« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

3月の大きな大会

パニックボウルでは、16日にプロチャレがあります。

参加プロは、岡部P(去年に引き続き)、市原ドラゴンP(去年に引き続き)、山下昌吾P(去年に引き続き)、谷川アッコP、縄手シンチアPです。

会員4千円、一般4.5千円です。

13時開始の4Gで、上位5名にチャレンジマッチありです。

前売りチケット発売中ですが、日にちは余りありませんので、購入はお早めに。

B1メンバーで、遠方から参加を希望される方は、チケットを購入しておくことは可能ですから、連絡ください。

 

続いて、20日はジャックボウルで、ジャックボウルカップというのが開催されます。

これは会員限定だったかな?

16時開始の6G(3G?毎のレーン移動)で、5千円です。

賞品はかなりいいです。

優勝は3万円分の商品券で、7位までに入れば、元は取れます(笑)

その他、飛び賞もあります。

 

実は、18日には、toroさんのセンターでもプロチャレがあるみたいなんですが(うららP他が出ます)、さすがに平日は厳しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習の仕方

ボウリング馬鹿の皆様は、どんな練習方法をしているんだろう?

と、ふと思ってしまいました。

私の場合、最初はストライクを突けるラインを探します。これは多分誰でもやっていると思います。
あ、フォームの確認などの投球は除きますよ。

それで、ある程度幅のあるラインが見つかったとしますよね。その後の対応です。

私の場合、そのラインで投げることはあまりないんです。

新たなラインを捜す旅に出るんです。

周りで練習している人を見ると、美味しいラインが見つかると、ずっとそのラインで投げつづけるんですよね。
ライン変化によるアジャストは、当然していますけどね。

そんなわけで、私の場合、それなりのスコアが出たとしても、その次のゲームはろくなスコアが出なかったりしますが、周りの人は好スコアを連発し続けるんです。

練習のスコアは、意図して出しに行かない限り、特に気にしないのですが、練習としてはどちらのほうが効果的なんだろうか?と思うわけですよ。

 

あ、関東の地上波でも、今週木曜日の深夜からPリーグが再開しますね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ストライクが続かない男がいたんですよぉ。

なぁ~にぃ~。やっちまったなぁ。
男は黙ってダッチマン。男は黙ってダッチマン。

と言うわけで、プロチャレ@ジャックボウルでした。

抽選で入ったレーンは、魔の5-6番レーン。
と言っても、最近は苦手意識も薄れちゃったんで、気にもしなかったんですが...

練習ボールでは、まぁ遅めながらも手前にオイルを感じられ、立ち位置28枚目からスパット15枚目辺りを通せばポケットに行くことが確認できました。
最初に投入したボールは、貰ったばかりのレベル・トラディショナル。

1G目144(゚Д゚)
最初の1投目は狙ったラインをちゃんと通ったんですよ。でも、ボールはブルックリンストライク。その後も、少々のアジャストではポケットを突けないんです。
練習ボールと違ったことと言えば、体も温まり、球速が若干上がったくらいなんですが、それがボールの動きを良くしてしまったみたいで、結果として、左右のレンコンの違いを際立たせる結果となりました。
後半でやっと、立ち位置30枚目からスパット2818枚目辺りを通すラインでいけそうな手ごたえを感じて、2ゲーム目に入りました。

2G目200。ぼちぼち。
と言いたいところですが、これ、ダッチマンです(^▽^;)偶数レーンに合わせられないままでした。
奇数レーンは上記のラインでちょっと薄く入ったので、立ち位置を外に移動してストライクが続きました。
問題は偶数レーン。ジャストと思ったら10番が残るし、立ち位置を外にアジャストしたら食い込みすぎるし、立ち位置を戻ってスパットを内に変えたら薄く入るし。
そうこうしている内に迎えた10フレはラインの分かっている奇数レーンで1投目はピッタリストライク。2投目で、ダッチマンにするか、普通にパンチアウトにするかで迷いながら投げたら、大きく外ミスして2-4-5残り。カバーしてダッチマン完成となりました(^▽^;)
褒賞はないんだけど(悲)

