« サンデーリーグとその後の練習 | トップページ | Mr. Fukusui doesn't return at Bon Festival. »

甘い壁に苦戦

昨日の火曜日は、ジャックボウルのプロチャレでした。
結果は、150、194、183の527。ハンデ込みでも21人中の13位でした。

レンコンは、激しくキャリーダウンしているところに、手前にオイルが足されていて、8枚目付近に壁はあるものの非常に甘く、とにかく薄く入ります。
普通なら外に寄れいいのですが、ジャックボウルは10枚より外にはオイルを入れないので、このギリギリのところまで動いても入りが薄いんです。
かといって、少し中に入って膨らますと、厚く入ったり薄く入ったりと、使えません。
そんなこんなで、1G目は7フレで我慢が切れて、3連続オープン。
2G目は、もうストライクになればいいと、12枚目真っ直ぐ気味。内ミスは裏へ、外ミスはノーヘッドか5番残り。5フレのイージーミスが痛い。
3G目も2G目と同じラインだが、2フレ7フレでイージー、6フレスプリットが足を引っ張った。

この日は、どのレーンも同じように薄めヒットが多かったみたいで、皆さん打ちあぐねてまして、優勝者で630台だったかな?
まあ、プロは1G目こそ160台だったけど、残り2ゲームは薄めヒットのストライクを連発し、ビッグゲームを打ってました。700弱だったかな?

蜂さんしか持っていかなかったのが失敗かも。レベルかプレミアムNVなら、まだしっかり動くのでね。

 

まぁ、こういうレーンにも対応できないとだめなので、残業練習してきましたさ。
選んだレーンは、敢えて切れないことで名高い5-6レーン。
当然ながら、キャリーダウンしてます。ボールに着いたオイルスキッドを見ると、軸が起きてからもオイルがしっかり着いてくるくらいに。

なので、狙うラインは11~12枚目付近の板目を真っ直ぐ気味に。
ただ、プロチャレと違うのは、腋を意識的に締めて、尻の下から抉り出すようになげたんです。そうしたら、上手く動いてくれるんですね、ボールが。
169、223、188、183、217、180

最初のゲームこそ、まだ腋を締めない投球でした。
それ以降いい感じなのですが、納得できるストライクは殆ど出てないです。薄めヒットばかり。

たまにこう言うレーンになることがあるので、やっぱり動くボールと動かないボールのセットで持ち歩かないといけませんね。

|

« サンデーリーグとその後の練習 | トップページ | Mr. Fukusui doesn't return at Bon Festival. »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

そういえば私は大会後に残業したことないですね。夜10時になると眠くなるので(笑)。やっぱ調子が悪いときは残業必要ですかねぇ?

投稿: ミスターX | 2008.08.14 12:30

>ミスターXさん
残業は良し悪しだと思いますよ。
大会で使っていたレーンだと、ラインがいい具合にできてるときがありますからね。

投稿: りりー | 2008.08.14 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/42158284

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い壁に苦戦:

« サンデーリーグとその後の練習 | トップページ | Mr. Fukusui doesn't return at Bon Festival. »