« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

投げも投げたり34ゲーム(爆)

昨日、というか今朝方まで投げてました。
バイトが終わって昨夜8時半から今朝4時半までの8時間、殆ど休まず34ゲームです。

パニックボウルで、リーグへ連続参加するともらえるようになった、1日投げ放題チケットの有効期限が1週間に迫っていたもので。

とは言っても、深夜で眠気がありますし、これだけの長時間はさすがに集中力が続きませんので、何ゲームか集中して投げて、1~2ゲームをお遊びで投げて、また集中してと言うのを繰り返しました。

持っていったボールは、ロックオン、レベルトラディション、蜂さんです。

最初は、なかなか200UPせず、その原因はスキッド距離が今ひとつ足りずボールが暴れる感があり、ストライクが続かないことと、左側の残りピンをミスることにありました。
ストライクを続かせるために若干フォームを調整して、もうちょっと遠くにボールを運べるようになりストライクが続くようになりました。
左側の残りピンの処理もプッシュアウェイの意識を修正することで飛躍的にミスが減りました。

その結果、最初の12ゲームで一度も出なかった200UPが、その後それなりに(笑)出るようになりました。
「それなり」なのは、睡魔と疲労で、アジャストが遅れ気味になっていたことと、コントロールが乱れる頻度が多かったため、あと1歩というゲームも多かったためです。

それにしても、これだけ投げ続けるのは、体力面より精神面のほうが疲れますね。
頭痛がしたり、ぼ~ぉっとしたり。

そんなわけで、お遊びゲームでは、ハウスボールで投げたり、1歩助走でぶん回して投げたり、後ろ向きで股下から投げたり(笑)
ちなみに、ハウスボールでは200前後で安定してました。後ろ向きで股下から投げでは80点台でした。

バイトがなければ、開店から閉店までずっと投げていたのに(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リーグ戦7週目

金曜のパニックボウルのリーグでした。

今日の持参ボールは、レベルトラディション、青玉、オーサムフィニッシュです。

1G目163:レベル
練習ボールでバックエンドのキレがきつく感じたものの、ある程度走らせる様に投げようと思って、中目から出し戻しのラインで投げました。しかし、これは失敗でした。
外のドライゾーンを長く走りすぎて、ピンヒットの頃には、ボールにパワーは残っていませんでした。
普段の投げ方で、ちゃんとポケットを突くようなライン(ある程度のインサイドから中目を使った出し戻しのライン)を取るべきでした。
カバーミスもちょっと多かった。

2G目210:青玉
以前に比べると、動きが大人しいです。そのため、アウトサイド寄りのラインとなりましたが、大人しい分、バックエンドのキレの影響も少なく、コントロールしやすい感じでした。
ただ、アプローチで、最後のスライドする時に、かかとのゴムが引っ掛かって、つんのめりになりそうなことがありました。原因は、リリース時の重心がちょっと後になっていたようで、それに気付いたのは、3G目の途中でした。5フレで1ミス。

3G目192:オーサムフィニッシュ
中目から余り幅を取らず、長くオイルの上を走らせるラインで攻めました。ただ、前半は何か1ピン残るんで、中盤までにラインを見つけたものの、2G目の引っ掛かりが後を引いていて、そのラインに乗せられないんです。7フレでは10番のカバーをミスってしまいました。
でも、かかとの滑りの調整や重心を前に置くなど色々と調整して、最後はパンチアウトとなりました。

トータル565
1G目のライン取りの判断ミスと、アプローチの引っ掛かりで、勿体無いことをしました。
ちなみに、左右のレーンの差は、スパットは同じで立ち位置だけ1枚分くらいの違いでした。
打ち上げられる条件は揃っていたんですけどね~(´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロチャレ@ジャックボウル(2008.03.25):ボール選択ミスの巻

とりあえず、青玉で投げ始めてみるが、非常にノビノビのレーンで掴み所がない感じです。
でも、ある程度球速を落として、アウトサイド(といっても、落し位置を10枚より外にするとすぐに噛んじゃいます)から出し戻しすれば何とかなりそうと思いました。が!

1G目160
ダブルスタートしたものの、その後厚めに入りだしました。アジャストすると、今度は薄く入ります。でもって、その後ももうちょっとで何とかなりそうな残りピンが連続したため、ボールチェンジのチャンスを逃し、結局一度もストライクが出ない終わりました(´Д`)

2G目212
プレミアムNVにチェンジすると、レンコンの違いがはっきりと顔を出しました。奇数レーンが立ち位置27枚目からスパット15枚目通し、偶数レーンが立ち位置23枚目からスパット13枚目通しでジャスト。
しかし、このところ10フレでミスる事が多く、今日もまた4-7残りをミスして終わり_| ̄|○

3G目210
4thスタートから、厚めに入って9/Xと来ての7フレ、5フレで厚く入ったので立ち位置を24枚目に変更するつもりだったのに、なぜか23枚目に立ってしまい、3-4-6-7-9-10の④(-_-;)
一方、偶数フレームの奇数レーンはオイルが伸びだして薄く入り始める。
一方は厚くなり、一方は薄くなると言う厄介なレンコンになってしまい、またまた10フレ。2-4-5-7残りの3投目を2本だけというミス。