3G目194
問題の偶数レーンだけボールをくたびれているアクションに変えて、立ち位置28枚目から18枚目通しという絞ったラインで攻めると、これがピッタリ。
しかし、今度は奇数レーンのオイルが乾いてきたみたいで、厚く入りだし、アジャストしつつ4フレまで又もやダッチマンペース。
5フレでようやくストライクが来て、ここから一気に取り戻そうと思ったものの、今度は偶数レーンは10番が飛ばず、奇数レーンは厚めに入り、そして9フレ3-10となり、万事休す。
決勝に残る可能性(630くらいがボーダーになりそうだったから)が消えてしまったため、意気消沈し、10番残りのオープン。普通にカバーしていれば204だった訳ですけどね。

それにしても、5番レーンは日中結構回っていたそうです。6番レーンはいつもバックエンドの動きが不安定な上に、そこそこ回っていたみたいです。
話では、5-6番レーンからは優勝者が出ていないそうですが、いつものプロチャレくらいのオイルが残っていれば、幅を絞った、オイルの上を長く走らせるラインで攻められるので、狙えるんじゃないかと思えるんですけどね~。

とは言うものの、20人中15位、飛び賞ゲットでした(^。^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊谷ミニオフ

新潟から、凛音さんが来られるという事で、たけやんさんのホーム、C-BIC熊谷でのミニオフに参戦してきました。

参加者とか内容は、今回の主役の凛音さんのブログや、参加者ののぶたさんのブログ寡丹生さんのブログを読んで頂くとして、その補足程度で書いておきます(^▽^;)

その前に、熊谷オフ恒例のふらいで腹ごしらえです。
前回は中だけしか食べなかったところ、小腹を埋めるに留まったため、今回は大とやきそば小で行きまして、腹八分目といったところでした。締めて700円也。
そして、今回はぜりーふらいはお預け(笑)

さて、前回のオフのとき、かなりレーンが荒れていて、たけやんさんですらなかなかプラスが打てなかったこともあり、あまり暴れないボール、ロックオンと16Pのアクションを持っていきました。

今回は、6ゲーム投げて、最後の6ゲーム目をジュースマッチにするということで、それまでは練習という気分で、いろいろと試そうと思ってしていました。
最初は、立ち位置25枚目から幅を絞って投げてみました。
しかし、やはり常に回転しているセンターだけに、オイルは伸びてるわ、削れてるわで、殆どオイルを感じません。
最近、ロングオイルでばかり投げているので、特に遅い~と思いつつ、久しぶりに立ち位置35枚目などを使いました。

そうこうしているうちに、少しずつ立ち位置を内に動き、2ゲーム目辺りで膨らませ気味のラインで行けそうな目処を感じて3ゲーム目を投げ終わったところでスコア表示を見ると、「梅澤プロ」という表示が出現しました。
梅澤プロは、中学の時にたけやんさんのボウリングを見て、憧れ、師事し、ついにはプロボウラーになった若者(20歳)です。
仕事をちょっと抜け出して、一緒に投げることになったのです。
ということで、急遽、梅澤プロチャレンジとなりました。
梅澤プロを含め、スコアトップになった方には、梅澤プロからボールをプレゼントと言うことで(たけやんさんはたまに貰えるそうですから賞品の対象外)、俄然気合入りまくり。物が掛かると気合いも違います(笑)

さあ、ちょうど大体のラインも掴めていた所だったので、真剣モードで投げましたよ。

X7/X8/XXXX9/X62 227

偶数レーンはピッタリだったんですが、奇数レーンが薄く入って行くので、立ち位置をアジャストし、4th。9フレはジャストで入ったと思ったのにちょっと食い込みすぎて9番残り。
この時点で、梅澤プロとの一騎打ち。1マーク差で私が先行してました。
10フレ1投目ストライク。次にストライクが来れば勝利確定だったにも関わらず、引っ張ってしまって6本残りをさらにスペアミス(^▽^;) 結果待ちと言う状態です。やべ~~~。
梅澤プロが10フレ1投目でストライクが来れば、まさに死に体と言うところ。
しか~し、梅澤プロの愛情を感じましたよ。
きれいな1本残りとなったところで、私がたけやんさんも含めてもトップとなり、ボールを戴きました)^o^(

レボリューションのレベル・トラディショナルという、去年末に発売されたボールで、まだ20Gくらいしか使っていないと言う、ほぼ新品です。
さらに、16Pという願ってもない重さでした。
ありがとうございました<(_._)>

