« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

昨日今日

昨日は、パニックボウルで第5木曜日のみに開催される、トリオ戦でした。

年齢ハンデのチーム戦ですので、強豪ぞろいで結果はブービー(11位)だったものの、個人的にはそこそこ打てたので、良かったのかな~と思っています。
ただ、詳細は後記しますが、2G終了時点でプラス60いくつかだったのに、マシン故障で、3G目4フレからレーン移動となって、移動したレーンが中遅レーンの左右違いで、美味しいラインがつかめないストライクが続かず撃沈し、貯金の殆どを使い果たしたのが一番残念だったところですね。

今日は、パニックリーグ第7週です。
10月の月間アベレージで200UPするためには、最低でも200アベが必要です。
さらに、パニックリーグの今シリーズで200アベに持っていくには、残り2回6Gで220アベが必要です。
レーンとの会話をちゃんと交わしながら投げたいと思います。
変なレーンに当たらない事を祈って。(-人-)南無~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、動画です(^▽^;)

1個目と2個目は、立ち位置15枚目、10枚目落とし、スパット7枚目
蜂さん1号は薄めヒットのため、6番ピンが10番に巻きついています。
蜂さん2号はジャストポケットです。
分かります?

蜂さん1号

蜂さん2号

 

3個目と4個目は、立ち位置21枚目、16枚目落とし、スパット15枚目
蜂さん1号は薄めヒットで、危うく7-10でした。
蜂さん2号はジャストポケットです。

蜂さん1号

蜂さん2号

 

5個目は10番カバーで、立ち位置33枚目、28枚目落とし、スパット20枚目

 

6個目と7個目はボールの動きをアップで。
回転軸が分かりやすいように、PAPにテープを貼ってみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日も練習&撮影

今日は練習と兼ねて、蜂さん1号2号の投げ比べと、軌道の撮影などを、パニックボウルでしてきました。フォームは撮影していません。
動画はまだ編集していませんので、後日UPします。

この練習では、1号と2号を、同じラインで1投づつ投げて、別のラインに変えてまた1投づつ投げると言うのを繰り返しました。
繰り返すと言っても、オイルパターンを意識しながら、ストライクになるラインイメージしての投球でしたけど。

なので、詳細は省いて、スコアだけ書きますと、229、209、176、216、211でした。
最初だけノーミスでしたが、後は2~3のイージーミスをしていますので、ボールをとっかえひっかえだったにも関わらず、それだけストライクが続いたってことなんです。

これは、今日投げたレーンは余り回っていないレーンだったこともあり、オイルもしっかりあったため、ピンヒット時点でピン半分もズレが出なかったためです。
即ち、オイルがしっかりあって、ラインに幅があるから、ボールの動きが均されたってことですね。
本来は2号のほうがピン手前のキレがあるので、ドライレーンで投げ比べると明確な違いが出ると思うんですけど。

まあでも、これで今度の金曜日のリーグは、キャリーダウンに状況に応じられるように、2号とオーサムフィニッシュで行こうかなって思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの夜練

超久しぶりに夜練に行ってきました。
明るいうちにちゃんと投げてラインを掴んでおいて、土曜の12時からブラックライト下でのストライクチャレンジへ突入しました。

で、蜂さん2号を持っていったつもりが、バッグの中には蜂さん1号が(^▽^;)
ま、この前までのレーンとは違うので、普通に使えましたけど。

まずは、ウォーミングアップと、蜂さん1号でのラインを探ってみると、14枚目落しのスパット10枚目通しくらいで行けそうな感じでした。

それで、まだ時間もあるので、明るいうちに2ゲームだけ、スコアを意識しての練習をしてみました。
最初のゲームは、ダブルスタートしたが、3フレ外ミスで薄めに入り4-7をミス、4フレも外ミスで薄めに入り7-10、ここでキャリーダウンも感じていたので、13枚落しのスパット9枚通しにアジャストし5thと続いて、10フレは内ミスで2-4-5をミスし、204。
次のゲームは、6フレまでダッチマン状態だったが、さらにキャリーダウンを感じたため、12枚目落しのスパット9枚目通しにアジャストし、ターキーと続き、9/9でノーミスの218。

そして、ライトが落とされブラックライトに変わったところで、スパットに目を慣らすため軽く2フレだけ投げてみて、ストライクチャレンジに突入したわけですが、6フレーム続けて薄めに入ります。徐々に外にアジャストしても薄めなんです。
さて、どうしたことだ?と一瞬考えて終了30秒前に投げたボールでやっとストライクが来ました(;´▽`A``
もう一丁と残り5秒前に投げたボールは7番ピンが揺れただけでタイムアップとなりました。
さて、どうしたことだ?とちゃんと考えてみると、球速を上げ過ぎていたのでは?との結論に達し、まだブラックライト状態にある、10フレ3投目で、球速を落として投げてみると、しっかりストライクになりました。
ストライクへの意識が強く出すぎて、しっかり投げすぎてしまいましたね。

ということで、今晩の戦利品は、過去最小記録のスナック菓子1袋のみでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

これがタップだ!!(´Д`)

金曜日なので、パニックボウルのジャンプアップリーグでした。
今週は第6週です。

ちょっと早めにセンター入りし、ウォーミングアップを始め様としていたところ、リーグに参加しているS氏より、「レーンが変わった」との情報が。
どんなレーンだろう?とワクワクする思いと、持参ボール(蜂さん2号とオーサムフィニッシュ)で対応できるか?とが錯綜しつつ投げてみると、あれ?先週とあまり変わってないような・・・
ただ、はっきりとした壁はなくなっていたので、中のオイル厚が薄くなっただけかな?という気がしました。

さて、リーグです。
練習ボールを投げてみると、前練とちがいます。オイルゾーンとドライゾーンがはっきりしている感じです。前練のレーンはかなりキャリーダウンが発生していたんでしょう。
そして、奇数レーンはややキレが甘く、15枚目落しのスパット10枚目通し、偶数レーンはバックエンドでしっかりキレるので、17枚目落しのスパット10枚目通しで行く事にしました。

1G目 214 8/X7/XXXX⑧1X9/8
スタートは奇数レーンですが、なぜか3フレまで練習ボールより丁寧にゆっくり投げてしまいましたが、その後、気を取り直して4thと来て、8フレで内ミスしたと思ったら3-10。確実に取りに行ったつもりがピン手前でボールが動いてしまい10番残り。思ったより遅いな・・・

2G目 169 9-9/8/X9/8/9/9/8/9-
1フレジャスポケで7番ピンが揺れるタップ。2フレジャスポケのジャスト8タップ。3フレちょっと薄く4-7。5フレジャスポケのジャスト9タップ。ピン手前で食い込みすぎ。6フレ3-9。7フレ気持ち薄く10番。8フレ外ミス2番。9フレ4-7。10フレジャスポケのジャスト9タップ。大外からカバーに行ったが、レーン中ほどから噛み出してしまいピンの左を通過。
いろいろアジャスとしたものの、しっくり来ないままでしたが、10フレのカバーミスが3G目への大きなヒントを得ることができました。

3G目 223 9/X8/8/XXXXX⑦2
2G時点でマイナス17。絶対にプラスに持っていくと心に決めます。
1フレ20枚落しのスパット15枚目で投げてみると10番残り。2フレ17枚落しのスパット15枚目のチョイ出しのラインでよろよろと倒れました。3フレ19枚落しのスパット14枚目に変えたつもりが外ミスし2-8。4フレ失投し3-9と連続スリーパー。5フレ19枚落しのスパット14枚目。6フレ16枚落しのスパット13枚目のライン。以下9フレまで続き、10フレジャストと思ったら、がっかりの4-7-9スプリット。

トータル606
3G目で何とかプラスまで戻せました。

壁を感じず、幅がない、簡単ではないレーンです。
ベースはセンター40ftで(スタッフ談)、全体的にオイルが薄く、あまり急傾じゃないクラウンと思われ、バックエンドはキレがあるので、少し膨らますラインであれば、どこからでも攻められるんじゃないかと思いますね。
そして、オイルの変化を感じやすく、自分でラインを作っていきやすいコンディションだと思います。

今日の問題は2G目でしたね。ジャスポケでのタップが4つ。
でも、こればっかりは仕方がないです。こういう日もありますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蜂さん2号と最近お気に入りのドリルレイアウトについて

Image001 Image002

写りが悪くてすみません。

レイアウトは約(笑)60度
PIN~PAPは約6-3/8inch (10/21訂正)
CG~PAPは約6-1/2inch
グリップセンター~VALは約6-1/8inch
グリップセンター~PAPは約3/4inch

私の場合、球速はないが回転数は多いので、レングスを強めにしています。
このレイアウトが最近のお気に入りで、非常に扱いやすく、ボールの特性が素直に出ます。

蜂さん1号でこのレイアウトを試して、非常に扱いやすかったので、ほぼ同じに掘ってもらいました。
プレミアムNVは微妙に違っていますが、極端に動きに違いが出てはいないと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

サンデーリーグ第11週

日曜日なので、ジャックボウルのサンデーリーグに参戦してきました。
ボールはいつもの如く蜂さんとプレミアムNVを持参。
対戦相手は、ハンデ29ある女性です。
私のハンデはいつもと同じで12です。

練習ボールでは10枚目付近にぼんやりとした壁があるので、そこを少々超えたところにBPを持っていくラインで行きました。

1G目 179 勝ち
6フレで右ワッシャーをミスしただけですが、ストライクが続かず何とも微妙な結果でした。
奇数レーンは外にアジャストしても、10番が残りやすく(都合3回)、伸びたオイルで食い込みが足りない感じです。偶数レーンはしっかり戻りがあるものの、ここってラインが見つかりません。

2G目 208 勝ち
奇数レーンは外に出すのは諦め、20枚目落しのスパット15枚目を通す、幅を絞ったラインに変えました。10番の飛び方が微妙だったので、途中で1枚外に並行移動しています。
偶数レーンは1G目のラインをもう少し煮詰めることにしてみましたが、ダッチマン状態になり、煮詰まった感があったので、9フレから偶数レーンと同じラインにして8フレからターキーとなり、何とかプラスに持っていけました。

