« これが実力でしょうね | トップページ | 超スランプだわ。 »

プロチャレ@ジャックボウル(2009.03.10)

昨日はジャックボウルの牛久プロチャレでした。

レーン抽選で入ったボックスは、誰も避けたいと思っていた、右隣の4レーンに16人の学生集団というボックス。
でも、騒ぐ団体の横でも、そうは気にならないので、団体のタイミングを計りながらの投球となりました。

練習ボールで、全体的に遅めだが、一方のレーンは先伸びがあり、もう一方は奥がより切れていることが分かりました。使用ボールは蜂さん2号。

1G目 175 XXX719/9/729/819/X
ターキースタートしたものの、その後が良くないです。1本残りは確実にカバーできているのに、複数ピン残りは全滅。カバーボールでも切れているレーンはかなり動いてしまい、伸びているレーンは全く動かないので、カバーラインで勘違いをしてしまいました。

2G目 211 XX⑧1XX8/9/XX8/X
今度はダブルスタートも、3フレで4-10スプリット。でも、その後はカバーラインも勘違いすることなく、纏めることができました。

3G目 175 X9-9/9/X9-9/X9/X9/
なんだか、10本ピンが飛びません。ヨッシャと思っても8,9,10が残ります。蜂さん2号はそんなにピン飛びがいいボールじゃないので、ピンを引っ掻き回してくれないというのもありますけどね。そんな中で、10番を2回もミスってはいけませんね。

トータル561 ハンデ4×3G込みで、16位くらい/24人中でした。

決勝5名に残ったのは、ハンデは20以上ある人が3人いたのと、トップが680台、2位が660台、ボーダーが620?だったので、全体的に難しいコンディションだったみたいです。

 

大会後は、プロも含めた合同練習です。今回は2ボックス9人でした。
ボックスはプロチャレとは違うところでしたので、気分一新です。

1G目 201 XXXX⑦-⑥16/62XXX9
練習ボールなしでの開始なので、投げながらのアジャストになりますが、他の方のボールの動きなどから、総じて10枚付近が異様に早い感じですが、8枚目まで出せば戻ってくる感じでした。
取り合えず、10ボードをちょっと超えたところにブレイクポイントを持ってくるようなラインで攻めてましたところ、5フレ、6フレと薄めヒットで割れた(´Д`)。
と、ここでプロから10枚目使うより、17枚目付近のほうが使えるからとのアドバイスも貰い、10ボードに届かないように少々絞ったラインに変更しました。8フレは1-2-8-10だから仕方がないですが、その後、アジャストが上手くいきました。
1G目は1位(^。^)v

2G目 246 9/XXXXXXX9/81
1G目で1位だったので、-20のハンデが付きます。
となりのボックスでスタートから連発していたので、相手が止まるのを待ちながら追走しましたが、相手は7フレで止まり、逆転を目指しますが、そこから息を吹き返して278で終了。私はと言うと、9フレで止まり、10フレ2-5残りをカバーボールが食い込んでくれず2残りで終了。マイナスハンデ付きで226。その間に、プロが266(-10ベースなので、256)を打ってきたので、2G目は3位。

3G目 219 XXXX819/X62XXX7
278の選手に-20が付き、プロは-15が加算され-35、私は-20維持。
さて、レーンが乾いてきました。裏2連発で始まり、3連発だと罰金500円と言われ、3フレはどうにか表で(笑)。でも4フレまた裏。もう1個裏が出たらまたまた罰金500円となりましたが、その後は表だけで胸を撫で下ろしました。
でも、5フレ5-8はいただけません。8フレ1-2-4-10は仕方がない。
ということで、ここも3位でした。

トータル666

いきなり4thで始まるもんだから、そのラインが悪いって思いませんよね。
でも、プロは使うラインが決まらなかったので、いろいろなラインを探っていたことで、いいラインを見つけられたことで、ナイスアドバイスをもらえました。
でも、二人してそのラインを使うもんだから、厚かったオイルも3G目では削れてしまいました。

 

あ、この日は、プロチャレのときから、新しい投げ方を更に改良して挑みました。
改良点は、3~4歩目を加速することです。イメージしたのは、ライノ・ペイジの3~4歩目です。
これで、投げるタイミングも良くなり、球速も上がり、腰への負担も少なくなりました。
まだコントロールに少々難はありますが、これからの投げ込んでいきます。

|

« これが実力でしょうね | トップページ | 超スランプだわ。 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

ライノペイジってスタスタっと小走りに前進していくイメージがあります。

そのスピードを生かして、球速を上げるということでしょうか?

投稿: たたみた | 2009.03.12 01:29

>たたみたさん
ペイジは一歩目から小走りですよね。

アプローチ途中でスピードアップするようにしたのは、タイミングを取りやすくするためと、手遅れを作るためなので、直接球速アップには繋がっていないと思います。
感覚的には、スライド足が止まってから振り下ろすように意識していますから。

投稿: りりー | 2009.03.12 12:58

私も平日練習でステップのスピードアップをしてみましたが、
球威が上がりましたし、カバーも楽になりました^^
ただ、スイングが雑になりがちでした…。

利き手とは逆の左投げでやっていることもあるので、
特に投げ込みの必要性を痛感しています。
お互い頑張りましょう!

投稿: 寡丹生 | 2009.03.13 00:28

>寡丹生さん
投げ込めば、雑さも薄らぐと思います。
じっくりと行きましょう。

投稿: りりー | 2009.03.13 12:43

大会&合同練習お疲れ様でした。
10ピンが飛ばなくなるととことん飛びませんよね。
ライノページ、投げるたびに違うリリースなんだけどポールはポケット。感覚が鋭いのでしょうね。

投稿: ラウンジ | 2009.03.13 14:49

大会ではそこそこストライクも出ているのにイージーミスが悔やまれますね。
合同練習では全て200UPといい感じで終われたようで…
お疲れ様でした。

投稿: のぶた | 2009.03.14 01:11

>ラウンジさん
10ピンだけでなく、スプリットも割れだすと止まりません(>_<)

投稿: りりー | 2009.03.14 03:03

>のぶたさん
ストライクの数が少ないんですよね~。
だから、イージーミスが命取りになっています。

投稿: りりー | 2009.03.14 03:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/44316779

この記事へのトラックバック一覧です: プロチャレ@ジャックボウル(2009.03.10):

« これが実力でしょうね | トップページ | 超スランプだわ。 »