次のゲームの1投目で、そのボールを早速投げてみましたが、暴れることもなく、フレアも細かく、使いやすそうな感じでした。今持っているボールラインナップで一番手薄なミディアムからドライで使えそうです。
梅澤プロはこの5ゲーム目に、我々に色々とアドバイスを士ながら練習して、仕事に戻っていきました。

そして、迎えたジュースマッチです。上位3名が下位3名のジュース代を持つというルールです。4位は中立ということだったので、ボールも戴いたことですから、4位宣言をして、ゲーム開始です。

前半から中盤に掛けては、ボールを変えたり、大外真っ直ぐのラインで投げたりと、練習状態だったため、6フレ時点で67(^▽^;)
全員のスコアを見ると、この時点で6位。下手すると下位3名に入りそうだったので、プロチャレ時のラインを使い、7フレからターキーを持ってきて、とりあえず4位に浮上。
9フレ終了時点で、上位2名と下位2名はほぼ確定。
3位から5位までは10フレの結果次第で変わる状況。
そこで私は内ミスしてしまい6-7-10のスプリット(゚Д゚)狙いに行ったものの10番だけが飛んで150で終了。
結果待ちとなりましたが、順位変動はなく終了。良かった良かった(^。^)

B1以外の方も参加してのオフでしたが、楽しい時間が過ごせました。
たけやんさん、凛音さん、のぶたさん、寡丹生さん、凛音さんの先輩のHさん、たけやんさんの弟子のTさん、そして梅澤プロ、保倉プロ、お世話になりました。

梅澤プロからのアドバイス:もう少し前までボールを送り出す。
保倉プロからのアドバイス:球速アップ=アプローチスピードアップ。

それと、たけやんさんも、ボール(ダイノタン:Vendetta CARBIDE 2002年のボール、オイリー向け?)ありがとうございました。
かなりオイルを吸い込んでいるみたいなので、これからオイル抜きして、ドリルレイアウトを設計して、プラグ&ドリルして使ってみます。

実は、熊谷からの帰りに、ホームに寄って、戴いた16Pの2つのボールを投げてきました。
ロングオイルであることと、レイアウトから、余り動かないだろうな~とおもっていたら、やっぱり動きませんでした(笑)
何と言っても、10番がそのまま取れました(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

無茶苦茶眠い(´・ω・`)

眠いんで現実逃避中(@_@;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アプローチスピードが狂うと...

パニックボウルのジャンプアップリーグ第2週だったわけですが、ボロボロでした。

リリースポイントを上にあげたことを思い出すために、リーグ前に1ゲーム練習で投げてみたんですが、その時は良かったんです。
3フレームごとにボール替えたにも関わらず、230くらい出ました。

で、リーグに入りました。

1G目。ボールは青玉を投げて、148(゚Д゚)
何でしょうか?まぁよく割れました。7-10に始まって、1-2-4-10、4-10、1-2-9、1-2-8-10と5回も。厚く入ったり薄く入ったりと、ラインを掴めていないってことなんでしょうけど、原因を自分のコントロールのなさに求めてしまって、丁寧すぎる投球をしだしたのが裏目に出てしまいました。
そう、アプローチスピードが極端に遅くなってたんです。
その結果、ボールが体より先に行ってしまい、手投げになってしまったんです。

2G目。ボールは赤玉で、134_| ̄|○
引き続き丁寧すぎる投球をしてしまって、特に2投目で、アプローチスピードの狂いからカバーコントロールが大きく狂ってしまい、オープンフレームを6つも出してしまいました。
でも、アプローチスピードに気付いた10フレはパンチアウトになりました。

3G目。ボールはアクション(16P)で、225。
やっとリズムが戻ってきて、3フレで10番をミスしただけで、プラス打てまして、4の字回避(爆)

トータル507。

それはそうと、16Pのボールが投げやすいんです。15Pだと軽く感じるのか、スイングがぶれたり、リリースの瞬間に指先で無駄な動きが出てしまうんですが、16Pだとスイングも殆どぶれず、リリースの瞬間も素直に押し出せてるんです。

リーグ後に残業をしたわけですが、16Pのアクションでいきなり212が出ました。
次に赤玉で4ゲーム投げましたが、157、169、171、141。アプローチはリーグの時のような狂いがないにも関わらず、この結果です。それなりにストライクは出ていますが、カバーミスが多かったです。
そして、青玉で2ゲーム投げ、167、199。兎に角、スペアミスが多い。特に10番。
木曜日の夜から投げ出したフォームは、カバーに安定感がありません。
もっと練習しないといけませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

練習

小指痛への対処方法を模索してみました。

リリースポイントを、現状は左足のすぐ近く(時に左足にボールが当りくらい)だったものを、左膝近くに上げてみました。

左足の近くでリリースすると言うことは、上体が相当に右側に傾いていると言うことで、その状態から左足近くにボールを持っていくには、手を内側に曲げる必要があります。
一方、膝の近くでリリースするなら、上体はそんなに傾けることなく、手を内側に曲げる必要もなくなります。
ただ、リリース点が高くなる分、若干ロフト気味になるのはやむを得ません。

今日の練習では、コントロールは不安定だったものの、小指側への負担はかなり減りましたし、以前よりもしっかり押し出せていました。
尻の下から抉り出すのもできています。
なんともいい感じです。

ただ、3歩目以降のアプローチスピードが遅いと、腕だけが先に出てしまい、リリースが指投げ気味になり、小指に負担が掛かってしまいますので、注意が必要です。

全部で5ゲーム投げて、最初の1ゲーム目は、修正後の投球イメージを作っていくことに専念し、2ゲーム目からスコアを意識して投げてみました。

最初はラインを探りながらでしたが、188というスコアになりました。
なかなかいい感じですが、内ミスでのスプリット2つに10フレ2投目で10番をミスってしまいました。

次が183。
7番ミス1回。2-5-6-7で7番残り1回でした。

次は133。
アプローチスピードが遅くなっていたようで、小指が痛くなり、その原因を探りながら、さらにレーンも遅くなりだして、気が付けば終了。

最後は246。
2フレから7thを持ってきたのに、9フレで10番をミス、そして10フレ2投目で7番をミス。

最後はラインが美味しいラインを見つけたこともあったんですけど、そこそこ安定した投球ができていました。

この投げ方、いけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロチャレ@ジャックボウル(2008.02.19)

はい。24人中7位でした(-.-)
う~ん。イマイチ。
右手の小指側が痛いんですよ。
でも、ちゃんとボールを押し出せれば痛くないんですが、ちょっと腕が早く出ちゃうと小指側に重さが掛かって痛くなり、上手く押し出せないんです。
その結果が、イージーミスしたり、厚く入って割れたり(´Д`)

1G目は203。
3フレで3-6をミスったのみ。

2G目は177。
厚く入りだし、1、2、4、9フレで割れました_| ̄|○
3フレでアジャストできて、7つもストライクが出てるんですけどね。
まあ9フレは3-10でカバーしましたが、それにしても割れすぎです。

3G目は180。
又もや5、8フレで割れてしまいました。さらに、こちらは小指側の痛みがピークに来ちゃったため、ストライクが続きませんでした。

トータル560。アベレージ186。

使ったボールは蜂さんで、しっかり膨らませるラインで攻めました。
小指側の状態がまともなら、十分に決勝に残れてたと思うんですけどね。(カットラインは603)

24日のオフ会までには普通に投げられるように治さないと....
そうしないと、来月はパニックのプロチャレ(岡部P,竜太P,昌吾P,アッコP,シンチアP)と、ジャックのセンター杯と、2つのビッグな大会がありますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデーリーグ@ジャックボウル

第4週目です。ハンデが出まして14。

1G目198
6-10のワンミスのみ。ちょっと膨らましぎみのラインを選択。ただ、薄かったり厚かったりと不安定。

2G目139
ミス5つ(-.-) 1G目と同じようなラインを選ぶが、ちょっと厚めに入りだし割れる。さらに、2-4-5や10をミスる。

3G目174
中目を絞ったラインに変更。ただ、厚めに入り気味で合わせているうちに終了。

トータル511
1G目だけ勝って、1ポイントしか取れませんでした_| ̄|○
ボールはロックオンのみ。

ちょっとこのところカバーミスが多すぎます。
理由は、自分でカバーの確率を下げるようなことをしているだけなんですけどね。
それは、ピンに対して、板目真っ直ぐのボールでカバーに行ってるんです。
そうすると、スパットを半枚外すだけで、キーピンに当たらなくなるんです。
と言うことは、確実にスパット上にボールを通さないとミスになるということです。
まぁ、大会の時くらい、普通に取りに行けばいいんですけどね(^▽^;)
もうちょっとコントロールが良くなってから戻すつもりなんですけどね。

それと、もう一つ。カバーのときだけ、ボールを引っ掻き上げてしまっているため、ピン手前でボールが噛んでしまうんです。特に10番に対して。
前に押し出して縦、だけの回転で投げれば、ドライコンディションでも曲がりません。それがたまにしかできてないのです。

 

その後、3ゲームの残業で、蜂さんを投げてみたんですが、日曜夜のノビノビレーンでも、案外使えるかもです。中に残るオイルの上をしっかり走らせれば、外のドライゾーンから、確実にポケットに戻ってきます。
1G目が3ミスで200。2G目が3ミスで200。3G目はなぜか指の筋に痛みが走り、右手だけでボールを持ち上げられない状態に。
一応、手首を入れて、リリース時に手の平で押し出せてれば痛みはなかったので、最後まで投げきったものの、スコアにならず。
でも、家に帰り着いたら、痛みがなくなってました。何だったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1G毎にボールチェンジ

パニックボウルのジャンプアップリーグが新シリーズに入りました。
今シリーズは、ゲームごとにボールを変えて、如何に早くレーンに対応するかというのを自分に課してみます。

さて、第1週目です。
レーンは42~3ftのクラウンで、両サイドまでオイルが入っています。

1G目
使用ボールは蜂さん
9/⑧1XX9-9/62XXX54 182
3-10とか10番とかミスしたらアキマセンね。
ラインは中目から外一杯まで膨らませるが、走って切れる軌道。

2G目
使用ボールは青玉
8/XXXX⑧-7/9/9/9/⑦ 208
前半でラインは掴んだものの、オイルが伸びてきたのに合わせているうちに終了。
ラインはこちらも中目から外に膨らませるが、軌道はアーク状。

3G目
使用ボールはロックオン
639/9-X9/9-9/⑧/9-XX9 160
なんか、集中力が切れてしまった。15枚目辺りのリリースからスパット10枚目辺りの余り膨らませないラインで、薄め薄めに入っているのに、スパットを変えたり球速を変えたりと、小手先のアジャストを続けて10フレに。さらにイージーミスも多いし(-_-)
10フレで我に返り、それまでのボールの動きから、立ち位置を外に移動し、10枚目リリースからスパット8枚目を通す絞ったラインにアジャストしたら幅は狭いけどピッタリでした(´Д`)

トータル550

1ゲームごとにボールを変えるのって、集中力を維持しつづけないといけないだけに、結構大変です。
でも、素早いアジャストと、ラインが見つかったら今度はミスをしないで打ち上げるように、精進しないといけません。

これはとても練習になる方法ですが、リーグだからこそできる練習ですね。
賞品が掛かったセンターの大会ではスコアを出してナンボですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西オープン プロ選抜

なんと、サムレスプロが、Aシフトの5位と6位につけてるじゃないですか。

それと、牛久プロも43位で選抜通過しました。

たけやんさんの弟子の梅澤プロも36位で通過ですね。

すばるプロも通過。

パニックボウル堺の健ちゃんプロは・・・

 

Bシフトでは。

花本プロ18位通過。

塩山プロ落選かぁ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロチャレ@ジャックボウル(2008.02.12)

どうも体の立ち上がりが遅いですね。
そのため、コントロールも投球リズムも、1球ごとに違うんですよ。
その結果、ちょっと厚く入ってスプリット、薄く入って10番残り。
ようやく落ち着いたのは3G目に入ってからでした。
早めにセンターに行って練習しておけばよかった(´Д`)

今週は、牛久プロが関西オープン出場のため、山本翔太プロチャレになりました。

1G目 X⑥1XX⑧1X9/X9-9- 155
2-6-7-9とか4-6はまだしも、6番や7番だけの残りピンは取らないといけませんね。

2G目 ⑧/⑦29-XX7/X9/X9/8 180
3-10はカバーしたものの、6-7-10はむずい。

3G目 X9/XXX⑧1X8/XXX8 224
今度は3-10ミス。

練習ボールで2つのラインを確認できてましたので、外側のラインから始めました。
しかし、1G目の結果から、2G目は内側のラインを使ったんですが、若干薄めに入るんですね。
そこで、アジャストしていくうちに、3G目には最初の外側のラインに戻ってしまいました。

結局、1G目はラインの問題ではなく、体のほぐれ具合に問題があったということでしょうね。

トータル559+HDCP36=595で、20人中7位でした。

カットラインが604だったので、1G目がもうちょっと打ててるか、イージーミスが少なければねぇ~(´Д`)
まだまだ精進が足りませんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデーリーグ@ジャックボウル

普通に投げられたかな?って気がします。
というか、手首に負担を掛けないように意識して投げることができたと言うか。

1G目 XXX63XX9-9/X8- 187
4フレ1-2-4-10、7フレ10、10フレ2-8をミス。なんとも情けない(-.-)

2G目 X9/XX9-X9-X6/7/X 182
5フレ10、7フレ2をミス。2番をミスるなんて情けない。

3G目 X9/X9/X9-8/7/X⑦2 173
6フレ2、10フレ6-7-10をミス。またもや2番をミスるなんて情けない。

トータル542

偶数レーンはラインもオイル変化にもついていけたのに、奇数レーンが合わせきれないまま終わってしまいました。ストライク比、偶数:奇数=12:4。
奇数レーンのほうがバックエンドの切れが鈍かったんです。その上、合わせたと思ったら、実はきちんと合わせきれてなく、薄く入ってしまいました。
奇数レーンはもっと大胆に、立ち位置を外に入った移動したほうが良かったのかもしれません。

 

さて、リーグ後、久しぶりにパニックボウルへ練習に行きました。
そして、1ゲームごとにボールを変えてみました。

1G目 赤玉 9/9/XX9-9-819/9/X72 172
2G目 ロックオン 8/XXXX9/XX9/X⑧1 237
3G目 赤玉 XXX9/9/8/9/X9-X9- 202
4G目はスコアは考えずに、カバーボールを使って、板目に真っ直ぐに投げる練習。
5G目はなんとなくハウスボールで。166が出ました。2フレでスプリット(4-7-9)が出て、9フレ2-4-5-7を2番の真正面に当たったもんで、7番がきれいに残ってしまい、10ピン損した勘定です(^▽^;)

1週間ぶりのボウリングでしたが、リズムが狂うこともなく、投げられました。
よかった~(^。^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我慢の日々

右手首痛のため、先週火曜日以来、投げていません。

ですが、明日いよいよ、リーグで投げます。

ちゃんと投げられるのかなぁ~~??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左右で大きく違うレーン

プロチャレだったわけですが、左右が思いっきり違うレーンだと打てません(´Д`)

奇数レーンはバックエンドでつーーーーと滑っていって、ヘッドピンに届かない感じ。かといって、アウトサイドに寄ると手前から噛んでしまう。
偶数レーンはしっかり切れて戻ってくる。というか外ミスすると戻りすぎて裏まで行っちゃうくらい。
立ち位置で5枚くらいの違いがありました。

159、170、175
ハンデが12に減りましたので、トータル540。

22人中20位でしたので、飛び賞ゲットですscissors

そう言えば、先日サンデーリーグで対戦した方と同ボックスになったんですが、その方も結局ラインを合わせられないまま終わってました。
難しいレーンは上手い人でも打てないもんですよ。
と、自分を納得させておくものの、結局はそれに合わせられない自分が悪いんですけどね。

それはそうと、手首の具合ですが、やっぱりダメですね。
今日はテーピングして投げてたんですけど、やはり投げると痛いです。前より痛みが増した気がします。
なので、しばらくボウリングは自粛します。
しばらくと言っても、来週の月曜日までですけどねcoldsweats01

雑巾絞りをすると、しっかり絞りきるところまで回せないくらいの痛みですdownwardrightshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親指を動かす筋が痛い

土曜の夜から、親指を動かす筋が痛いです。
少しも激痛じゃないんですが、右手を握手の形にした状態で親指を自分のほうに向けて軽く押すと手首から肘に向けての筋に鈍い痛みが走ります。

整体でほぐしてもらいましたが、まだ治っていません。

さて、この痛み、ボウリングにもちょっと影響があります。

サムレスだからって、親指が関係ないと思ったら大間違いです(゚∀゚)

ボールが右側にこぼれないように支える役目と、ボールを手の平から転がす切っ掛け作りという役割があるんです。

それでも、ボールの重心軸が腕から中指に向けての延長線上に正しく乗っていれば痛みはないのですが、小指側から投げることを意識しすぎた時、ボールの重心軸が外側に移ってしまうと、この部分に痛みが出ます。
痛みが出ると、手首をブロークンに持っていくのを体が拒否してしまいます。
その結果、手首が入ったままでリリースしてしまうことになり、フィンガーに乗りすぎた形でボールを離してしまいます。

これが、サンデーリーグで、フィンガーに掛かりすぎた原因ではないかと、今は思っています。

明日のプロチャレは、小指側から投げる意識を持たず、ただ丁寧に真っ直ぐボールを転がすことだけを意識して投げようと思います。

このところ、故障が多いのは、寒いから筋肉が硬直してしまっているため、かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンデーリーグ@ジャックボウル

底抜けに、ダメ打ってしまいました_| ̄|○

なんだか、フィンガーに乗りすぎてて、それを修正できたりできなかったりで、それによってボールのラインが変わってしまうので、アジャスト以前の状態のままで終わってしまいました。

153、151、166の470

まあ、対戦相手は、私よりずっと上手い人なので、まともに戦っても勝てたかどうかは微妙です。ちなみに、600チョイでした。

ちょっと余りに余りだったので、残業練習したわけですが、リーグとは違い、リラックスして投げれたのが良かったのか、フィンガーへの乗りも丁度よく、ボールをしっかり押し出せて、ラインアジャストも上手くいき、2フレから7連発を持ってきて232が出ました。
1フレと10フレをオープンにしてしまいましたが(^_^;)

でも、その後は、また指に乗りすぎるケースが増えてしまい、また、レーンもバックエンドが急激に乾きだしたため、アジャストできないままロースコを続けてしまいました。

指に乗りすぎていたためか、ちょっとフィンガーに続く上腕の筋肉に疲労感が出ています。

 

ちなみに、関東は大雪とのことでしたが、どう言う訳かつくばは雪混じりの小雨で、夜には雨が上がった時間帯もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプアップリーグ打上げ&次回以降の目標

今日はパニックボウルのジャンプアップリーグの打上げでした。

8週間、毎週3ゲームのリーグで、最終成績は次のとおり。

トータル4540、アベレージ189.2、
ハンデ込みトータル4546、アベレージ189.4
10人中、3位

今回の開始当初、全体を通してハンデ0(190アベ以上)を目標にしていたんですけど(記事にはしなかったです)、年始の左足痛で6週目と7週目と続けて4の字を打ってしまった為、最終週にハンデが2(/1G)だけついてしまいました。
でも、5週目までだとアベレージ197.9だったので、とりあえず、190アベ超えの目処は立ちました。

さて、次の目標をどうするか。

この1年間、実は半年単位で、フォームを改造して、やっとそれなりの結果が出る状態まで辿り着きました。
今後は、現状をもっと熟成していきますが、それと同時に、ある課題を解決しないと、頭打ちになると思っています。
その課題とは、レーン変化への素早い対応です。
もちろんコントロールを良くするのは永久の課題ですが。

微妙な変化なら、まだ不安定ながらも、投げながら何とか合わせられるようになってきたと思っていますが、急激な変化があったときの対応に時間が掛かり、それがロースコアの原因にもなっています。
また、公式なトーナメントでは、1ゲーム毎のレーン移動が普通なので、合わせるのに時間が掛かっていては話になりません。
まあ、競技ボウラーを望んでいるわけではないですし、公式なトーナメントに出るかどうかも分かりませんけどね(^_^;)
いずれそういう時が来たとしても、対処できるだけの引出しは作っておいたほうがいいかな~みたいな感じです。

そこで、次回以降のリーグでは、1ゲームごとにボールを変えて行こうと思っています。
ボールを変えることによって、擬似的なレーン変化とさせるわけです。
その上で、今回と同じく、ハンデ0を実現したいな~と思っています。

いきなりだから、そう上手くいかないでしょうけど、練習時間が余り取れない現状から、半年先で結果が出ればいいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »