« 長い1日(その2:ホーム編) | トップページ | ジャンプアップリーグ6W »

プロチャレ@ジャックボウル(2008.05.27)

家に帰ったら、急に眩暈が出て、地震か?と思ったものの、室内で揺れてるものがないから、普通に眩暈だったみたい。
でも、5分ほど気持ち悪い状態でした。何なんだ?

さて、未だにトンネルの中、コントロールが安定しないままで、プロチャレに参戦しました。

まぁ、予想通りというか、結果は135、158、176でトータル469という悲惨なものです。
ハンデ13込みでも、25人中23位でした。

今回は、レンコンも難しかったようで、トップでも630台というもので、2日ほど前にレーンクリーニングしていて、プロチャレ直前に、手前にたっぷりとオイルを足した感じです。(両サイド10枚には足していない)
なので、手前のオイルに乗って、スキッドは長いですが、その先はクリーニングされているためキレがあるんです。
そのため、球速や回転軸のちょっとした違いで、ピンヒットする場所が微妙に変わるんです。
私の場合、ピン手前で切れすぎる時が多々あり、それが原因なんでしょうね、スプリットを7回も出してしまいました。
スプリットするラインをアジャストしてポケットに持ってくると、今度はそれまでポケットを突いていたラインに乗った時はノーヘッド。
途中、アウトサイドに寄り、オイルの境に沿わせるように縦回転強めで長く走らせてみたものの、やっぱり安定しません。
壁も感じませんでした。

そのため、最後はボールの素性に任せた曲がりで投げましたが、やっぱり割れちゃうんですね。

まぁ、それよりも、まだドットボウリングに慣れません。
狙ったドットにはある程度の高い確率で通せるんですが、送り出す角度が安定しないんです。
イメージしたラインに乗せられない事が多いってことです。
まだまだ投げ込みが必要です。

でも、正直、そんなに難しいレンコンとは感じなかったんですけどね~

|

« 長い1日(その2:ホーム編) | トップページ | ジャンプアップリーグ6W »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

ドットボウラーのgousokuです。(笑)
今は目線がドット手前と近づいています。

慣れの問題でしょうが最良の目線が掴めると良いですね。

投稿: gousoku | 2008.05.28 15:16

>gousokuさん
時々、ファールライン先のドットを見て投げる時があります。
そのほうが投げやすく感じるときがあります。

投稿: りりー | 2008.05.29 01:21

私も真っ直ぐ投げるときはスパット手前のドットを見ていますが10番や7番などクロスで投げるときはスパットを見る等、時々変えてます。
アウトサイドギリギリを投げたいときはファールラインのドットを見るときもあります。

投稿: のぶた | 2008.05.30 22:18

>のぶたさん
板目を横切る投球が多い人がターゲットドットを使うのは、普通以上にシビアなコントロールが要求されますね。
ちょっと見直しをしようかな~

投稿: りりー | 2008.05.31 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/41348917

この記事へのトラックバック一覧です: プロチャレ@ジャックボウル(2008.05.27):

« 長い1日(その2:ホーム編) | トップページ | ジャンプアップリーグ6W »