3G目 224 勝ち
引き続き、2G目と同じラインで行きましたが、いきなり1フレで外に大きく失投して、1-2-4-10残りをミス。その後6フレで内に2枚ミスり、3-6-7のスプリットをミス。
しかし、7フレから6thオールウェイで投了。

トータル611 (ハンデ込み647)
アベレージ203.67

相変わらすスタートが遅いですね。
というか、副業の関係で、開始5分前に到着となるので、事前練習ができないため、仕方がありません。

リーグ後に、新球をドリルしてもらい、シェイクダウンをしてみました。
新球は、ウエポンさんからの頂きものの、レーンマスターズのザ・スティングです。
蜂さん2号です。
蜂さんと投げ比べしてみましたが、入ったレーンがオイル一杯のところだったので、殆ど曲がりが出ず、パッと見は差がありませんでしたが、ドライゾーンでのキレは、少々蜂さん2号の方が板目で3枚くらい(笑)良かったですね。

あまりにも差が出なかったので、帰りにスポーレボウルに寄り、5ゲームパック1650円で動きを見てみました。このパックは日曜日の19時からのもので、レーンメンテをして、マイボウラー限定に提供しているサービスです。
そのため、オイルもしっかり残っており、アウトサイドを使ったライン(12枚目落しのスパット7枚通しのBP3枚目)で投げました。
そうしたら、蜂さんだとやんわりと曲がり、超薄めの3番直撃という感じでしたが、蜂さん2号だとBPからグイッと食い込んでいってくれてポケットヒットしてくれます。
ハイスポのテストデータのような動きがちゃんと出てくれました。

ドライレーンで蜂さんを使い、キャリーダウンが始まって食い込みが甘くなった時や、ミディアムレーンで使えそうです。オイリーでもBP付近がしっかりクリーニングされていれば、使えそうです。
3G目以降、スコアを意識して投げようと思っていましたが、2G目の途中で左足太腿を捻ったみたいな痛みが走り、しっかりレベレージを維持できなくなったので、スコアを意識しても投球が安定しなくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本当にバカだな~~~~と思った

金曜日なので、パニックボウルのジャンプアップリーグでした。

しっかし、本当にバカだな~~~~と思いましたよ。

結果は、191、132、192でした。

レーンは、ただでさえ厚く長いオイルだと言うのに、一般の大会でオイルがビローンと伸びてます。ボールに付いたオイルを見ると、ローリングトラックだけでなく、ボールが起き上がった後にも3本の筋が着いてきます。食い込みが足りません。

という状況だったのに、8枚目にぶつければいいという意識だけが働いて、なぜか幅を取るラインでアジャスティングしたために、球速を激しく落として投げざるを得なくなりました。
その分、先に伸びたオイルの変化に敏感になり、2G目は訳が分からなくなりました。
1G目と3G目はどちらも、イージミス2つに1スプリット。

あまりの不甲斐なさに残業したわけですが、リーグでのラインから投げ始めましたが、しっくり来ないまま5ゲームも投げていました。170、188、161、154、173
ただ、一方のレーンだけ、8枚目付近がかなり削れてきてて、なかなかそこを超えられなくなってきました。
そこでアジャストしたのが、先日の色んなラインで投げた⑧12枚目落しから8枚目付近まで膨らます。でした。203、211

はぁ~(´Д`)何てこったい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日も練習

昨日に引き続き、今日も練習に赴きました。
今日は、マイシューズデーで、1G300円のジャックボウルへ。
昨日のカバーボールのノーコンがあまりにもひどかったので、カバーの安定化を目的に、クリアーザデッキで投げました。

最初は相変わらず掌から右側にこぼれ落ちてしまったので、手首を入れ気味で投げるとそれはなくなりましたが、今度は回転が掛かり過ぎてキレが出てしまうんです。
どうしたものかと、試行錯誤してみても、一向に安定しません。
と、ここで、以前から気になっていたことを直してみることにしました。

それはグリップです。
今のカバーボールはリバースが入っているのに、グリップはオーソドックスのタイプなので、引っ掛かりが悪かったんです。
なので、パワーリフトタイプにしてみました。

そうしたら、ちゃんと引っ掛かるようになり、しっかり押し出せるようになり、投げやすくなりました。
それでしばらく投げてみましたが、前より幾分改善されましたね。

これで金曜日のリーグは何とかなるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他のラインを探してみた。

パニックボウルの現在のレンコンでは、9枚目に厚いオイルの壁があり、そこを如何に上手く使うかがスコアに左右されるのは、過去のリーグなどでわかっています。
しかし、他に使えるラインはないものかと思い、時間を掛けてラインを探ってみました。

具体的には、5フレームごとにラインを変えたり、横回転を多く入れたりなどをしてみたわけです。

試したラインは、実際には順不同で投げましたが、ここでは外から記載します。
①2~3枚目真っ直ぐ
②4枚目落しから1~2枚目まで膨らます
③7枚目落しから3枚目付近まで膨らます
④8枚目真っ直ぐ
⑤9枚目真っ直ぐ
⑥9枚目落しから5枚目付近まで膨らます
⑦11枚目真っ直ぐ
⑧12枚目落しから8枚目付近まで膨らます
⑨15枚目落しから10枚目付近まで膨らます
こんなところですね。

結果から言えば、⑧>④>②>以下同じ、という感じです。

詳細は、
①は内ミスは一切許されません。
②はなかなか気が休まりませんが半枚だけ余裕があります。
③はポケットにかなり薄く入ります。下手すると1-2-4-6-10系の残りピンが出現します。
④は俗に言うオイルの壁に沿わせるというラインで、1枚の内ミスは許されますが、外ミスはNGです。
⑤は薄めポケットで、10番や6番が非常に良く残ります。
⑥は内外ミスは一切許されません。
⑦は1枚の内ミスだけ許されます。
⑧は内外1~1.5枚の幅があります。
⑨は内外ミスは一切許されません。
と言う感じです。

見事なくらいに⑧しか使える場所はありません。
アングルの取り方は、球質にも寄るでしょうけど、この9枚目の壁をいかに上手く使うかが、スコアを左右することが実証されたと思います。

これは、全く使われていないフレッシュレーンでの結果ですので、実際に投げる前までの使われ方によって、投球ラインは少々変わってきます。

ということで、⑧のラインで少しまじめに2ゲーム投げてみると、220、192というスコアでした。
ただ、1本残りでのスペアミスが、最初が2回中1回、次が6回中4回も出てしまいました。どのミスも外に3枚以上ミスってるんです。4番、6番、7番、10番のどれでも。
1歩助走だとほぼ100%のカバー率なので、カバー時は助走時の上体の向きとバックスイングのブレが非常に大きいようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデーリーグ第10週&昨日の続報

まずは昨日の続報から。
私のスクラッチでの順位は6位でした。(ジャックボウルの会員だけでは3位)
スクラッチでのトップは菊地Pの1297でした。

さて、本来は日曜日のサンデーリーグが体育の日に行われました。
とりあえず、蜂さんを先発させることで練習ボールを始めましたが、楽にポケットはつけるのですが、ジャストのストライクが出ないままでゲームに突入です。
レンコンは昨日のままで、オイルは足したのかな?と思えるくらいの薄さで、奥までノビノビになってます。
念のため、プレミアムNVを1球だけ投げてみましたが、結構膨らませても裏まで行ったので、幅を使って投げるのがきついなと思い、引っ込めました。

今回の対戦相手は、先投げしており、200+200+195=595というスコアになっています。
というか、今回は昨日のジャックボウルカップがあったためでしょうか、先投げやブラインドが多数ありました。

1G目184 ⑦1X④59/9/X9/XX9/X いきなり負け(´Д`)
いきなり失投し4-6-7、3フレ2-4-5-7-8-10という不思議なスプリット、以降マークを重ねますが、ストライクが続かずスコアが伸びないまま終了。偶数レーンは掴めていましたが、奇数レーンはポケットヒットしても、どうアジャストしても、何かのピンが残ってしまいいます。

2G目172 9/X⑧1X9-XX9/9/9- 2連敗(>_<)
奇数レーンは幅を使わないラインに変えたらストライクが出ましたが、今度は偶数レーンがボヤケ始めたので、何か気持ちが切れてしまい、イージーミスで自滅してしまいました。

この時点で、ハンデ込み15点差ですので、イーブンに持ち込むためには、スクラッチで203が必要になります。

3G目226 X9/X9/XXXX9-XX9
思い切ってプレミアムNVにボールチェンジ。練習投球で1球だけ投げて裏に行ったラインから想像してラインを引いてみました。ただ、偶数レーンはちょっと厚く入ったので、立ち位置を外にアジャストしました。
9フレはほぼ勝利が確定したので、安心して10番をミスしてしまいました。

トータル582
ハンデ込みで618となり、2対2のイーブンに持ち込めました(^▽^;)

もっと早くボールチェンジしていれば良かったんですが、何とかなるんじゃないかと、長く引っ張ったのが良くなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回ジャックボウルカップに参戦

2ゲームごとレーン移動の6ゲーム戦で、プロも5名が遠征して参加するという、ジャックボウル最大の大会です。
参加プロは、小山都代P、小山康代P、宮田俊輔P、正田晃也P、菊地正義Pで、男子Pはマイナス5/G、女子Pは5/Gのハンデとなります。アマは年齢性別ハンデです。

前回の第1回は、スコア1029で、53人中46位と、悲惨な結果に終わりましたが、その雪辱を果たせればと思い、ぎっくり腰が治って以降の約半月間調整してきました。

朝11時スタートなので、そんな早い時間(笑)から体が動かないと思い、8時開店のスポーレボウルで練習しようと思ったものの、やっぱり起きれませんで、受付時間ギリギリの到着となりました_| ̄|○
持参ボールは、絶対の信頼がある蜂さんのみにしました。

前置きはこれくらいにして、同ボックスに菊地Pが入り、練習ボールスタートですが、その前にプロだけの練習ボールがあり、その様子を見ていると、かなり遅いのが分かります。
多分、レーンクリーニング後、外10枚目で切ってある、20ftまでオイルを入れ、中目だけ25ftまでオイルを足すという、いつものパターンであり、前回と同じスタートパターンじゃないかと思われました。
ただ、オイルがいつもより少ない感じです。

で、練習ボールを投げてみると、遅っ!!!!!!!!
前回より遅いんじゃないかと思えました。結局ポケットラインが見つからないまま、練習ボールが終了。
どうしようもないので、とりあえず球速を目一杯上げればポケットに届く、立ち位置33枚目の18枚目通しでスタートすることにしました。

1G目145 9-9-8172XX7/719/8/8
いきなり4連続オープンでスタートです。カバーボールがピン手前でクイッと逃げて行っちゃうんです。5フレは死んだボールになってX、6フレはきれいな裏Xとダブルになりましたが、その後はスペアとオープンで終了。
どんどん内に入って行き、最後には、少しのキャリーダウンが発生したことで、立ち位置37枚目からスパット20枚目通しで何とか行けそうな感じが掴めました。
しかし、結果的にこのロースコアが最後まで足を引っ張ってしまう結果になりました。

2G目190 XXX9/81⑧1XX⑧19/9
XXX9/と来て、5フレ3-6と、6フレ3-10をチョップ。ダブルで立て直したものの、9フレ4-10でファンデーション失敗。10フレ9/9で終了。
最初のボックスであること、まだ体が動き出していないこと、殆ど幅がないことなど、最初のボックスでマイナス65と、残り4ゲームが苦しい展開になってしまいました。

3G目204 X9/9/X8/8/X9/XX⑦/
レーン移動の時に、牛久Pに「遅いですよ~」と泣きを入れたら、中を使わないとダメだよとのアドバイスを貰いましたので、思い切って立ち位置30枚目からスパット20枚目通しで投げてみると、キャリーダウンもあったのでしょうけど、ストライクスタートになりました。
2フレはちょっと薄めに入り4番残り、3フレも薄めに入ったので、4フレで立ち位置31枚目からスパット21枚目通しにアジャストしストライク。5フレ、6フレとまだ厚めに入り8/が続き、7フレで立ち位置を32枚目に移動しストライク。8フレは内ミスして5番残りをカバーし、9フレからダブル、10フレ2投目はボールが落ちて2-5-7のスプリットをカバーして終了。
やっと体も動いてきて、この遅いレンコンにも慣れてきて、プラスが打てました。

4G目225 X8/XXXXX⑧19/X⑦2
やっと、キャリーダウンにより幅ができて、使えるラインになってきました。
ただ、8フレでオイルが削れて厚く入り3-10も3残し。

5G目171 XX⑧/X8/X⑥3⑧19/⑧-
ブレイクポイント付近がぼやけていると評判の5-6番レーンに入りました。この遅いレーンコンディションではこのぼやけが有効に働きそうとの安心感から、マイナス36を取り返せると皮算用しました。
前のボックスに比べ、グッと外に移動し、立ち位置30枚目スパット18枚目でスタートしました。ただ、微妙に厚く入るので、アジャストし最終的には、立ち位置32枚目スパット19枚目に落ち着きました。内外1枚の幅がありました。
6フレ時点でプラスが打てそうなスコアであり、楽なレーンと感じていたこともあり、すっかり油断して、楽をしようと思ってしまいました。
7フレでボールを落としてしまい3-4-6-7で4残り、8フレ6-7残り、10フレがっかりの8-10残り。ちなみに、3フレの3-10残りは3度目の正直でしっかりカバーしました。

6G目243 XXXX9/9/XXX9/6
最終ゲームです。マイナス36がマイナス65に増えてしまいました(-_-メ) しかし、ラインは掴めていますので、諦めていません。
気合いの投球で4thスタートでしたが、5フレ1枚内ミスしたら、10番が揺れて残ってしまいました。でもまだ大丈夫!と思い投げた6フレで、8番が微動だにしません。菊地Pもエッ?という顔をしてました。超ガッカリです。でもオールウェイすれば268なので、まだまだ諦めずにターキーとしますが、10フレ1投目で微妙に薄く入り、10番残りでマイナス確定となりました。

トータル1178 アベレージ196.33

67人中13位でした。
なので、10位までの入賞もなく、5飛び賞にも引っ掛かりませんでした。
でも、抽選賞でジュース1ダースをGet!できたのが救いですね。

ちなみに、優勝者(シニアの女性)と2位(某全日本クラスの女子高生ボウラー)が1300点台(ハンデ込み)で、プラマイゼロで8位(だったかな?)でした。
また、菊地プロが2ゲーム終了時点で、「4ゲームくらい投げたくらい疲れた。トーナメントでも経験することのないコンディションで、勉強になります。」と言っていたくらいに厳しい(激遅)レーンだったようで(140台のスコアもありました)、私の上の順位に入ったプロは2名だけ(小山都代P、菊池P)だけでした。(スクラッチのスコアを見ていないので、明日確認して追記します。)

表彰式で、牛久Pが、オイルを入れる量が少なかったと言ってました。やっぱりね~。
しっかり入っていれば、また違った結果だったと思います。
次回は長く多く入れると言っていましたが、それまで憶えているのかな~(爆)

あ~~~疲れた_| ̄|○
と言うか、4ゲーム目辺りから体が冷えてしまったのか、偏頭痛が始まり、ずっとこめかみがズキズキしていたのが一番きつかったです(u_u。)

さて、明日の夜はサンデーリーグ。金曜日から4連投目です。
がんばるべ。

《追記》
カージナルさんのブログを読んで、大事なことを書き忘れていることを思い出しました。
1G目では、遅いレーンだから、レーンに負けないようにしっかり投げていましたが、途中でふと思い出したんですよ。
オイルが短いレーンのときは、ふわっと、やんわりと投げるほうがいいってことを。
それで、1ゲーム目の後半以降は、やんわりとしたリリースに変えています。
具体的には、しっかり投げる時は、ダウンスイングしながら手首をブロークンして、より多くの回転を掛けつつ、リリース時はボールの後を押し出すことで、着床したときから転がりを出し、ドライゾーンに入ると転がりも終盤になっており、早い時点で反応します。
一方、やんわり投げる時は、手首のブロークンするタイミングをリリース時まで遅らせて、ボールが手から離れはじめてブロークンさせます。そうすることで、回転数を抑えて、ボールが着床しても、しばらくはほとんど転がりが出ずにオイルの上を滑って行くので、ドライゾーンに入ってもしばらくは転がりが続き、よりスキッドを長く出すことができます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

珍しく朝練

週末の副業が、今日は夕方からなので、久しぶりに朝練に行ってきました。
日曜日にジャックボウルカップへ参戦するので、ジャックボウルへ行きました。

行ってみたら、オイルは足していないと言うことだったので、オイルが多くあるレーンを探してもらい、1レーンだけで練習しました。

まず、ウォームアップとオイル状態が分からない状態なので、2フレーム使い、幾つかのアングルで投球。スペアは考えていないので、2オープン。
そうすると、いつも使うラインに近いところで行けそうだったので(立ち位置29枚目のスパット14枚目通し)、3フレ以降、プチまじめに投げてみました。参考スコアは183。
ターキーに始まりましたが、5フレで10番が最後に内側に向かって倒れるようになり、キャリーダウンと判断したが、ここであえて動かず次のフレームで同じラインをなぞると、きっちり10番が残りましたので、外に1枚分平行移動し、7フレX。8フレは思いっきり外ミスして3-6カバー、9フレXと来て、10フレ内ミスして6-7-10。

ここからスコアを意識しての投球です。

1G目177
練習ゲームで、BP手前が荒れてしまい、厚く入ったり薄く入ったり。なので、オイルが多いところを通して、絞ったラインに変えて行きながらの投球となりました。
結果、ストライクは単独で2つだけで、後は微妙な残りピンが続きました。

2G目232
1G目の様子から、立ち位置28枚目スパット16枚目通しに変えてスタート。
4thスタートしたが、4フレで10番の飛びが微妙だったので、キャリーダウンと判断し、立ち位置を半枚外に移動したが、5フレ10番残り。6フレで立ち位置29枚目に移動したが、外ミス&横回転を掛け損じて1-2-8残り。7フレから同じアングルでダブル。9フレがっかりの8番残りも、10フレダブルと来て、3投目でちょっと厚く入り6-10残りで終了。

3G目254
実は外ミスしたときに薄く入っていたことから、ラインを大きく外に変えてみる。立ち位置25枚目スパット13枚目通しでスタート。
5thで始まったが、6フレキャリーダウンしたオイルに乗り、10番残りをミス。外ミスすると戻りすぎると想定できたので、スパットを14枚目に変えて、7フレから4th。
10フレ2投目で、その外ミスをしてしまい、6-10残りで終了。

トータル663

調子はいいみたいですが、10番のミスがこのところ多いのが問題ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジャンプアップリーグ第4週。欲を出して失敗の巻。

先週と同じく、5日ぶりのボウリング、パニックボウルのジャンプアップリーグでした。

先週のブログで、美味しいアングルがあることを記事にしましたが、どのアングルだったかすっかり忘れてました(^▽^;)
でも、5日ぶりなので、投げ方を思い出すために、ちょっと早めにセンター入りし、練習しながら、グリ友の虎猫さんに「どこ狙えばいいか忘れちゃったよ~」と話していると、虎猫さんが「6枚目辺りに壁が~」と。これで、思い出すことが出来ました。
ありがとうgood

さて、使うボールは先週と同じくオーサムフィニッシュ。
練習ボールを投げてみると、さっきの練習で投げていたレーンよりずっと早いため、ぐっと外にアングルを変えてみましたが、奇数レーンが若干遅めでしたが、しっかり投げれば同じアングルでも何とかなったので、立ち位置17枚目から12枚目落しのスパット7枚目通しからスタートすることに。

1G目243 7/6/XX9/XXXXX8/
練習ボールでオイルを削りすぎたみたいで、1フレと2フレは厚く入ってしまったので、3フレで立ち位置19枚目から14枚目落しのスパット8枚目通しにアジャストすると、ビンゴ。

2G目246 XXXXX9/X⑧1XXX9
引き続き同じアングルで攻めます。中のオイルが厚いようで、ボールがオイルの壁を乗り越えられず、結構奥まで転がってくれます。この壁を使えればハイスコレーンです。
ただ、少しでも外ミスすると、すーーーーーっと薄く、下手すると3-6間に飛んで行きます。内ミス(1枚まで)は厚いオイルに乗ってポケットを突きます。
8フレで1枚内ミスしたら、厚く入ってしまい3-10。壁を徐々に削っている証拠ですね。
立ち位置20枚目から15枚目落しのスパット9枚目通しにアジャストして終了。と言いたい所ですが、8フレ以降、殆ど大きく内ミスしてしまい、裏ストなどラッキーが続きました。

3G目203 XXXX9-6/8/X9-X9/
内ミスの原因は、外ミスを恐れたことと、しっかり踏込んでいなかったことだったので、気を取り直して投げ始めました。が、4thが出たところで、750シリーズを狙おうと、欲を出してしまいました。
5フレは思いっきり内ミスし7番残りをミス。6フレは大きく外ミスしノーヘッドの1-2-4-7残り。7フレはバランスを崩し6-10残り。少しキャリーダウンが起きていたようで、9フレは10番残りを右溝に(´Д`)。

トータル692

3G目が不満の残る内容となりました。
欲が出ては、冷静に対処できませんね。ボールの動きをぼんやりとしか見れておらず、投球バランスも崩れるようになってしまいました。
それと、ビッグが引けそうで引けません。3-10を取れていればと思いますね。これは、オイルがしっかりあるからと、立ち位置を1枚外においてしまったんです。
オイルがあるなら、10ピンアングルを動かす必要がないと言うのに。

まだ、いろいろ課題がありますね。

リーグ後のフリー投球練習で、カバーボールを使い、2枚目まっすぐを何球か投げてみましたら、3-6間にきっちり入ります。それだけ大外にも薄くオイルがひいてあるってことですから、外ミスは厳禁だと言うことがはっきり分かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンデーリーグ第9週

はい、日曜夜、サンデーリーグでした。
いつもの如く、開始5分前に到着し、サクッと準備をしたら、練習ボールと言う慌しさです。

今までは、練習ボールはストライクになるラインが見つかると、そのラインで外ミスや内ミスのラインを投げる傾向がありました。
でも、これでは、練習ボールを無駄に使っているな~との反省から、今回は、いくつかのラインを使って投げてみました。
持参ボールは、先日初めてのオイル抜きをした蜂さんで、今日がシェイクダウンです。

少々キャリーダウンを感じたものの、18枚目落しのスパット13枚目通しでややアーク状の軌跡を描き、10枚目がBPというラインで行くことに。ただ、偶数レーンが気持ち早いかな?という程度の違いです。
ちなみに、そのラインは練習ボールでは投げていませんが、左右1枚ずつ並行したラインを投げて、そのラインと判断しました。

対戦相手は、ハンデ2のS氏。練習ボールではストライク連発していたので、気が抜けない戦いになることが予想されました。私のハンデは12。

1G目192
X/Xスタートするも、4フレ厚く入り⑦、内に1枚平行移動し、/X。そしてまた厚く入り⑦。
これで21枚目落しスパット15枚目に変更しターキー、10フレ2投目は外ミスして6/で終了。
相手も打ち下げていて勝ち。

2G目266
6thスタートも、このうち1つは大きく内ミスして裏(^▽^;)。ちょっとここで欲が出ちゃいました。
7フレ、アプローチの1歩目がいつもより1枚外に踏み出してしまったんです。「あっ!えぇい、ままよ」・・・「アカン、角度がつきすぎた」・・・「戻りすぎや~~」・・・3-6残り( ´_ゝ`)
確実にカバー........って、6番だけ残ってもうた( ゚д゚)ポカーン
気を取り直して、5thオールウェイで終了。オールウェイ中に、10番の飛び具合を見て、23枚目落しスパット16枚目に変更しています。
相手は234だったが私の勝ち。普通は230も打てば勝てるんですけどね。
ちなみに、同ボックスでの別の対戦、牛久Pvsハンデ10のK氏も、牛久P268対K氏234という同じような結果でした。5フレまで全員がストライクという、楽しげな展開が続きました。

3G目240
10ピン残りで始まったため、22枚目落しスパット16枚目に変更し、5th。今度は外ミスして1-2-4-6-10。2G目の裏ストライクのラインに乗せてカバーを試みるが、気持ち厚く入り6-10が飛ばず。でも、その後4th、9/で投了。
勝ち。

トータル698で、トータルも勝ち、4ポイントゲット。(スクラッチでも全勝でした)

今回は、狙ったラインに丁寧に載せ、しっかり踏込んで投げることを意識していました。
そして、オイルがしっかり入ってる上に、ノビノビだったことで、相手は10番が残りやすくなり、私には奏効した結果になりました。
ラインの取り方も、2G目からプロが私と同じラインを使うようになったので、正解だったと思います。他の二人はより外まで膨らませていました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ジャンプアップリーグ第3週

5日ぶりのボウリングになりましたが、まだ体に馴染んでいない踏込んだ投げ方を、途中まで忘れてましたね。

リーグの直前まで全レーン貸切の大会が行われていて、1レーン4人の2ゲームだそうで、今週からオイル量を先週に比べ2.5倍に増やしていたこともあり、これは激しいキャリーダウンがあるな~と思われました。

練習ボールでは、5枚より外を使うと幅があるラインがありましたので、そこを使うことにしました。が、これが落とし穴だったと気付いたのはずっと後になってからでした。

1G目156Σ(゚д゚;)
厚く入ります。3フレと6フレで割れたり、3番絡みの残りピンになったり。それで、練習ボールのイメージから5枚目付近にはしっかりオイルがあると思い込み、徐々に立ち位置を外にしていき、より膨らますラインに変えていくと、今度は薄く入り10本が倒れるラインを見つけられないまま終了(u_u。)

2G目157∑(゚∇゚|||)
ダブルスタートでシメシメ( ̄ー+ ̄)と思ったのも束の間、3フレで失投していないのにビッグ4になりました。
再びアジャストの旅が始まりましたが、7フレで踏込んで投げていないことに気付いたものの、最後まで10本が飛ばないままで終了。
さらに、スプリット4つも出ては、スコアになりません┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

3G目201
投球前に、じっくり考えました。外にあると思ったオイルは前の大会でのキャリーダウンの残骸だったのではないかと。
そこで、一気に立ち位置を20枚目付近に変えて、スパット10枚目を通すラインに変えてみると、ダブルスタートできました。
そして、魔の3フレは内ミスして、お約束のスプリット。4フレ8番タップを気が抜けてミス。キャリーダウンしていたオイルが乾いて安定してきたのか、ダブルが来て、7フレジャスト9。ターキーから右ワッシャーで終了。

トータル514

岡部プロが、いいレーンだと言ったと聞きましたが、3G目にその意味がわかりました。
8枚目付近にオイルの境目があり、そこに沿わせるようなラインがジャストのアングルではないかと思いますが、そのラインを投げつづけると、レーン変化が非常に分かりやすいんですよ。ボールの動きやピンの飛び方に、それがはっきり出るんですよ。
でも、美味しいアングルが見つからないと、一気に難しいレーンになります。

何となくですが、↓のパターンから、中目は35ft辺りまであり、8~12枚目は30ft、その外は20ft弱までにした感じじゃないかな?と思いました。
http://www.sound-bowl.net/ushiku/lanecondition/2008-04.html

割れたあとのアジャストが、まだまだ甘いですね。
ローを打たないようにしたいな~ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月のまとめ

9月の纏めです。(アベは便宜的に四捨五入にしています。)

スコアを意識した練習も含めたゲーム数は37。
そのアベは189。
大会・リーグ等でのゲーム数は21。
そのアベは179。

センター毎
・パニックボウルつくば
スコアを意識した練習も含めたゲーム数は13。
そのアベは199。
大会・リーグ等でのゲーム数は6。
そのアベは193。

・ジャックボウル
スコアを意識した練習も含めたゲーム数は17。
そのアベは177。
大会・リーグ等でのゲーム数は15。
そのアベは174。

・スポーレボウル
スコアを意識した練習も含めたゲーム数は2。
そのアベは227。
大会等は不参加。

・国分寺パークレーン
スコアを意識した練習も含めたゲーム数は5。
そのアベは189。
大会等は不参加。

☆総括
7月末日のぎっくり腰で、9月は棒に振った格好です。前半は恐る恐るのボウリングでした。後半もしばらくは無理をしないで投げて、最終週にやっと思い切って投げられるようになりました。

・パニックボウル
幸運にも、月前半はリーグがお休みだったので、スコアを大きく落とさずに済みました。
後半はリーグが始まったものの、オイルが薄い状態は先月から継続していたため、変化の早さにまだ付いていけませんでした。

・ジャックボウル
こちらは休まずリーグがあったので、前半はロー打ちまくりで悲惨でした。
そして、後半に入り、無理しないで投げたい時期に、アプローチが異様に重いレーンに当たり、スコアになりませんでした。

・スポーレボウルと国分寺PLは記事に書いているので省略。

いつも、練習だと思い切って動けて、それなりのスコアになっているので、実戦でそれができるようにならないといけませんね。
ロースコ打つときはいつも、大胆に動かなければいけないコンディションで、微調整で合わせようとして失敗している時ですね。一方、オイルがしっかりあって、微調整で済む時は、それなりのスコアになっていますからね。
もっともっと、ボールの動きとピンの飛び方を見て、的確なアジャストをしていく必要があります。
まだまだ、引出しが足りません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »