« 試し投げ | トップページ | スポーレボウル開場7周年記念(その1) »

本部長チャレンジ

毎週金曜日はパニックボウルのリーグなんですが、前回が終了し、次回の間に1週空きがあるので、ジャックボウルの本部長チャレンジに行ってきました。

参加者25人(本部長を除く)中、11位でした。チャンチャン。

まず、レンコン。練習ボールはオーサムフィニッシュ(AF)で投げてみると、
奇数レーンは立ち位置24枚目から19枚目リリースのspat13枚目通しでよく、
奇数レーンは立ち位置17枚目から12枚目リリースのspat7枚目通し(゜Д゜ ;;;
差がありすぎる...

とりあえず、1G目はそれで攻めてみるが、幅がないためガマンガマン。6フレで3-6-10をミスっただけの185。

2G目は似たようなラインが使いたいと安易に考え、入射角が浅い奇数レーンに蜂さんを投入する。
立ち位置21枚目から16枚目リリースのspat8枚目通し。
1フレで1-2-4-10をミスった以外ノーミスで200ジャストだったが、やっぱりしっくり来ない。

3G目は思い切って、レーンに合わせたボール選択にしてみる。奇数レーンにAF、偶数レーンに蜂さんを投入。193。
偶数レーンは立ち位置17枚目から12枚目リリースのspat10枚目通し。オイリー用のボールだから、長くオイルの上を走らせるラインに変更。
奇数レーンは立ち位置31枚目から26枚目リリースのspat16枚目通し。
大きく違うライン取りだが、ボールのイメージに合ったラインになるから混乱することはない。
2フレで4-6-7をミスるが、そこから4th。しかーし、8フレでボールの回転軸を誤り突き抜けてしまい1-2-10残りをミスる。9フレはトータルプラスにするには4thが絶対条件と気負いすぎて、グイッと曲がりすぎて3-6-10、そしてミスる_| ̄|○。10フレをXX9と纏めただけに、勿体無かった。

トータル578。アベレージ192.67。
ちなみにハンデは3/3G(本部長チャレ限定ハンデ)だったので、ハンデ込みで581。

キリ番の10位まであと一息で、参加賞の葡萄一房のみをお持ち帰りしました。
10位だと、この他に果物商品券が貰えたらしい。

なかなか上手くいきませんね。

 

 

 

ところで、こ本部長チャレンジには、山本翔太Pの弟が出てました。
去年のパニックボウルでのPBAチャレンジで同ボックスだったので、そのときの印象を覚えているのですが、球速が落ちてますね。前は、たけやんさんを彷彿とさせる、奥でグイッと曲がるボールを投げていたのに、今回は少し手前からアーク状のようなボールになってました。
もしかするとレンコンの違い?かも(ボソッ)
フォーム自体は大きくは変わっていないようでしたが、ただ一つ。サム抜けのタイミングが遅くなったように感じました。
彼もいずれプロになるんじゃないかと思いますが、ホームだった京成が閉鎖したので、いまはどこで誰に師事しているのかな?ちなみに彼は、ジャックボウルのパーフェクトボウラーに名を連ねています。

|

« 試し投げ | トップページ | スポーレボウル開場7周年記念(その1) »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/16228370

この記事へのトラックバック一覧です: 本部長チャレンジ:

« 試し投げ | トップページ | スポーレボウル開場7周年記念(その1) »