トータル582
ハンデ込みでの640は、23人中8位。
決勝5位までのボーダーは15ピン程だったので、1G目が悔やまれます。

ジャックボウルでは、この春、学生投げ放題サービスをしていて、この日は相当多くの投げ放題の利用があったそうです。
どうりで壁を殆ど感じない筈です。
それが分かっていれば、オイルの上でパワーが落ちないオーサムフィニッシュか、オイルがあっても切れが出るアクションを持っていったのに....
青玉は、さすがにへばっているので、奥までオイルが伸びていると、食い込みが足りません。朝一のフレッシュレーンで丁度いいのかもしれません。
プレミアムNVは、オイルの上はしっかり走りますが、オイルが切れてからポケットに向かって、ぐぐぐっと曲がりだし、しっかり食い込んでくれます。ドライからミディアムと思ってましたが、動きが大人しい分だけ、案外オールマイティなボールかもしれません。

そう言えば、3ゲームすべてのスコアが、同ボックスの方と全く同一と言う珍事がありました(笑)
その方はハンデ差で決勝に残りましたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデーリーグ@ジャックボウル(2008.3.23)

このところ大会が続いてますので、財布がとても寂しいです(´Д`)

さて、今日はジャックボウルのリーグでした。

先日のジャックボウルカップからクリーニングをしないで手前にオイルを足しただけと言うコンディションのため、かなりノビノビな状態です。

練習ボールで投げたラインは、次の順番でした。
立ち位置20枚目からスパット12枚目通しのチョイ出しでピン手前の切れなく薄々
立ち位置15枚目からスパット10枚目通しのチョイクロスでピン手前の切れなく裏
立ち位置15枚目からスパット8枚目通しの板目通しでピン手前の切れなく薄めポケット
立ち位置20枚目からスパット10枚目通しのちょっと膨らまし気味でレーン中ほどで戻りが出て薄めポケット
立ち位置22枚目からスパット12枚目通しのちょっと膨らまし気味で戻りが少なすぎて薄めポケット
以上の結果から、この時点でスコアになりそうなラインは、立ち位置20枚目からスパット10枚目通しのちょっと膨らまし気味のラインでした。

1G目167
2,6,8フレでイージーミスしたばっかりにスコアが伸びませんでした。また、微調整はしたもののどうやっても薄く入るか、ピン手前の食い込みがなく、何かピンが残ってしまいました。球速を落とすと若干は改善されましたが、ゲーム終盤で、もう少しピン手前のキレをと思い、ロックオンからまだ新しいレベルトラディションにボールチェンジしましたら、それまでのラインだと厚く入るのを確認できました。

2G目246
1G目で外ミスしたときに大きく戻ってきたことと、レベルのピン手前のキレがあったので、ラインを大きくアジャストしました。中のオイルが伸びたところを通すのではなく、外の大きく戻るところに壁を期待したんです。
立ち位置24枚目からスパット10枚目通しで、BPは45ft辺りの5枚目付近にセットすると、ジャストフィットしました。
ただ、内ミスすると薄く入ってしまい、ストライクにはなりませんでした。
さらに、ゲーム後半で厚く入るようになりだしたものの、ストライクが途切れずにいけました。

3G目155
2G目後半より、さらに厚く入りだしました。3,4フレと割れました。
そこで、スパットを内にすると薄く入ったり、厚く入ったりします。平行移動すると薄く入ります。立ち位置を内にすると厚く入り過ぎます。
手の施し様がないまま終わってしまいました_| ̄|○
こういう場合、思い切って、15枚目真っ直ぐでポケットを突く方がスコアが崩れないのかもしれませんが、2G目のスコアがあるだけに、どこかにラインがあるはずと思い込んだのが失敗ですね。
いや、でも、ラインを探さないと、思い切った動きもできませんからね。
この辺りの判断は非常に難しいです。

トータル568 ビミョウ~(-_-;)

 

あ、そうだ。
5枚目とか8枚目真っ直ぐが使えるのでは?と思われたかもしれませんが、ジャックボウルの基本のオイルパターンは、10枚より中だけに伸びやすいオイルを入れてますので、落し位置を10枚より外にしてしまうと、落とした瞬間から噛みだすので、使えないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーグ戦6週目

金曜日のパニックボウルのリーグでした。

今日は、レベル・トラディション→蜂さん→プレミアムNVの順番で1ゲームづつ投げました。

1G目179
気負いすぎなんでしょうかね~。あとで考えると力んで投げてました。
そのせいで、ポケットヒットした次のフレームでは、BPは変わらないのに曲がりが出すぎて裏まで行ってしまいました。6フレで10番ミスって、10フレで4-10残り。

2G目160
木曜日からタッキーパームを付けているんですけど、この辺りから、カバーボールについてのみ、小指がボールに引っ掛かるような違和感を感じたんです。そのおかげで、カバーボールで外ミス連発してしまい、気が付けば4オープン。

3G目185
違和感は続きましたので、7フレの10番残りを、試しにタッキーパーム無しで取りに行ってみると、違和感なくすんなりカバーできたんです。でも、時既に遅しと言いましょうか、2フレと5フレのオープンが足を引っ張った感じです。

トータル524でした。
まあ、こんなもんです。

 

さて、春分の日のジャックボウルカップで感じた、遅いコンディションへの対策を色々考えてまして、その一つがボールを殺しての投球です。
リーグのあとに、本日持参の3つのボールを使って、練習をしてみました。

リーグでは、立ち位置25枚辺りから、スパット10枚目辺りを通して、BPを5フィート手前くらいで5枚目ラインを使っていたんですが、練習では、立ち位置17枚目からスパット10枚目で、ほぼ真っ直ぐか気持ち膨らませるラインを通すことにしました。

