« 久しぶりの動画公開 | トップページ | 久しぶりの入賞 »

扁桃腺が腫れている

持病なんですが、何日か前に空気が乾燥していて、予防線を張っていたんですが、アキマセンでした。
土曜日の朝、喉の痛みをかんじつつも、バイトへ出かけ、益々酷くなってきています。
明日もバイトです。扁桃腺から熱が出ることがあるので、こんな季節だと言うのに、喉のタオルを巻いて、保温しています(´Д`)

さて、金曜日は、嫌な感じをもったまま、リーグ戦に出てきました。
持参ボールは、ロングオイルのままだと判断して、青玉とカバー用に月光です。

詳細スコアは作るのが面倒なので省きますが(爆)、178、214、161でした。
相変わらずイージーミスが多すぎです。
6-10とか、5とか、7とか、3-6とか、/Gとか(爆)

でもね、ボールが手を離れてすぐにアカンって分かっちゃうんですよ。
それがたとえ、スパットは1枚くらいしか外していなくても。
原因は、絶対に取る、綺麗にカバーするって意識しすぎて、立ち位置をあわせて、スパットを合わせてってやってると、ミスしているんですよ。
この辺でいいやって感じで、適当に立って、適当に投げる方が、何だかんだで取れちゃうんですよね。

そう言えば、リーグの途中経過では、第2戦までの撃沈で大量ハンデがあり、2位になっていました(笑)
スクラッチだと7位くらいかな?

さて、前の記事で腕を反さないように左手の使い方を云々と書きましたが、リーグ後のフリー投球練習で、gousokuさんのご意見で、左側に壁を意識して左手で壁を触るような感じで、試してみました。
そうしたら、ストライクラッシュです(゚∀゚)
リーグで投げたレーンで、完全にラインが出来上がっていることもありますが、面白いようにストライクが続きます。
立ち位置20枚目から5枚ずづ、ラインを移行しどうしてもストライクになります。
更に、腕を反すことも殆どないので、力強いボールが投げられます。
ただ、投げ慣れないために、左手の使い方には違和感を覚えて、狙ったラインにきっちり乗せられないことが多いです。
それでもストライクラッシュだったわけですが(^_^;)
この左手の使い方がもっと上手くできるようになれば、ステップアップできるのかな~という気がしています。

|

« 久しぶりの動画公開 | トップページ | 久しぶりの入賞 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早速実行していただいて恐縮です。
あくまでも私が右肩の突込みを止める為に左手意識
させる方法です。
左手のひらに力を入れるだけでもOKです。
色々試してみてください。

扁桃腺お大事に!
毎日うがいをするだけでも予防できますよ。

投稿: gousoku | 2007.05.13 11:10

>gousokuさん
クリス・バーンズのフォームを見ると、左手で壁を作っているのが分かっていたのですが、私には必要性を感じていなかったのです。
しかし、動画を見たことと、gousokuさんのコメントで、この必要性を痛感しました。
壁を作った後に、壁を押出すタイミングが上手くいけば、よりボール威力が加えられるはずなので、色々試してみます。

扁桃腺は持病なので、うがいは頻繁にしているんですが、疲れがたまってくると、うがいでは防げませんね。
やっぱり健康は、一に睡眠です(^_^;)

投稿: りりー | 2007.05.13 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/15049817

この記事へのトラックバック一覧です: 扁桃腺が腫れている:

« 久しぶりの動画公開 | トップページ | 久しぶりの入賞 »