致します。
m(_ _)m

※りりーさん、午年ではないのですか?
 未年?(汗)・・てっきり午年かと!(爆)

投稿: ひこやん | 2007.01.05 19:00

こんばんは。
げっ、いのしし=鳥 σ(`ε´) ですか?(笑)

#現代の北京語では、"鳥"と"猪"の発音は全然似ていないですが、古代の言葉ならきっと発音もだいぶ違うので、可能性はなんとも。

投稿: T.B.Bird | 2007.01.05 23:44

あけましておめでとうございます(^^)
本年もよろしくお願い致します。
りりーさん、博識ですねぇ。
井上さん・・たくさん知り合いがいるので、
ルーツを聞いてみたいです(^▽^;)
腰をお大事に。

投稿: charmmy | 2007.01.06 01:18

>ひこやんさん
午年ですよ。早生まれなんで。

>とりさん
発音は、殷時代のことなので、多分今の北京語とは違うと思いますよ。

>charmmyさん
氏姓は、平安以降、公卿や武士が、移住した先の地名を氏姓に取り入れているケースも多々あるので、井上さんの全てがそうだとは限らないです。
ただ、手先がすごく器用なら、そのDNAが入っている可能性があります。
日本書紀には、新羅から来た大工の匠が「猪名部(ヰナベ)」の始祖だと書いてありますからね。

投稿: りりー | 2007.01.06 02:44

遅くなりましたが、おめでとうございます。

昨年は、ギャラクシー事務局ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。(ギャラクシーも(笑))

投稿: ochan | 2007.01.07 10:56

>ochanさん
こちらこそ、よろしくお願い致します。

投稿: りりー | 2007.01.07 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/13314505

この記事へのトラックバック一覧です: いのしし年と初詣の関係:

« 1秒で気分一新? | トップページ | 1年の計は金杯にあり? »