1G目は、1フレごとにボールを変えてみました。ただし、スペアは1投目のボールだったりカバーボールだったり。それで233が出るなんて(^▽^;)

2G目は、1投目はカバーボールで7番か10番を狙って投げて、2投目はメインボールで1G目と同じライン取り。当然ストライクはないが、G/が3回も出現(笑)

3G目は、1G目と同様だが、カバーも1投目のボールを使います。当然6番や10番はカバーが大変でした。特に10番や6-7-10は左ガター越えで(゚∀゚)
この6-7-10はボールが6にかすって7に向かってコトンと倒れて転がったんですが、7に巻きつくだけで倒れるまでに至らず。

4G目だけは、レベル・トラディションで普通にスコアを出しに行きましたが、リーグの時より球速を落として、丁寧にラインを突いてみました。途中から厚く入り始めたので、アジャストしているうちに終わってしまいましたが、202と一応プラスでした。

この練習で、カバーボールの違和感はぬぐえましたし、ボールをあまり曲げずに殺して投げる術を思い出しました。
でも、タッキーパームは小指のラバー部分は切ろうかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャックボウルカップ

第1回ジャックボウルカップに出場してきました。

参加総数53名のビッグな大会で、2ゲームごとレーン移動の6ゲーム戦です。
ハンデは年齢性別のみ。

と、その前に、取り寄せをお願いしていたタッキーパームを取りに行くついでに、ウォームアップのため、パニックボウルで投げてきました。
166、201、221
早速タッキーパームを付けて投げてみましたが、手の平にボールが吸い付く感じで、コントロールもし易く、いい感じでした。

さて、ジャックボウルカップですが、練習ボールで手前にはオイルを感じるものの、先のほうの動きが安定せず、苦戦を感じるレンコンでした。
直感的には、複数段のクラウンではなく、レーン中ほどまでのボックス型のように感じました。

1G目178
メンテ直後と言うこともあり、安定しません。こういうときは確実にスペアを取っていかなければならないのに、4フレの10、6フレの3-6-10をミスしてしまいました。
プレミアムNV→オーサムフィニッシュ

2G目169
相変わらずストライクが出ません。1フレと10フレだけで、2フレで7、8フレで5、10フレで2-4-5をミス。その他はスペアのみ。かなり意気消沈しています。
オーサムフィニッシュ

レーン移動して、
3G目158
先のボックスよりかなり遅いです。ポケットになかなか届きません。ガマンガマンも限界です。2フレで1-3-6-8をミス、8フレでボールが腰に当りG、10フレで2-5-8をミス。
ロックオン

4G目168
かなりインサイドから大きく膨らませば、どうにかなるラインは見つかったものの、全く幅がなく、内ミスは即裏にいきます。2フレで3、6フレで5-7をミス。
ロックオン

レーン移動して、
5G目182
先のレーンより奥までオイルは感じるため、少し外に戻るが、出し戻しのラインは変わらず。さらにあと1ピンがなかなか飛びません。6フレで3-10をミス。
プレミアムNV

6G目174
やっぱりアキマヘン。1フレで10、5フレで3-6-10をミス。もう気持ちを維持するだけでヘロヘロでした。
プレミアムNV

トータル1029で、話にならない46位でした。

大会後、レーンパターンについて聞いたら、凸型で、手前は10枚目~30枚目の幅で30ftまで厚めに、奥は15枚目~25枚目の幅で40ft辺りまで伸ばした形だったそうです。
と言うことは、奥の天井と手前の天井を結ぶ縦の壁の部分を通さないといけないものを、手前のブロック型の外への出っ張り部分や縦の壁を通していたため、幅のないライン取りになっていたということです。
私の場合、多分、もっとインサイドに立って膨らますラインを取る必要があったのかもしれません。
回転が少ない人なら、スパット12枚目を通すチョイ出しのラインで良かったみたいです。
そのラインで、パーフェクトが出ましたから。

最近、長いパターンかノビノビコンディションでしか投げていないから、ショートでタイトなコンディションの経験が足りなさ過ぎます。
まだ引出しが足りない部分ですね。

普段のプロチャレより長めにオイルを入れると思って、ボールを選択したんですけど、結果的には一番動かないレベル・トラディションが必要でした。

短いコンディションは、本当に難しいな~(@_@)

 

ジャックボウルカップは今後、年に1~2回ほど開催する予定だそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

明日のために

明日、第1回ジャックボウルカップがあります。
6ゲーム戦で3ゲームでレーン移動です。

結構豪勢な賞品なので、気合いが入っています。
なので、昨日のプロチャレで狂った投球リズムの修正をするために、練習してきました。

できるだけ多く投げたいので、クリアー・ザ・デッキ※で練習です。
※ゲームの種類です。知りたい方は各自で調べてください(笑)

最初のゲームでは、立ち位置20枚目からスパット10枚目を通すことに重点を置きました。
1球目は1-2-4のワッシャー
2球目は1球目と同じラインを投げると、同じ軌道を辿る。
3球目はスパット1枚内(11枚目)に投げてみると、1番ピンにかすって1-2-4残りのまま。
4球目はもう1枚内(12枚目)に投げてみると、1番だけ横に飛んで2-4残り。
5球目はさらにもう1枚内(13枚目)に投げてみると、2番だけ横に飛んで4残り。
これで分かるのは、ポケットに行くわけじゃないですが、このラインは内ミスが許されるラインだということですね。そして、4番はカバーボールで取りに行きクリア。

次は、立ち位置20枚目からスパット12枚目を通す(上記の5球目のライン)と10番残り。
一応10番をカバーして、もう一度同じラインを投げると、やっぱり10番残り。

と言うことから、立ち位置19枚目からスパット10枚目を通してみると、ジャスポケのストライクになりました。
今度は、立ち位置19枚目からスパット11枚目を通してみると、これもストライクになり、内ミスが許されるラインであったことが証明出来ました。

ということまで分かったので、そこから暫くは、立ち位置20枚目からスパット10枚目を通す練習をしました。

2ゲーム目は、もうちょっと膨らますラインへの投球の練習で、立ち位置25枚目からスパット7~10枚目を通すラインから少しずつ平行移動しながら、立ち位置30枚目からスパット12~15枚目を通すラインまでの反復練習をし、さらに、板目真っ直ぐの練習として、15枚目真っ直ぐ、13枚目真っ直ぐ、10枚目真っ直ぐ、8枚目真っ直ぐの反復練習をしました。

3ゲーム目は、以上の結果から、ベスト解を求めてみると、外目で板目真っ直ぐからちょっと膨らますライン、具体的には、立ち位置15枚目からスパット7枚目を通すラインで投げてみるとピッタリでした。
さらに、内外それぞれに1枚分の幅がありました。
ただ、外に2枚ミスすると不安定に薄く入り、2番や4番や10番が残りました。
内に2枚ミスすると、厚めに入り、ラッキーなストライクになったり、7番や9番や6-10が残りました。
内に3枚ミスすると、3-10とか3-6-10が残りました。

こうやってじっくり投げると、勉強になります。

あ、フォームの狂いについては、昨日とは違って、アプローチスピードが遅い時に限り、指に乗りすぎてしまったり、腕を返してしまったりしてしまいましたが、とりあえずいつのまにか治っていたみたいな感じです(^▽^;)

1つのレーンで3ゲーム投げるので、1ゲーム目でどれだけラインを掴めるかが勝負だと思います。
レンコンは分かりませんが、前半はオイルがあることを期待しオーサムフィニッシュ、後半はある程度削れていると思い、プレミアムNV、保険でロックオンで行こうかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロチャレ@ジャックボウル(2008.03.18):投球リズムが狂うの巻

はい、火曜日です。
ジャックボウルのプロチャレの日です。

先週の優勝で気を良くして(嘘ですchick)、家でノンビリしていたら、すっかり出遅れてしまって焦りました。

と言うわけで、事前の練習はなくぶっつけ本番で挑んだわけですが...

持参ボールは、アクション16Pとオーサムフィニッシュ。
練習ボールでアクションを使ってみたところ、手前にはしっかりオイルがあり、奥に行っても全体的に薄く延びた状態でしたが、バックエンドでボールが適度に動いたので、大丈夫だろうと判断しましたが...

1G目 XX72X637/62XX9- 164
体が十分に動きません。1投目は殆どがラッキーストライクで、カバーは見るも無残なものです。挙句は10フレで5番ピンをミス。やっちまったな~
ラインは分かったような分からないような。と言うことは、分かってないってことですね。

2G目 72X9/819/XXX⑦2 191
やっと体もほぐれて来たものの、カバーミスが止まりません。なんとも投球リズムがおかしいんですね。手が早く出すぎていて、引っ張ったり、引っ張るのを止めようとすると外に流れていったり。なので、膨らますことをせず、板目にほぼ真っ直ぐで、それもドライゾーンの影響を最小限にするために15枚目辺りを真っ直ぐで攻めることにしたら、4thが来まして。でも、ここでも10フレで外ミスし失敗。薄く入って割れちゃいました。

3G目 9/9/X8/9/7/XX9/⑦2 190
2G目後半のラインはちょっと厚かったので、微調整して投げたものの、投球リズムは崩れたままなので、ラインミスを頻発してしまいました。カバーはミスはないものの、失投してもラッキーカバーで行けました。そして、プラスが見えていた10フレでまたまた出ました。4-7-10で万事休す。

トータル545+ハンデ48の593で、22人中10位で飛び賞Getとなりました。
ちなみに、優勝は680台で、決勝へのボーダーは620台でしたので、3ゲームとも10フレさへ普通にいけていれば、ハンデ込みで十分に残れました。

 

リズムを治そうと5ゲーム残業したわけですが、3歩助走、アプローチスピードを変える、思いっきり腕投げしてみる、などなど一度ボロボロにして作り直したことで、完治とまでは行きませんでしたが、修正の目処はたちました。

20日は第1回ジャックボウルカップなのですが、水曜日に調整に行く方がいいのか、当日の朝に行くほうがいいのか、迷ってます。
でも、行ったほうがいいんだろうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルヘッダー(本編)

日曜日の1試合目。
パニックボウルのプロチャレでした。
招待プロは、岡部直治P、市原竜太P、山下昌吾P、谷川章子P、縄手シンチアPの5名。
4ゲーム投げて、上位10名が決勝1ゲームマッチへ進出となります。
賞品は、1~10位までと10番飛び賞、その他は参加賞。そして、抽選賞になります。
13時からの開始だったのですが、いきなり投げると多分まだ体が起きていないだろうから、その前にジャックボウルで3ゲーム練習して挑みました。
パニックボウルで11時から練習会もあったのですが、ノンビリ投げたいと思っていたのでパス。

レンコンが公開されてて、↓のとおりです。
P080316_1713
余り膨らませ過ぎないようなライン取りにすれば、ポケットにボールが集まるハイスコです。

ボールは、先週の練習と、この日の練習ボールで、プレミアムNVで行くことに。

1G目 XXXX7/X7/X6-9/9 208
左右同じラインで始めたものの、5フレで奇数レーンがバックエンドの動きだけで厚く入り3-6-10。球速が遅くなってしまっていたので、7フレで球速を元の戻したのですが、やはり3-6-10。9フレで立ち位置を1枚内に移動したが、アジャストが甘く、ビッグ4_| ̄|○ それでも何とか纏めて+8。

2G目 XX9-XXXXXXX81 233
奇数レーンを立ち位置3枚スパット1枚内に移動しアジャスト。しかし、3フレで4番ミス。ゲーム中に奇数レーンが徐々に厚く入りだしたので、微調整をしつつストライクを重ねたものの、10フレで今まで以上に厚く入り4-7。カバーするためのボールをカバーボールにするか、プレミアムNVにするかで迷ってしまったのが良くなかった。プレミアムNVで曲がることを意識したラインで投げたら、曲がらずに7残りのミス_| ̄|○
2G目は自滅したものの+41で折り返しです。
偶数レーンは、ここまで立ち位置を半枚内にアジャストしただけで、他の選手も奇数レーンだけ厚く入っていますので、オイルの薄い部分の乾き方が早いようです。

3G目 ⑧-XXX71XXX9-⑥3 187
1フレは奇数レーンのアジャストが足りず4-10。5フレでまたもや厚く入り3-6-10。ここでもカバーするボールを迷ってしまい、今度もプレミアムNVで取りに行ったら曲がりすぎて6-10残り。冷静に考えれば違うだろうと言えるミスをしてしまいました。9フレは7番のこり。ここはカバーボールで取りに行ったが、曲がりの意識が混乱していて、ピン手前で左ガターへ。10フレは最低でもダブルと思ったので力みが出てしまい厚く入り、3-6-7-10で7番残りでドボン。+28に後退。
決勝へのボーダーは840と予想していたので、4G目で212が必要ですが、狙えるスコアだったので、気合いを入れて挑みましたが・・・

4G目 X7/X9/⑦/X9-7/9/XXX 194
奇数レーンの変化に対応できません。2フレでレーン半ばから動き出して、バックエンドは曲がりが少なくないと感じたのですが、4フレは立ち位置を内に動くと薄めヒット。5フレは6-7-10カバーで、これはツイていると!6フレは完全失投でほぼ直球でポケットに。まだツキがあると思った矢先の7フレで痛い10番ミス。ガッカリです。8フレは一気に立ち位置を5枚内に入り、スパットを3枚内にして、球速を若干落とすと厚めヒットで3-6-10。今度はカバーボールでしっかりカバーし、10フレは立ち位置を1枚戻してパンチアウト。
対処が遅すぎました。

結果は、トータル822(アベ205.5)で、60名中13位。
ボーダーは844だったので、2マーク差。イージーミス4つのうち2つを取れて、10フレ3投目を1回でも投げられてさへいれば残れていた計算になります(-_-)

そう言えば、アジャスティングもそうですが、実は3ゲーム目途中からお腹が鳴り始めました。空きっ腹は私にとっては最大の敵です(爆)

 

プロチャレのパニックボウルを後にし、引き続きサンデーリーグのジャックボウルへ移動です。

ジャックボウルではプラグ&ドリルをお願いしていたレベル・トラディションのドリルをしてもらい、リーグ前に試し投げしてみました。
イメージはドライレーン用に大人しいレイアウトだったわけですが、狙いどおりの動きで満足です。

さて、リーグです。
日曜の夜だけに、毎度のことながら、薄ーくノビノビですが、心持ち奇数レーンのほうがドライ気味です。

1G目 9/X7/X9/9/XX7/⑧1 192
偶数レーンはバッチリですが、奇数レーンに合わせることができませんでした。ここまではオーサムフィニッシュを使用。

2G目 9/7/XX⑧1X8/9/X9/9 191
オーサムフィニッシュではちょっと動きすぎるきらいがあったため、プレミアムNVに変えてみました。しかし、アジャストができたと思ったら、次のフレームではもう手前から遅くなっていると言う状態で、立ち位置を内に移動しつつ中目のオイルを感じるところだけを使った絞ったラインでも厚く入り始めました。

3G目 8/XXXXXXXX9- 257
ボールを掘りたてのレベルトラディションに変えて、2G目後半と同じラインで攻めてみると、これが大正解で、手前のドライゾーンをしっかり走って、ピン手前だけちょっと曲がる軌道を描きます。10フレ1投目もジャストで入ったのに、7番が揺れただけで倒れるまで至らず。正直290を狙っただけに、かなりがっくりときてしまい、あっさりとミス_| ̄|○

トータル640(アベ213.3)でした。
1、2G目はスプリットオープンだから仕方がないにしても、7番をミスったのは戴けません。
う~ん、まだまだですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダブルヘッダー(予告?)

日曜日は、パニックボウルの年1回の招待プロチャレと、ジャックボウルのリーグのダブルヘッダーでした。

かなりがんばって、どちらのプラスという結果でした。

でも、記事を書こうと思ったら、さすがに疲れてますね。
うとうととしかけているので、書きつづけるのは無理です(=_=)zzZZZZ

なので、明日書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーグ戦5週目

このところ、仕事中が非常に眠くて辛いです。

さて、パニックボウルのリーグ第5週でした。

レンコンは、日曜日のプロチャレ用にオイルパターンを変えたようで、トップ43ftのクラウンで、外側は薄め、バックエンドはそこそこキレがあるという、ハイスコと言えるコンディションでした。
ハイスコといっても、球速が一定であればという前提で、左右2枚くらいの幅がありました。

1G目はオーサムフィニッシュで、154。
ハイスコと書きつつ、このスコアは何たることでしょう○| ̄|_
練習ボールではいい感じだったのが、ゲームが始まった途端、薄く入るんです。
でもそれは、オイルが伸びたのではなく、球速が上がっちゃったんですね。
結局、そのことに気付いたのは、8フレーム目でした。その9フレがまた薄く入って割れちゃった○| ̄|_

2G目はロックオンで、209。
球速に注意しつつ、順調にスコアを重ねていたのに、7フレ5-7、8フレ2-7-10と連続スプリット。その後ターキーを持ってきてやっとプラス。

3G目は青玉で187。
アーク状のライン取りになる為なのか、薄めに入ると10番が残ります。まぁ、そんなことより4フレから連続スペアで行ったものの、9フレの左バケットをミスってしまいました(-_-;)
あー、勿体無い。

 

リーグ後、日曜日に向けての練習をしたわけですが、大きく膨らましたり、板目真っ直ぐのラインを取るより、チョイ出しくらいでアウトサイドから攻めれば、良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が付けば連投

今日は、職場のレクレーションボウリングでした。
いけませんね、こういうのは。

スコアを出しに行くより、みんなを楽しませることに主眼を置いてしまうもんだから、よく曲がる蜂さんと昨日使ったオーサムフィニッシュをバックに入れたままで持っていったんですね。
そして、中のオイルの厚い部分を横切って、大きく幅を使うラインばかり使ったんです。

一応は、そんな中でもスコアが出せるラインを探ってみたものの、いや~安定しませんわ。
その上、スペアも、2枚目真っ直ぐから左側残りピンを取りに行ったり、1歩助走で、ディープインサイドからアウトサイド一杯まで膨らましてガターに一直線なように思わせといて、ちゃんと戻して取りに行くような曲芸をしたり・・・

でも、たまには綺麗なストライクも必要だろうと、中のオイルが厚いところを通し、幅を絞ったラインを投げてみたりして遊んでしまいました(^▽^;)

そうなると、スコアが伸びるわけもないわけで、周り(適度なハンデ込みのスコア)と丁度いいくらいの接戦となりました。

レクレーションが終わり、1人ちょっと残業してマジで投げてきました。
最初は、レクレーションで使ったラインをベースに、もう少し長めにオイルの上を走らせるラインを使ってみましたが、殆ど幅がないんですね。
出ししすぎたり、絞りすぎたりすると、簡単に割れてしまうみたいな。
そんなわけで、スプリット以外はしっかりマークしたものの、消化した2ゲームはマイナスでした。
〆の1ゲームは、オイルの厚い中目を絞ったラインで攻めてみて、3フレで6-9-10を10番残りオープンと言う(謎)不思議はあったものの、6thを含め234。

スコアを出すなら、このコンディションに蜂さんは選択ミスと言えるんですけどね。

 

気が付けば、先週金曜日から土曜日は空いたものの、それ以降4連投ですね。
さすがに疲れましたので、明日の木曜日は投休日にします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロチャレ@ジャックボウル(2008.03.11):1月以来の優勝

ジャックボウルのプロチャレでした。

ちょっと早めにセンターに入り、魔の5-6番レーンで練習してみると、バックエンドまでノビノビなんですね。
最初、ロックオンで投げてたんですが、食い込みが足りず、ポケットに入っても何かピンが残るんですね。そこで、オーサムフィニッシュにボールチェンジしてみたところ、少しは食い込むもののオイルの濃淡で安定しません。なので、急遽1000番で曇らせて投げてみると転がり感も出て、いい感じの動きになりました。

と言うところで、プロチャレに突入です。

1G目183。
練習ボールで良さそうなラインは見つけていたものの、厚く入ったり薄く入ったりで、延びたオイルに捕まっているみたいなんです。7フレ時点で160点ペースでした。
じゃあってんで、8フレで内に並行移動して、球速を落としてみたら、これがピッタリで、9/XXX9と来て、ロースコを打たずにすみました。

2G目257。
1G目で掴んだラインも実は正解ではなく、1フレはちょい薄めの4番残り、2フレはちょい厚めの6番残り。なので、ほんのちょっとラインを絞ってみるとこれが正解で、6thの後4番残りからダブルと来て、7番残りで終了。久しぶりのビッグでした。

3G目278。
2G目でアジャストしたラインでターキー。4フレで大きく外ミスしてしまい6-10残り。そこから8thオールウェイ。
5フレ以降は、BPが若干手前になってきて厚く入りだしたものの、手前の転がり感は変化がなかったため、立ち位置を半枚外に移動しつつ、少しラインを絞って、より長くオイルの上を走らせるラインに変えてアジャスト。

