« ジャンプアップリーグ打上げ | トップページ | 腰の具合 »

サンデーリーグ@ジャックボウル(2008.6.22)

日曜日のバイトを終え、腰の状態を感じてみると、そんなに悪くない。
ただ、前屈はできるが、後に反らすのはちょっと負荷を感じます。
ただ、金曜日にハウスボールで、前傾を一定にした状態でチョイ投げしたような感じでいけば大丈夫かな?と思い、気楽に参戦しました。

ただ、あまり荷物の上げ下げはしたくないので、ドライでもオイリーでもそれなりに使える蜂さんとカバーボールだけに賭けてみることにしました。

練習ボールでは、当然ながら、しっかりアプローチをすることはできないので、チョコチョコ歩きをしながら徐々に前傾し、同時にバックスイングに入り、あまりスライドをしないように大きく減速して、フォワードスイングに入るイメージで投げることができました。
ただ、普段とは違う投げ方なので、アプローチ、バックスイング、スパットなど、意識する点が非常に多くなりました。

レンコンは、ボウリングの日だったこともあり、キャリーダウンは激しいものの、手前にはオイルを追加したみたいで、中早外遅のしっかり膨らませてあげれば大丈夫という感じです。
球速は上げられないのですが、そんなに球速が変わるわけではないので、オイルをしっかり感じながらラインを確認し、30枚目リリースからスパット17枚目通しで投げ始めました。
ハンデは11に増えていましたので、スクラッチで169出せば良いわけです。

1G目209。勝ち。
2フレで薄く入り1-2残りとなり、右だけ28枚目リリースからスパット15枚目通しに変更。3フレで10番をミスってしまったものの、5thと続き、9フレで3-6-10を3番チョップ。
ただ、9フレ辺りから厚めに入り始めてきました。

2G目131。負け。
バックスイングへの意識が飛んでしまってました。ロフトしたり、腕だけ早く動いてしまい内ミスしたり、分かっているのに修正ができませんでした。
その上、レーンがどんどん遅くなるもんだから、チョイ集めの大きなスプリットが3つも出てはスコアになりません。

3G目196。勝ち。
あえて薄めに入るように5枚の平行移動をして、バックスイングを意識して丁寧に投げつつ微調整。5フレで10番をミスったものの、その後はダッチマンペースのまま終了。

トータルでも勝てたので、3勝1敗となり、投げに来た甲斐があるってもんです。

 

さて、リーグ後の帰り道で考えたんですが、今回はほぼ1歩助走みたいな感じの投げ方だったわけですが、1G目と3G目はスコアになりました。
これらのゲームは、そこそこ一定の投げ方ができていました。
2G目は一定の投げ方ができていなかったためスコアになりませんでした。
と言うことは、そこそこ一定の投げ方ができていれば、あとはオイルを感じてラインが引ければスコアになるということなんですよね。
そこそこ一定と言っても、分かり難いですけどね。
今回の場合、1G目と3G目はほぼ同じ球質と言えるボールは1割、微妙におかしな球質は5割、残りはかなりばらついてました。
そして、ちゃんと狙ったところに投げれたのは1割、微妙な失投が4割、残りは大きな失投でした。
腰痛に気をつけながらの1歩助走もどきだったので、結構、酷いボールを投げてますね(^▽^;)
それでも、そこそこのスコアなったって事は、ボウリングにおいて最も重要なのは、レーンを読む事、オイルを感じる事、感じたオイルに素直に合わせる事、だってことですね。

|

« ジャンプアップリーグ打上げ | トップページ | 腰の具合 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/41619708

この記事へのトラックバック一覧です: サンデーリーグ@ジャックボウル(2008.6.22):

« ジャンプアップリーグ打上げ | トップページ | 腰の具合 »