« サンデーリーグ第10週&昨日の続報 | トップページ | 今日も練習 »

他のラインを探してみた。

パニックボウルの現在のレンコンでは、9枚目に厚いオイルの壁があり、そこを如何に上手く使うかがスコアに左右されるのは、過去のリーグなどでわかっています。
しかし、他に使えるラインはないものかと思い、時間を掛けてラインを探ってみました。

具体的には、5フレームごとにラインを変えたり、横回転を多く入れたりなどをしてみたわけです。

試したラインは、実際には順不同で投げましたが、ここでは外から記載します。
①2~3枚目真っ直ぐ
②4枚目落しから1~2枚目まで膨らます
③7枚目落しから3枚目付近まで膨らます
④8枚目真っ直ぐ
⑤9枚目真っ直ぐ
⑥9枚目落しから5枚目付近まで膨らます
⑦11枚目真っ直ぐ
⑧12枚目落しから8枚目付近まで膨らます
⑨15枚目落しから10枚目付近まで膨らます
こんなところですね。

結果から言えば、⑧>④>②>以下同じ、という感じです。

詳細は、
①は内ミスは一切許されません。
②はなかなか気が休まりませんが半枚だけ余裕があります。
③はポケットにかなり薄く入ります。下手すると1-2-4-6-10系の残りピンが出現します。
④は俗に言うオイルの壁に沿わせるというラインで、1枚の内ミスは許されますが、外ミスはNGです。
⑤は薄めポケットで、10番や6番が非常に良く残ります。
⑥は内外ミスは一切許されません。
⑦は1枚の内ミスだけ許されます。
⑧は内外1~1.5枚の幅があります。
⑨は内外ミスは一切許されません。
と言う感じです。

見事なくらいに⑧しか使える場所はありません。
アングルの取り方は、球質にも寄るでしょうけど、この9枚目の壁をいかに上手く使うかが、スコアを左右することが実証されたと思います。

これは、全く使われていないフレッシュレーンでの結果ですので、実際に投げる前までの使われ方によって、投球ラインは少々変わってきます。

ということで、⑧のラインで少しまじめに2ゲーム投げてみると、220、192というスコアでした。
ただ、1本残りでのスペアミスが、最初が2回中1回、次が6回中4回も出てしまいました。どのミスも外に3枚以上ミスってるんです。4番、6番、7番、10番のどれでも。
1歩助走だとほぼ100%のカバー率なので、カバー時は助走時の上体の向きとバックスイングのブレが非常に大きいようです。

|

« サンデーリーグ第10週&昨日の続報 | トップページ | 今日も練習 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

すごい色々と試されてますね。
私も⑧12枚目落しから8枚目付近まで膨らますのが好きですがサブでは3~5枚目を真っ直ぐと言うラインを使うことが多いです。
大体、決め打ちををして微調整と言うのが多いですね。
こんなに色々なライン探しの旅に出たことは無いです。。。(汗)

投稿: のぶた | 2008.10.17 00:51

>のぶたさん
オイルパターンが前もって分かっていれば、ある程度決め打ちができますが、分かっていない状態で決め打ちするのは、博打でしかないです。
この練習の当初の目的はライン探しでしたが、実は、色々なラインを試し、それぞれのボールの動きを見ることで、それが引き出しを増やすことになります。

投稿: りりー | 2008.10.17 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/42802276

この記事へのトラックバック一覧です: 他のラインを探してみた。:

« サンデーリーグ第10週&昨日の続報 | トップページ | 今日も練習 »