トータル718、アベレージ239.3

大会での自己ハイシリーズ、ハイスコアを更新しました(^。^)v

その後の勝利者賞ワンゲームマッチで入ったレーンは、先のレーンに比べ、立ち位置で5枚くらい遅く、少しずつアジャストしてたら、9フレまで掛かってしまい、確か187?(後日確認して修正)で、勝利者賞は貰えませんでした。
かなり遅いと感じた時点で、大胆に、立ち位置で5枚くらい、スパットで2枚くらい内に動くべきでした。

アジャストには、大胆さと繊細さの両方を使い分けることができないといけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

練習:両サイドのカバー

月曜日は、ホームのパニックが1ゲーム300円なのです。
しかし、大会の日以外は家族の目もあり、なかなか練習に行き難いんです(´Д`)
ですが、今日はたまたま行けましたので、両サイドピンのカバー練習です。

それと、今ビンゴ企画をやってて(5×5枠)、1投目で倒れたピンでビンゴを作るってものです。なので、練習とともに楽しめます(笑)

やってみると、1本、3本、4本、5本、6本までは、7番や10番を取りに行く練習で、それなりに倒れます。Gも(笑)
でも、2本は超難しいです。というか、1度も出ませんでした。

あと、ストライクとか7本以上を倒すために、ほぼまじめに1ゲームだけして、ノーミスの199(笑)

というわけで、全部で6ゲームして、ビンゴは角に唯一あった2以外は全部埋まりました。
そして、アベレージ128(爆)

この練習で、このところ忘れていた殺したボールの投げる方法を思い出しましたよ。

 

それはそうと、酒井美佳Pのブログに、プロフィール用に撮った写真が載ってました。
当然と言うか、かなり綺麗に取れています。
http://www.dhcblog.com/bowling_s/archive/119

| | コメント (2) | トラックバック (0)

騙し騙しのサンデーリーグ6w

手首の状態はそんなに変わりませんが、騙し騙しで投げてます。
アプローチに立ったときの手の向きを少し前方に向ければ、少しは楽に投げられますね。

さて、ウエポンさんに戴いたプレミアムNVですが、試し投げした時に、ドライゾーンに入っても暴れないのを確認していたので、日曜の夜の荒れまくりのレーンに丁度良さそうと言うことで、初投入してみました。

練習ボールのときは、右レーンに比べ、左レーンがとても遅く感じましたが、ゲームが進むうちに、オイルが乾いてきたのと、ボールの動きが厚く入るようになったので、内に動いていくうちに、やや多め似オイルが残っているところに辿り着き、最終的には1枚分くらいの違いのラインに落ち着きました。
それでも、もっと早くにレーン変化に対応しないと打ち上げられません。

1G目204
3フレで6-7をオープンにした以外は、どうにか纏めきれました。奇数レーンは何となくラインは分かっていたのに、なぜか投球フォームが乱れてしまい、9フレでやっとラインに乗って唯一のストライク。偶数レーンは掴めてまして、ストライク6つ。

2G目179
いきなり1フレで10番をミス。6フレでまたもや6-7。まだ奇数レーンでは投球がおかしくなるので、明確なラインを見つけるまでに至らないものの、後半にレーンの渇きを感じて、ちょっと大きく動くが、ストライク1つ。偶数レーンは最初から乾いてきたのに、少しずつアジャストしたのが失敗。ストライク2つ。

3G目205
とりあえずノーミス。インサイドから中目を通すラインのため、入射角度が十分に取れず、厚く入ったり薄く入ったりで、微妙なピン残り。一番がっかり来たのが、ジャストで入った7フレの8番残り。周りからも「何だ?」という声が出たほど。

なんだか、久しぶりに、レーンを感じたボウリングができた気がする。
でも、それに対して、どれだけ動くかの判断が良くない。
オイルが薄い分、乾きだすと急に厚く入りだすから、ともっと大胆に動かないと、スプリット禍になりかねません。

やっと8ポイント(/6週分24ポイント中)かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スプリット量産のリーグ4w

いや~よく割れました。
ビッグ5崩れの4-6-7-9に始まり、7-10、ビッグ5の直後にビッグ4、その他3つのスプリットで、合計7つ。
原因は色々ありますが、一つは手首痛。ちょっと仕事で痛めてしまって。もう一つは、甘いアジャスト。壁ギリギリを使っていたみたいで、ちょっとした回転軸のブレで厚く入っていってました。

1G目は蜂さんを使って187。
練習ボールでバッチリのラインを掴んでいたのに、手首痛でコントロールが不安定になりがちで、3フレのビッグ5崩れと4フレの右ワッシャーを連続オープンしたのが響いた。

2G目は赤玉で163。
ライン探りは、5フレでパッチリ合わせたものの、こちらも手首痛で4フレ、8フレとスプリット。挙句に10フレ1投目で7-10って_| ̄|○

3G目はオーサムフィニッシュで163。
こちらは1、2フレでストライクが出たものの、実際は壁ギリギリだったようで、おおよそ合わせたのは7フレから。それまでに3つもスプリットを出してて、厚く入る原因を球速に求めてしまい、ラインアジャストを始めるタイミングが遅れすぎた。

しかし、手首痛。マジヤバイです。
手首の小指側だけが、その部分を押さえたり、手首を曲げたりすると痛みが出ます。
今週はバタバタしてて整体に行ってないのが良くないのかも。
とりあえず、テーピングしてますけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

火曜日ですが

プロチャレは不参加でした。

理由は、このところのスランプで、入賞できる可能性が低いことと、ちょっとボールのメンテをしようと思ったからです。

たけやんさんに戴いたベンデッタカーバイド(16P)のオイル抜きと1000番サンド。
ウエポンさんに戴いたプレミアムNVのオイル抜きと800番→1000番→ポリッシュ。

以上を終わらせて、近所のスポーレボウルで、サクッと1球1ゲームの試し投げをしてきました。

プレミムNVはドリルレイアウトを見る限り、かなり大人しいと想定されましたが、実際に投げてみると、キャリーダウンで薄くなったオイルの上でも転がり感を持ったまま走っていき、ドライゾーンで柔らかくポケットに入っていくような感じです。
しかし、オイルが厚い部分だと、曲がりが出ません。
サンデーリーグでそのまま使えそうです。
その他だと、メンテ後のフレッシュレーンや、長丁場の終盤で使えそうです。

ベンデッタカーバイドはさすがにくたびれていて、曲がりません。
いや、横の回転を付けてあげればジンワリと曲がります。
まあ、でも指穴のほかにバランスホールがあり、4穴なので、このままではサムレスだと違反になりますので、機会を見てプラグ&ドリルをします。
アーク状の軌道を描くようなドリルレイアウトにしてみようかな?と思っています。
想定しているレーンは、メンテ後のフレッシュレーンです。

また、梅澤Pから戴いたレベルトラディションも、プラグ&ドリルしようと思っています。
元々がミディアム用のボールにも関わらず、ミディアムではちょっと角が出る動きなので、もうちょっとバックエンドで大人しくするようなレイアウトを考えないといけません。

それと、この試し投げしているうちに、スランプの原因が、もしかすると、縦回転が強くなりすぎているんじゃないかと思えました。
ドライゾーンで、ロールアウトしてしまうケースがたまにあったんです。ということは、もうちょっとスキッド距離を伸ばせばいい訳で、そのためには横回転を少し加えてあげれば良くなるのかな?と思っています。
リリースでボールが指に乗り、指から離れる瞬間に、手の平を上に振りぬいているんです。これを、左に少し傾けて振りぬくだけのことなんですけどね。

ただ、意識してても、ふと気を抜くと、腕の返りが早くなってしまって、縦回転の要素がかなり減っちゃうんですよね。

金曜日のリーグまでは練習はできないと思うから、金曜日のリーグではこの辺りを意識して投げてみようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ボウリングお勉強サイト

ローダウン@wiki

最近、ちょこちょこと見ては参考にしているサイトです。

ローダウンというタイトルになっていますが、殆どのボウラーにとって、何らかの参考なるんじゃないかと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

超スランプ

かもしれない。

サンデーリーグだったわけすが、166、159、147という悲惨な結果でした。

持っていったボールはロックオンとレベルトラディション。

レンコンは、手前からオイルを感じません。

うっすらとあるにはあるんですが、中目だけ短くです。

インサイドに入っても、左側にもオイルがありません。

オイルがないからだめなのかなぁ?と思い、リーグの後、オイルがあるパニックに練習に行ったわけですが、これまたスコアになりません。

パニックでは日中、オールジャパンボウリングフェスティバルの予選会が行われていたため、かなり削れてはいるものの、ジャックに比べればオイルを感じます。

それにも関わらずスコアになりません。134、164、143、153、182、158

1ゲームごとに、レベルトラディションとロックオンを交互に投げたわけですが、

とにかくストライクが出ないんです。各ゲーム2、2、2、3、2、4個。ダブルは1回のみ。

16日と20日に向けて、かなりやばい状態です。

何が悪いんだか、さっぱりわかりません┐(´Д`)┌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

投げるのが楽しくて集中力欠如

パニックボウルのリーグでした。

例の如く、ゲームごとにボールを変えるということで、今日は、1G目ロックオンアンコール、2G目アクション、3G目オーサムフィニッシュで行きました。

が、なんか集中力が全くおきず、ボールの動きも、同ボックスの方から分かるくらいにバラバラでした。
結構ちゃんと投げているつもりなんですけど、失投しようが、まさか!というようなピン残りでも、割れようが、アカンという気持ちが湧かないんです。
かといって、直感的に、ここに投げればストライクになるな!と思うラインが、たまに頭に浮かぶもんだから、そこに投げるとちゃんとストライクになるんです。
だもんで、スペアミスも多く、スコアはボロボロです(^▽^;)
でも妙に楽しく投げてるんですね。

180、149、147

何なんでしょうね、この感覚。

 

と言うわけで、ちょっとまじめに投げないとと思い、残業です。

とは言うものの、なんとなく適当と言うか、またライン探しの旅を繰り返してるんですね。
何フレームか投げて、ここならストライクという場所が見つかると、そこに投げてストライクが出れば、次のライン探し。
この繰り返しを3ゲーム。
全体的に、中目から膨らませるラインを使ってました。

そして、これじゃアカンと思い、この3ゲームでは投げなかった外目をチョイ出しというラインを選択し、スコア意識して投げてみると、247。
完全な失投は1球のみで2-5残り。他は10番残り2回と、10フレ3投目で9番残り。

次のゲームも、と思ったものの、ちょっとコントロールがバラつきだして、3、4フレと連続オープン。でも、しっかりとボールを送り出すことを意識し直して、5thで盛り返し、205。

今度はボールを、オーサムフィニッシュからアクションに変えてみました。
前半はラインを探りつつ投げていたものの、後半はラインを見つけ、189。

やっぱり、練習でも本番でも、ちゃんと集中して投げないといけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »