« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ストライクチャレンジ

夜9時半過ぎ、GREE友の虎猫さんより、入電。
「今日のムーンライトは来るのかな?」

サッカーも終わっていたけど、寒かったので、ちょっと迷いました(^-^;
でも、今週日曜日はサンデーリーグはお休みだし、ストックのお菓子も減ってきたし、エンタの神様がないので、行こうかなっ?って。
持参ボールはメイン1個に絞ろうと思い、どれにしようかな~って思案し、何となくオーサムフィニッシュにすることに。
いつもは、23時40分くらいに到着するように行くんですが、待ってるって事だったので、ちょっと早めの23時ちょい過ぎに到着。
ストライクチャレンジまで、マジメに練習することに。

ということで、ノンビリと準備をし、1歩助走やとことこ助走、ちょこちょこ助走などで、ウォームアップを1ゲーム。そして、スコアを意識しての練習開始です。

1G目 247 XX9/XXXX9/XX9/
3回とも10番残りも、まだ外壁を使っていないでのものなので、外壁を探しつつ、外へアジャストして対処。

2G目 197 XX9/X⑦2XX71XX⑧1
ちょっと気を抜いてしまい、コントロールがばらついたものの、8フレで厚目に入ったので、外壁を使えていると判断し、内に2-1アジャスト。

3G目 230 X⑦1XX6/XXXXX9-
最初、ちょっと手の反しが早くなる癖が出てしまい、2フレで厚く入ってしまい3-4-7スプリット。手の返しを我慢して投げていると、5フレで超薄めヒットの1-2-4-10残りとなったので、立ち位置のみ1枚外に戻す。

4G目 197 9/9/XX9/9-XXX7-
オイルの変化がちょっと複雑化してきたが、軌道を見ながらのアジャストが出来たと思います。ただ、プラスにいけていた筈だけど、10フレ3-6-10を思いっきり内に失投。

ここで、練習は終了。
トータル871。アベ217.75。
ラインはほぼ掴めました。

ここからは、照明が落ちたので、ブラックライト下でのラインを確認するために2投し、ストライクチャレンジに突入しました。
でも、単発のストライが2つしか出ません。思った以上に戻りすぎるんです。
今考えると、暗いから、ファールを恐れて、しっかり踏込めていなかったようです。
ということで、立ち位置を1枚内に移動し、スパットは1枚外に変えてみるとビンゴ!4thが来ました。そして、次のゲームの1フレでストライクが来て、ストライクチャレンジ終了となりました。ちなみに、スペアは適当に投げていたが、スコアは212。
都合7ストライク(お菓子7つGet)となり、久しぶりにノルマをクリアできました\(^o^)/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

チャレンジリーグ第5週

金曜日、ホームのパニックボウルのチャレンジリーグ第5週に参加してきました。
リーグに先立ち、スコアは意識せず2ゲームの前練習でウォームアップ。

春休みなので、レーンが荒れているかと思ったら、そんな感じではありませんでした。
練習ボールで、手前には厚くはないがオイルがちゃんとあって、奥はしっかり切れていたので、センター落しでエッジ近くまで膨らませるラインで攻めることに。
ただ、スタートの偶数レーンがすこし入りが甘い感じです。

1G目 247 XXXX8/XXX9/X7/
案の定、偶数レーンがすぐに甘く入り始め、ストライクが続きません。ずっとラインを探しつづけてました。でも、このときは700シリーズいけるかな?なんて思っていました。

2G目 202 XX8/XXX⑧19-9/9/X
やっと合ったと思ったのに、7フレ内ミススプリット、8フレ10番カバーミスと連続オープンで台無しに(T_T)

3G目 168 X9-9/X8-⑦2XX72XXX
集中力がどんどん落ちていきました(-_-;) 2フレで又もや10番ミスして、緊張の糸はすっかり切れてしまいました。

トータル617 う~ん(ーー;)

次第に遅くなるのを感じ、立ち位置2枚スパット1枚を基準にどんどん内に移動していき、それで薄く入れば、2種類の10番対策で、比較的早い段階でストライクが戻ってきたので、アジャストは上手く行っていたと思います。
立ち位置は最初と最後で13枚移動していました。

ただ、リーグ後のフリー投球で、偶数レーンはもっと絞ったラインで攻めるのが正解だったようです。でも、リーグ中は厚く入っていったから、外に戻すのって勇気がいりますよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

練習

中遅外早の練習をしたいな~と思い、ジャックボウルに行ったわけですが、5ボックスくらいの予約があったり、マイシューズデー(300円/G)だったりで、混雑してるし(T_T)

15分くらいして、同じく空きを待っていたS氏と一緒に、練習を終えたN氏の後に入りました。

N氏からレンコンを聞くと、外は使えないってことでしたが、果たして。

1G目 192 XX9-X7/6/X9/X9/9
偶数レーンスタートで、レーンを読みながらの投球ですが、立ち位置30枚目からスパット17枚目付近を通すラインでいけそうな感じですが、奥での動きがかなり不安定です。
偶数レーンの方が若干遅めです。

2G目 195 XX⑧-9/7/⑦-X8/XXXX
15~20枚目付近はオイルがあるのは分かったので、立ち位置を33枚目付近に移動し、スパット20枚目付近を通すラインに変更しました。が、外ミスすると戻りすぎて割れました。

3G目 180 X9/XXX⑧18-9/8-X9/
偶数レーンは立ち位置30枚目スパット20枚目、奇数レーンは立ち位置27枚目スパット19枚目にして、絞って15枚目に沿わせる感じのラインに変更しました。ただ、外ミスは2枚まで許させるものの、1枚内ミスすると1番ピン正面に入ります。
それと、3G目はスペアに苦労しました。
10番方向は、遅いレーン用の10番アングルより更に内に入る必要がありました。
7番方向は、10枚目落しでカバーに行ったら、ボールが落ちた瞬間に左に進路を変え、左溝に吸い込まれていきました(゚Д゚)

4G目 201 XX⑧19-8/XX9-XXX9
偶数レーンが若干薄めに入りだしたので、1.5-1アジャスト。
でも、4フレと8フレはイージーミス。ダメだね~(-_-;)

しかし、かなりドライで、幅のないレーンに苦労しました。
特に、プラボールが落ちた瞬間に曲がりだしたのはビックリしました。

さて、明日はチャレンジリーグです。
首のコリも整体で楽になったし、小指の爪も瞬間接着剤で爪と皮膚の境目をくっつけてテーピングすれば大丈夫なことも分かったし、腰痛も随分楽になってきたし。
ただ、気がかりはレーンの稼動具合。春休みだけに、昼間の稼動が多いことが想定できますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャックボウル・プロチャレ

昨日、火曜日はジャックボウルのプロチャレでした。

でも、行くか行くまいか悩みました。
と言うのは、先週金曜日に、右手小指の爪の上から3分の1辺りにヒビが入ったんです。
そして、日曜日のサンデーリーグ後には、浮き上がるくらいまで剥がれてしまったので、切っちゃったんです。
当然、かなりの深爪状態です。
私は小指の先にタコが出来るくらいに小指でボールを押し出しているので、深爪だと、爪の先端が当たる皮膚が切れてくるんですよ。
さらに、寝違えたようで、首の右側から肩にかけて、コリが酷い状態だったんです。

でも、来週火曜日は、年度末日なので、仕事が残業になる可能性が高いため、プロチャレに行けそうもないので、無理しない程度に投げようと思い、いそいそと出かけました。
一応、小指にはぐるぐるテープを巻いてみました。

持参ボールは、日曜の夜にクリーニングしていたので、奥の切れはあるだろうと読んで、蜂さん2号とキネティックパールにしました。
前練習をしている人のボールを見てると、結構奥が切れている印象でしたので、持参ボールは正解だなっと思いましたさ。

しかし、練習ボールを投げると、なんかいや~な感じのレーンです。
というか、15枚目より外は奥が切れません。偶数レーンにその傾向を顕著に感じました。
とりあえず、キネティックパールを先発。

1G目 194 X8/9/8/9-9/9/X8/XXX
偶数レーンスタートで、最初はストライクだったものの、その後は10番が残る~。10番取りに行くと5番が残る~。奇数レーンは奥が動くようになったので、最初は厚めに入ってましたが、すぐに合わせられました。

2G目 162 X9/⑦17/9/7/X⑥-X⑧/9
相変わらず、偶数レーンは何をやっても10本のピンが飛びません。アジャストしているうちに割れるし。奇数レーンはわずかに外壁があるのでちょっと変化してもすぐにアジャストできるんですけどね。ストライクが続かないからスコアになりません。
途中で蜂さん2号に変えてみましたが、変わりませんでした。

3G目 159 9/X9/719-X9-XX9-
う゛~~~~~10番残りをカバーに行くと、ボールがピン近くになると右に曲がる~。傾いてないよ(´Д`) 押し込まれていったオイルが溜まってて、それを超えたら右に曲がって行くんですよ。5フレ7フレとピン手前で溝に落ちてしまいました。1フレのオープンも同じだったので、ピンの左側を狙えばよかったのでしょうけどね。
9フレでやっと外3枚目まで大きく膨らませるラインでストライクがきましたが、10フレで7番をミスして終了。

奇数レーン10ストライク。偶数レーン2ストライク。はぁ~~。

トータル515。ハンデ込み527。最下位。

この3ゲームはプロと同ボックスだったんですが、プロはしっかり動くボール(アライアンス)を使って、しっかりポケットに運んでましたね。
ただ、決勝は同じレーンで投げるんですが、キャリーダウンでポケットに届かなくなり、割れまくって、168まで落としてましたね。
でも、アライアンスはキャリーダウンにかなり強いですよ。

プロチャレ後、いつもなら合同練習に参加するんですが、小指の具合と首の具合が割るので、見てるだけ~にしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデーリーグ第4週

日曜日なので、サンデーリーグ第4週に参戦してきました。

練習ボールで、直前に手噴きでオイルを足したそうで、かなり早めなのに、立ち位置5枚の違いがあるくらい、左右違いのレーンでした。
オイル厚目なので、ボールはRAIDを選択。

今回の対戦相手は、H氏ハンデ25。私のハンデは3。
約2マークの差があるものの、H氏は嵌ると軽くプラスを打ってきます。

1G目 177 X9-6/X9/8/⑥-9/XX9/
出だしストライクの奇数レーンがどんどん早くなっていきました。一方偶数レーンはじわじわと遅くなっていき、アジャストしているうちに、対戦がヤバイ状態になり、自力で勝つには9フレからオールウェイが必要となりましたが、相手が10フレ1投目でスプリットになり、勝負あり。

2G目 225 X9/XXXX9-XX8/X
7フレで4番をミスってしまったが、相手もスコアが伸びずに圧勝。

3G目 162 X9/X9-⑥29/X9/⑧1X9-
2G目で使っていたラインも、偶数レーンは延び始めた、どうアジャストしても薄く入る状態に。奇数レーンでは切れるところが出来て2度もスプリットが出て自滅。9フレからオールウェイして相手待ちの状況だったが、割れてしまい万事休す。

トータルは564+9=573で勝ち、都合3ポイントゲット。

それにしても、極端に左右が違うのは厳しいです。
4人ボックス3ゲームの12ゲームで、同ボックスにはジャックボウルの主でハンデ0のT氏がいるのに、プラススコアは私の2G目とT氏の3G目の200ジャストのみでしたから。

 

リーグ後、いつもの如く、合同練習です。
今回は12名が参加。6位まで表彰です。

高速レーンが予想されたものの、あえてもう一つの持参ボールの曇らせた蜂さん2号で行くことに。

1G目 170 9-X6/X72XX638/9/X
奇数レーン(1フレレーン)が激早というより、曲がるところがないというか、どの場所からチョイ出しで投げても、殆ど戻ることがないみたいな。なので、攻める場所が見つからないまま終了。でも、運良く6位でした。

2G目は奇数レーンの攻め場所を探す事にしたため、スコア度外視。しかし、どこに投げても戻ってくる場所がないんです。
スローボールも試しましたが、球速によりピンヒット位置がバラついたので、使えません。

3G目 185 9/9-9/XX7/7/72XX7/
その奇数レーンで、最初は15枚目真っ直ぐとか使ってみるが、一直線でピンヒット。中盤からクロスのラインで行ったが、投げなれないクロスは難しいです。
スペアを拾っていく作戦に出たが、偶数レーンのオイルがガンガン乾きだし、アジャストに一苦労しました。

奇数レーンは、早いうちにクロスのラインを選んでいればよかったようです。

練習後にピンデッキ近くまで行かせて貰いましたら、奇数レーンは、ピンデッキまでオイルが伸びてました。1枚目から、1~2枚幅の60ftの縦じまのシャトルレーン状態でした。
これでは曲がらないはずです。
ヘビーオイル用のRAIDなら、もう少しまともなスコアが出せたはずですが、練習なので、敢えて蜂さん2号を使いつづけました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チャレンジリーグ第4週

いよいよ10番残りへの対処方法の実戦です。
それと、前の記事では書いていませんが、リリース時の手首の使い方を見直し、回転軸の調整をしているため、それを常に意識して投球しました。

3連休の初日と言うことで、混雑していれば中が枯れ気味の荒れ荒れ、あまり稼動してなければオイルがたっぷり、極端なコンディションを想定し、蜂さん1号とRAIDを持参しましたが、練習ボールでRAIDを選択しました。

1G目 177 9-X④4XX⑧-9/9/9/XXX
いきなり10番をミスってしまいました。思ったよりバックエンドがクリーンな状態だったようで、いつもの10番アングルに乗ったのに、ピン手前でクイッと曲がってしまいました。
さて、7フレから薄めヒットで10番や6番が残りだしましたが、これはキャリーダウンではなく、前半に踏込みができていなかったことに気付いたので、しっかり踏込みした事で、ボールが走り出したことで薄く入り、1.5-1アジャスト(立ち位置内へ1.5枚スパット内へ1枚)でも薄かったので1-1アジャスト(立ち位置内へ1枚スパット外へ1枚)で上手く行きました。

2G目 232 ⑥-8-XX8/XXXXXXX
1フレ2フレと大事に投げすぎまして、思ったより食い込んでしまいました。でも、ちゃんと投げれば、1フレでのアジャストでストライクが続きました。5フレは失投6-10残り。

3G目 190 ⑧19/X9/7/9/9/XX9/7
又もや1フレ(-_-;) 内ミスして4-6。その後、キャリーダウンが起こり、ここも1.5-1アジャストでもまだ薄く1-1アジャストで上手く行きました。
が、10フレ3投目、余裕でプラスって思って、楽に投げてしまったら、まさかの7本となり、トータルでマイナス1となってしまいました_| ̄|○

トータル599

久しぶりに、納得できるスコアになりました。
10番アジャストも機能しています。

ちなみに、使ったラインは、22枚落しのスパット12枚通しに始まり、26枚落しのスパット14枚目通しで、BPは3枚目付近に置きました。
リーグ後のフリー投球練習で、スピードをもう少し上げれば、21枚落しのスパット12枚目通しでも、21枚落しのスパット15枚目通しでも、いけることが確認できました。

 

リーグ後に、3ゲームの練習をしました。
スコアは意識せず、スピードを上げての投球練習です。
ただ、3G目だけスコアを出しに行こうと思ったのですが、ここから左隣に団体さんが入り、奇数レーンで投げるとき、団体さん各自の投球タイミングを計りながらの投球となったため、集中ができず、2フレ4フレとオープンにしてしまいました。
その後は纏めることができ、ギリギリの201でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昼練

今日は、朝起きた時に酷く調子が悪かったため、有休を取りまして(仕事もひと段落していたこともありますが・・・)、昼過ぎには体調も戻ったので、久しぶりに昼練に行って来ました。
もちろん、10番残りへの対処がちゃんとできるかを試すことも忘れていません。

パニックボウルは昨日行ったので、今日はジャックボウル。
持参ボールは、久しく使っていないという理由からプレミアムNVを持ち出しました。

まず、ウォーミングアップで1ゲーム投げ、投げ方を思い出しつつ、更にもう1ゲーム。
ただ、途中から、ちょっと腰に疲れを感じたので、ほぐしながらのウォーミングアップになりました。

さて、スコアアタックの開始です。

1G目 190 XX⑧1X9-9/X⑧-XXXX
3フレは内ミスしての5-7、5フレ10番残りも1.5-1アジャストで7フレ以降完璧。6フレも10番残りだったが、8フレ1.5-1アジャストしたら、薄すぎて2-10残り。基本ラインが外のドライゾーンまで送り出せていなかった様で、スパットを1枚外に変えたらパンチアウト終了。

2G目 226 8/9/9/X9/XXX9/XX9
1フレは失投ですが、その後はキャリーダウンによる薄めヒット残り。比較的はやくアジャストできました。

3G目 211 XX9-9/8/9/9/9/XXX9
3フレは10番ミス。再びキャリーダウンにより薄めヒットが始まりましたので、2度目のアジャスト、基本から1枚内に立ち、スパット1枚外へ。でも、これでも薄く入ったので、立ち位置は基本位置、スパットはそのままにアジャスト。

4G目 205 7/9-XX9/9/X9/9/XXX
ちょっと厚く入ったり薄く入ったりと動きが不安定になってきました。キャリーダウンとは違う動きと思われたので、ラインアジャストはせず、原因を探りながら投げつづけ、後半やっと原因が分かりました。いつのまにか楽投げしていたようです。7フレからしっかり前に投げて、8フレ内ミス10番、9フレジャスト9だったが、ギリギリプラス。

10番タップ後のアジャストは、これで何とかなりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

10ピンが飛ばなくなったときの対処方法

火曜日は、いつもならジャックボウルのプロチャレに行くんですが、今日は10ピンが飛ばなくなったときの対処方法を見つけたいと思い、パニックボウルの練習に行くことにしました。
それと、蜂さん2号を持っていったんですが、ピン飛びが固いので、試しに曇らせてみることも合わせてやってみました。
当然、顕著にオイル変化を感じるために、ヨーロッパでの投球です。

まず、ウォーミングアップを兼ねて、1歩助走での練習ゲームですが、前半はポリッシュの蜂さん2号でのピン飛びをじっくり観察。
後半は蜂さん2号を1000番で曇らせてピン飛びを観察。
ポリッシュに比べると、接触面が減ったことで、当たりがすこし柔らかくなり、ピンを良く回しているように感じました。少しはピンが暴れるような感じになりましたね。

次の2ゲーム目は、ライン探しとキャリーダウンを発生させるゲームとし、立ち位置16枚目で落し11枚、スパット6枚目でちょうどいいのが確認できました。これを基本ラインとします。
そして、徐々に10番が残ったり、危うい飛び方をするようになってきましたが、アジャストはせず、投げつづけました。

十分にキャリーダウンが起きたと思えたので、3ゲーム目以降で、いよいよアジャスト開始です。
まず、立ち位置を半歩前にして投げると、ジャストストライク。確認のためにもう1球投げると10番残りとなり、微妙な球質の違いがキャリーダウンの餌食になりました。
その後も、ベースラインを基本に、ラインを変えて2投づつを繰り返します。
立ち位置半歩後ろ、ラインを外に1枚平行移動、立ち位置1枚外スパット変えず、立ち位置1枚内スパット変えず。

4ゲーム目に入って、立ち位置1枚内スパット半内、立ち位置半枚内スパット半枚外...
そして、これまでの結果をじっくり考え、立ち位置1.5枚内スパット1枚内で投げてみると、これがビンゴ!
少々内ミスしてもオイルに助けられるし、少々外ミスしても戻ってくるし、回転軸が少々狂っても、球速が少々違ってもOKで、6連発が出て、このゲーム246。

しかし、5ゲーム目に入り、このラインもキャリーダウンが発生し始めたので、再びアジャストを開始しましたが、この答えがなかなか見つかりませんで、6ゲーム目にも入りました。
詳細は省きますが、結果は、基本ラインから立ち位置1枚外、スパット1枚外にアジャストでした。
実はダブルは出ませんでしたが、揺れた9番残りを挟んでのX9/Xがあったので、このアジャストで正解だと思います。

纏めると、ジャストのラインで10番が飛ばなくなったら(飛びが怪しくなったら)、立ち位置1.5枚内スパット1枚内にアジャスト。これで更に10番が飛ばなくなったら、基本ラインから立ち位置1枚外、スパット1枚外にアジャスト。
それから先は確かめてませんが、外ミスを捨てて攻めるラインを探すのが良いかと思います。

ただし、このアジャストは、外にしっかり戻ってくるドライゾーンがあることが前提になります。外に戻ってくるところがないと使えません。

いい練習になりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Jack Bowl Cup

日曜日は、第3回Jack Bowl Cupでした。

第1回は46位、第2回は13位と来ていたので、そろそろ入賞圏内(7位)までに入りたいな~と思いたいところですが、このところの新しい投げ方に変えている途中でのスランプのため、ボロボロにならない程度の結果でればいいな~くらいの気持ちで挑みました。

2ゲームごとレーン移動の6ゲーム戦で、プロも4名参加しました。

まず21-22レーンに入りました。今回は山本翔太Pとずっと一緒に移動します。

1G目 191 9/9-8/⑦29/XXXX9-
練習ボールで美味しそうなラインは確認できましたが、レーンは左右で全く違います。
午前中に子供会の貸切があったレーンで、蜘蛛の巣のようにオイルのバラツキが激しいレーンでした。RAIDを使用。
ゲームが始まった最初の1投目で10番残り。アジャストを繰り返し、やっとこさ4thでつながり、プラスが見えてきたところで、10フレ2投目で6番をミス。ガッカリ。

2G目 174 8/XX9/⑤2⑦2XX72X⑦2
切れ始めて厚く入るようになり、4フレでは入りが甘くなり10番。アジャストすると厚く入りすぎてスプリット2連発。まだ取り返せると諦めずダブルを持ってくるが、9フレストライクが止まりマイナス確定。で痛恨の3-6-10をミスして万事休す。

レーン移動して、5-6レーン。以前は魔の5-6と言われたが、私は苦手意識は持っていません。

3G目 195 729/9/8/X9/9/X9/XXX
練習ボールなしで、ラインを捜しながらのゲームでしたが、1フレでまたもや3-6-10をミスしたのが最後に響きました。ここは、左は全体的に奥が切れる感じ、右は10枚目付近だけが妙に早い感じでした。キネティックパールを使用。

4G目 179 9-9-9/X8/9/7/XX⑥/9
いきなり2連続のイージーミスでガッカリ。持ち直そうにも、左右の違いに戸惑いだしたので、途中から左は蜂さん1号、右はキネティックパールと、ボールを変えていきました。
結果的には、可もなく不可もなく。

レーン移動して、11-12レーン。

5G目 171 X8/XX⑧-⑦2⑦28/X9/9
前半の感じでは今までで一番落ち着いたレーンの印象がありました。しかし、5フレから微妙にキレが出始めての3連続のスプリットが全てです。蜂さん1号を使用。

6G目 187 6/9/7/X8/6/9/7/X9/9
おお、唯一のノーミスゲームになりました。ストライクが2つしかないけど_| ̄|○
正直、早く終わって欲しいって感じでした。1投ごとにボールの動きが違いましたし。

トータル1097

48人中30位。飛び賞に入り、金券3千円分Getできました。
参加費4700円だったので、このバックは大きいです。
ちなみに、優勝はシニアハンデ混みで1300チョイでした。

 

大会後、いつもの如く合同練習。かなり疲れてたし、腹も減ってましたが...

1G目 193 9-XX8/X⑧19-⑧/XXX9
RAIDを使用。中目に残ったオイルゾーンを使い、インサイドから中目をチョイ出すラインを使用。イージーミスが2回と3-10ミスが痛い。惜しくも3位。

2G目 225 XXXXX8/X819/X⑦2
6フレで厚めに入り出す。8フレ6-10をミスしたが、2位。

3G目 177 8/9/9/9/XX6/⑦28/9-
どうアジャストしても7,9,10が残り、さすがに意気消沈。下のほうの順位。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スランプは練習あるのみ

ということで、ラインをイメージすることに重点を置いた練習をしてきました。
ただ、スコアを意識しないように、カバーボールは持っていきませんでした。
持参ボールは、昨日のリーグでは使わなかった、しっかりと動くRAIDとオーサムフィニッシュにしました。

まずは、先週変わったオイルパターンを、オーサムフィニッシュで確認で1ゲーム。
5枚目と10枚目をスローボールで真っ直ぐ、次いでスパット5枚目と10枚目を通すチョイ出しのライン、次いでスパット10枚目と15枚目を通すしっかりと膨らますライン。
その結果、イメージできたオイルパターンは、7~8枚目より外は20ftくらい、そこから内は38ftくらい、PBAのバイパーパターンみたいなイメージです。

2ゲーム目では、ボールをRAIDに変えて、イメージしたオイルパターンから、20枚目落しでスパット12枚目付近を通すラインで厚目ヒットの6-10残り。
2フレは23枚目落しでスパット14枚目通しでチョイ薄めの7-10残り。
3フレは24枚目落しでスパット14枚目通しでジャスト。
そこから8thと続きますが、内外1枚分幅がありました。
スコアを意識していないのですが、244が出ちゃいました。

3ゲーム目も同じラインで始め、ターキースタート。4フレ挟んで、ダブル。
そして、7フレはキャリーダウンの影響で10番残り。
8フレは落しを1枚外の23枚目にすると、厚目ヒットの6残り。
9フレは落し23枚目、スパットも15枚目にすると厚目ヒットの9残り。
10フレは落しを24枚目に戻すと、チョイ薄めの4残り。

その後、4ゲーム目もアジャストを繰り返すが、ここ!というラインが見つかりませんでした。
そのまま、4ゲーム途中から土曜深夜のストライクチャレンジに突入しましたが、ラインが見つかっていない状態ではストライクは望めませんで、5ゲームの途中までで、ノルマを果せず、お菓子4個ゲットで終わりました。

この練習で分かったことは、致命的なことでした。
今更ですが、今の投げ方、球質で、キャリーダウンで10番が飛ばなくなったときの対処方法がきていないんです。
基本と言われる、立ち位置を外にする、スピードを落とす、立ち位置を後ろにするなど、どれも試しましたが、どれもしっくりこないんですよ。

どうすればいいんだろう?
スパットを半枚内にすると言う手もあるのかな?
まあ、色々試してみるしかないですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

超スランプだわ。

打てん!兎に角、打てん。

具体的には、ラインが頭の中にイメージできないんです。
ボールが動く場所はしっかり理解していますし、じゃあこう動こうってアジャストしてます。
でも、ラインがイメージできないんです。
だから、狙うスパットは分かっているのに、どこに投げればいいんだろう?って思いながら投げているんです。

金曜は、パニックボウルのチャレンジリーグでした。

1G目 184 81XXX9/⑦1X⑤1XX9/
2G目 148 8/⑧1⑧-9-XX9-X8/⑧1
3G目 126 ⑦-8/727/X⑧19/528/⑥1

トータル458

そんな訳で、残業練習したわけですが、改造中の投げ方を忘れていたことに気付きました。
といっても、ラインイメージが浮かばない状況に変わりなく、少しはピンが飛ぶようになったものの、133、161、179、185、202、160、147と散々な結果に。
残業3G目から、ボールをリーグで使ったキネティックパールから蜂さん2号に変えています。
唯一の200UPのゲームも、スプリットに始まり、3-6-9が3回もあり、最後もスプリットに終わっているので、誉められた内容じゃないです。

15日はジャックボウルカップ(2ゲームごとレーン移動の6ゲーム戦で、プロも数人参加する、ジャックボウルのビッグな大会です)だというのに...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロチャレ@ジャックボウル(2009.03.10)

昨日はジャックボウルの牛久プロチャレでした。

レーン抽選で入ったボックスは、誰も避けたいと思っていた、右隣の4レーンに16人の学生集団というボックス。
でも、騒ぐ団体の横でも、そうは気にならないので、団体のタイミングを計りながらの投球となりました。

練習ボールで、全体的に遅めだが、一方のレーンは先伸びがあり、もう一方は奥がより切れていることが分かりました。使用ボールは蜂さん2号。

1G目 175 XXX719/9/729/819/X
ターキースタートしたものの、その後が良くないです。1本残りは確実にカバーできているのに、複数ピン残りは全滅。カバーボールでも切れているレーンはかなり動いてしまい、伸びているレーンは全く動かないので、カバーラインで勘違いをしてしまいました。

2G目 211 XX⑧1XX8/9/XX8/X
今度はダブルスタートも、3フレで4-10スプリット。でも、その後はカバーラインも勘違いすることなく、纏めることができました。

3G目 175 X9-9/9/X9-9/X9/X9/
なんだか、10本ピンが飛びません。ヨッシャと思っても8,9,10が残ります。蜂さん2号はそんなにピン飛びがいいボールじゃないので、ピンを引っ掻き回してくれないというのもありますけどね。そんな中で、10番を2回もミスってはいけませんね。

トータル561 ハンデ4×3G込みで、16位くらい/24人中でした。

決勝5名に残ったのは、ハンデは20以上ある人が3人いたのと、トップが680台、2位が660台、ボーダーが620?だったので、全体的に難しいコンディションだったみたいです。

 

大会後は、プロも含めた合同練習です。今回は2ボックス9人でした。
ボックスはプロチャレとは違うところでしたので、気分一新です。

1G目 201 XXXX⑦-⑥16/62XXX9
練習ボールなしでの開始なので、投げながらのアジャストになりますが、他の方のボールの動きなどから、総じて10枚付近が異様に早い感じですが、8枚目まで出せば戻ってくる感じでした。
取り合えず、10ボードをちょっと超えたところにブレイクポイントを持ってくるようなラインで攻めてましたところ、5フレ、6フレと薄めヒットで割れた(´Д`)。
と、ここでプロから10枚目使うより、17枚目付近のほうが使えるからとのアドバイスも貰い、10ボードに届かないように少々絞ったラインに変更しました。8フレは1-2-8-10だから仕方がないですが、その後、アジャストが上手くいきました。
1G目は1位(^。^)v

2G目 246 9/XXXXXXX9/81
1G目で1位だったので、-20のハンデが付きます。
となりのボックスでスタートから連発していたので、相手が止まるのを待ちながら追走しましたが、相手は7フレで止まり、逆転を目指しますが、そこから息を吹き返して278で終了。私はと言うと、9フレで止まり、10フレ2-5残りをカバーボールが食い込んでくれず2残りで終了。マイナスハンデ付きで226。その間に、プロが266(-10ベースなので、256)を打ってきたので、2G目は3位。

3G目 219 XXXX819/X62XXX7
278の選手に-20が付き、プロは-15が加算され-35、私は-20維持。
さて、レーンが乾いてきました。裏2連発で始まり、3連発だと罰金500円と言われ、3フレはどうにか表で(笑)。でも4フレまた裏。もう1個裏が出たらまたまた罰金500円となりましたが、その後は表だけで胸を撫で下ろしました。
でも、5フレ5-8はいただけません。8フレ1-2-4-10は仕方がない。
ということで、ここも3位でした。

トータル666

いきなり4thで始まるもんだから、そのラインが悪いって思いませんよね。
でも、プロは使うラインが決まらなかったので、いろいろなラインを探っていたことで、いいラインを見つけられたことで、ナイスアドバイスをもらえました。
でも、二人してそのラインを使うもんだから、厚かったオイルも3G目では削れてしまいました。

 

あ、この日は、プロチャレのときから、新しい投げ方を更に改良して挑みました。
改良点は、3~4歩目を加速することです。イメージしたのは、ライノ・ペイジの3~4歩目です。
これで、投げるタイミングも良くなり、球速も上がり、腰への負担も少なくなりました。
まだコントロールに少々難はありますが、これからの投げ込んでいきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

これが実力でしょうね

日曜日、ジャックボウルのサンデーリーグ、第2週でした。

今週の対戦相手は、Oインストラクターで、ハンデは18。
私は3。
Oインストラクターは、ここ数ヶ月の成績は私と大して変わらないのに、リーグのハンデは過去の蓄積で決められるので、このハンデ差は絶望的と思えました。
スクラッチで220は打たないと勝てないと思われました。

さて、練習ボールを投げてみると、一方のレーンはかなりドライな状態で、他方はかなりキャリーダウンが起こっていて、先の動きが少ない感じでしたが、ドライ側を基準に蜂さん1号を投入して、中目を絞り気味のラインで攻めることに。

1G目 185 X⑧-9/716/XX63XXXX
4フレ1-2-4残りもカバーボールが全く動いてくれず一直線でした。8フレ1-2-8-10の10残り。
相手は200チョイ打ち負け。

2G目 166 ⑤4X9/8-9/81XXX⑧-
オイルの先伸びが早く、立ち位置を外に動きながら、どんどん絞ったラインにアジャストするが、薄めにしか入らず、その上、右側の残りピンでイージーミスを繰り返してしまいます。
7フレで、思い切ってキネティックパールにボールチャンジし、立ち位置30枚目付近からスパット20枚目付近を使うラインに変更。そうしたら、このラインに中のオイルがしっかり感じられました。
もっと早く気付いていればと思うが、投げてない場所だから気付かないってば。
相手は180台で打ち負け。

3G目 210 7/XXXX⑧-9/9/7/X9/
トータルでの勝ち目はないので、せめて1ゲームだけでと思い、気を引き締めました。
が、6フレで気持ち厚目の6-7、7フレ8フレはジャストの10番、9フレは外ミスし1-2-4。
10フレでパンチアウトすれば自力で1勝できる状況になりました。しかし、2投目ジャストと思ったら7番が揺れました_| ̄|○
相手は200チョイで負け。

トータル561、ハンデ込みで570となり、トータルでも当然負け。

同レベルの対戦でハンデ差15は、さすがに厳しすぎました。

あ、先週の対戦は、相手の後付ハンデは9だったので、3ポイントGetでした。
でも、今週は0。う~ん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりにストライクチャレンジ

いつ以来か忘れましたが、パニックボウルのムーンライトストライクチャレンジで投げてきました。

23時45分にセンター入りし、ライン探りを行い、ストチャレに突入しました。

しかーし、暗くなった途端に投球タイミングが狂い始めて、違和感を感じながら投げるもんだから、ピンが10本飛んでくれません。
そうこうしているうちに、アプローチを途中で止めることが何度も起こるようになりました。
暗いのと、時間が限られていることで、投げ急いでしまったわけです。
まだ、新フォームが体に馴染んでいないという証拠です。

それでも何とか、ノルマに1個足りないですが、お菓子4箱ゲットできました。
暗くなる前に、内外1枚の幅がある美味しいラインを見つけていたのに、残念な結果でした。

このままじゃまずいと思い、ストチャレが終わったら帰る予定を変更して、タイミングの調整のために居残りして、何とか戻すことができました(^▽^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

チャレンジリーグ第2週

ジャンプアップリーグ改め、チャレンジリーグ第2週でした。

レーンは、夕方、予約が一杯入ってみたみたいで、結構先伸びしていました。

1G目 150 9-9/X8/9/5/⑧-8/⑥-9/9
蜂さん2号を先発させ、10枚目を膨らませるラインで攻めようと思っていたのに、体の動きが硬く、内ミスや外ミスをを多発してしまいました。なので、8フレから、少しは大きく食い込むことで誤魔化しの効くキネティックパールにボールチェンジ。

2G目 180 X9/XX9-X9/X9/⑥1
5フレ10番をミス。10フレはビッグ4。やっとコントロールが落ち着いてきましたが、一方のレーンだけ先伸びしたオイルに乗り、4番か10番が飛んでくれませんでした。

3G目 219 9/XXXXXX⑥19-X9/
やっとキレが出始めて、ボールの押し出しを強く意識し投げることでストライクが続きだし、このまま最後まで行ける手ごたえを感じつつ投げていました。
が、8フレは失投ではないのに急に食い込みが厚くなり3-4-7-10スプリット。9フレはアンラッキーな7番残りをミス。

トータル549

リーグ前にサクッと1ゲームの練習をしたのですが、それではまだ体が動き出してくれませんでした。
投げ方を変更中で、すぐに体が投げ方を思い出さないとは言え、なんと始動が遅い体なんでしょう(T_T)
リーグ後のフリー投球では、再び蜂さん2号を引っ張り出して投げていると、6枚目チョイ出しでガンガンストライクが来るんですよね~。

と言うことで?リーグ仲間のS君と一緒に、残業しました。
選んだボックスは、S君がリーグで投げたボックスだったのですが、リーグ中にプラスゲームが1個だけということで、難しいと言ってましたが...

1G目 236 9/XX8/X⑧/XXXX9-
蜂さん2号で6枚目チョイ出しのラインで。最後に10番ミス(^_^;)

2G目 235 ⑦2XX9/9/XXXXX9-
キネティックパールで、10枚目を膨らませるラインで。最後にまたもや10番ミス(^▽^;)

3G目 201 XXX72XX8/X9-8/X
このまま230台以上を狙っても良かったのですが、それじゃ面白くないので、奇数フレームはキネティックパール、偶数フレームは蜂さん2号で。
4フレ右ワッシャーを3番チョップ。9フレ10番。

ここまででプラス72でした。
4G目以降はスコアを出すことは意識せず、ちょっと遊んでしまいました。
4G目はカバーボールのみで190。球速を落としつつも回転は落とさずに投げて曲がりを出し、10枚目チョイ出しくらいのラインで。でも、後半はスピードを出し、5枚目付近からややクロス気味に。
5G目はハウスボールでなげたものの、指に巻いたテープもだいぶん擦れていた為、指への乗りが悪く、あっち行ったりこっち行ったりで、ちょうど100点(笑)

体が十分に暖まる前でも、ボールを押し出すことができれば、結果は付いてくると思うので、もっと投げ込んで改造中のフォームを体に馴染ませていかないといけません。
それと、立ち位置は、昨日の夜練より、さらに半歩前(前後にあるアプローチドットの中間)にセットして投げました。
スパットが近くに見えていいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夜練

パニックボウルのドリンク杯に出ようと思ったんですが、忙しくて間に合わないので、夜練に行きました。

目的は、変更中の投げ方を身につけることです。

そこで、持っていったボールは、敢えてしっかり動くRAIDにしました。

最初は、ウォーミングアップを兼ねて軽く1ゲーム消化。

その後4ゲーム投げたわけですが、スコアは少しは意識しつつも、投げ方に意識の多くを持って行ってました。

203、157、159、237

最初のゲーム 9/XX9/X8-9/XX9/9 203
6フレで3-6をミスっただけで、そこそこちゃんと投げられてました。

2ゲーム目 X9/X8/9-9/9/⑥2X⑦1 157
前半はちゃんと投げられていたのに、中盤以降はオイル変化に気をとられて、しっかりボールを押し出すことを忘れてしまいました。

3ゲーム目 G-9/⑧-X81X⑦1XXX9/ 159
1フレは思いっきりエッジまで出してみようと思っただけです。前半は前のゲームを引きづった感じでしたが、後半に入り、しっかりボールを押し出すことを思い出しました。

最後のゲーム XXX⑤37/XXXXXX⑥ 233
最初からしっかりボールを押し出しての投球ができました。ただ、4フレと6フレは大きく内ミスして、ビッグ5と右ワッシャー。10フレ3投目のビッグ4も内ミスしてのビッグ4。

 

ゆっくりアプローチして、しっかり押し出す。
これができれば、少々腕の返りが早かろうが、少々スパットミスしようが、ピンが飛んでくれました。アジャストも、途中で立ち位置を板目1/4だけ内に移動しただけでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2月の纏め

と行きたいところですが、2月は酷い腰痛のため、スコアを意識するレベルの投球はできませんでした。
なので、大会と練習で51ゲーム、186前後のアベに収まりました。

でも、中旬から大人しくしていたお陰で、腰痛の原因であった、硬くなっていた背中の筋肉も随分とほぐれてきましたので、3月は少しはマシになると思います。

それと、投げ方を変え始めました。
2年程前に、C-BIC熊谷でのオフで、保倉Pから球速を上げるためにアプローチスピードを上げたほうがいいと助言があり、それを意識してアプローチタイミングを修正しました。
それが、先日のジャックボウルのプロアマ交流戦のワンポイントレッスンで、山本翔太Pから、歩幅を狭めて、手遅れで投げたほうがいいということで、投げてみると、腰への負担が軽く、球威は大きく変わらないことが分かりました。

なので、今は、立ち位置を2歩分くらい前にして歩幅を小さくして、スライドも短くして、スライドが止まってから投げるように変えていこうと思っています。
ある程度できるようになったと思えたら、動画でも撮ってみようかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日曜2連戦

日曜日は、パニックボウルでのプロチャレと、ジャックボウルのサンデーリーグ第1週に参加しました。
プロチャレの参加プロは、岡部プロ、市原プロ、山下プロ、谷川プロ、吉田プロの5名です。

まずは、パニックボウルのプロチャレですが、センターに着いたら参加者名簿に名前がない(゚Д゚)
聞くと、バイトのスタッフに伝えていた参加表明が、責任者に伝わっていなかった模様で、急遽スタッフ枠と入替えて参加できることになりました。
でも、結果的にキャンセルが出たため、外されたスタッフも参加できることになって良かった良かった。

で、練習ボール前の、プロの練習ボールを見て、長めにオイルが入っているのかな?と思って、とりあえずRAIDを投げてみると、結構切れる感じだったので、速攻で蜂さん1号にチェンジ。
プロは1G毎移動で、アマはレーン移動なしの4G戦です。

1G目 200 XXXX④-9-XX9/X9/
同ボックスに山下昌吾プロが入りました。山下プロは本当にナイスガイって感じです。
5フレは3-4-6-7-9-10で狙いすぎて溝落ち。6フレは10番。いい感じのスタートを切れたのに、この2つのオープンで自滅した感じです。

2G目 190 XF9XX8/XXX⑦2⑦2
となりのボックスに谷川章子プロが入りました。いつ見ても美人です。
またFをやってしまいました。アプローチで投げ急いだ感じでした。はぁ~(´Д`)
さらに4-6-7のダブルで終了。はぁ~(´Д`)

3G目 196 X9/X72X9/9/XX9/X
となりのボックスに吉田真由美プロが入りました。いつもニコニコしています。
4フレは3-6-10の3チョップ。あー勿体無い。

4G目 172 ⑧1XX⑥2X⑧/⑦28/XX⑥3
同ボックスに市原竜太プロが入りました。あわやパーフェクトというスコアを出しました。
3G後半から幾分遅く感じてきたが、出し戻しのラインを選ぶと戻りきれないので、蜂さん1号に見切りをつけてキネティックパールを投入しました。
しかし、今度は厚く入りすぎて、アジャストしきれないまま終了。
1フレ7-10、4フレ3-4-6-7、7フレ4-6-7、10フレ2-4-8-10。

トータル758 アベ189
90人中44位。参加賞のチーズケーキのみ。抽選にも引っ掛からず(くじ運ねぇ~~)

なんだかな~。まだ投球変更が完成形になっていないし、身にも付いていないので、この結果でも仕方がないですが、イージーミスとFで、それぞれ10点損しているのが痛いですね。

 

続いて、ジャックボウルに移動して、サンデーリーグに参戦です。
このリーグは、直接対戦により3ゲーム戦で、各ゲームで勝てば1ポイントずつ、更にトータルで1ポイントの、1日4ポイントを奪い合います。
初戦の相手は、急成長中で非常に上手いK氏ですが、リーグ初参戦ですので、後付ハンデとなります。私のハンデは3(過去のリーグ結果の200ベースの100%)。

それにしても、さすがに腰と背中に疲労が溜まっていましたが、自分で背中をマッサージして、少しは楽になりました。

練習ボールで蜂さん1号を投入してみますが、あまりに曲がらないので、キネティックパールに変更すると、今度は少々曲がりすぎます。
そこで、スイングスピードを上げて、ボールをしっかり走らせてみると、中目を少し膨らますラインでいけそうな感じでした。

1G目 204 8/817/XXXX9/X9-
2フレで2-5を2チョップ。10フレで3番ミス。でも、4thの貯金で何とかプラス。

2G目 211 XX9/9/⑥/XX9/9/9/X
⑥は3-4-6-7。いつもはガンガン伸びていくものの、今日はすぐに遅くなっていったので、次々と内に入っていきました。

3G目 196 XX9/5371XXX9/9/8
4フレ1-2-4-6-10と5フレ3-6-10をミス。この2フレはボールの後をしっかり押せず、置きに行く感じでの投球となり、曲がりすぎました。
結局、立ち位置がスタート時26枚目だったのが、最後は33枚目にまで動きました。ターゲットスパットも12枚目から15枚目まで動きました。

トータル611 ハンデ込み620

相手のハンデは逆算で10前後になると思われ、ポイントの行方はまだ分かりませんが、多分2Gとトータルは私で、1G目と3G目が相手のポイントになると思います。

さて、腰の状態ですが、スイングスピードを上げてみると、腰や背中への負担が少なく、球威も上がるので、ピンが良く飛んでくれのは収穫でした。これは採用ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

パニクボウル:チャレンジリーグ第1週

パニックボウルの金曜日のリーグが、チャレンジリーグという名称に変わり、第1週でした。

アプローチタイミングの変更を始めたばかりなので、それを思い出すために前練習をしたのですが、タイミングが掴めないままリーグに突入することに。
ボールは、キネティックパールを使用。

リーグが始まると、その悪いタイミングのままラインアジャストをするもんだから、ちょっとタイミングが狂うと狙ったラインと違うところに行ってしまい、タイミングの調整を試みながらレーン変化も見ないといけないから、スコアどころじゃありゃしませんでした。

1G目 180 X8/XXF78/9-XG/XX8
5mmくらいファールラインを超えてしまったところからも、タイミングが掴めていないことが分かろうかと思います。

2G目 199 7/9/8/⑥18/9/X9/XXXX
最後4thなんですけど、タイミングは合っていません。ちょっとオイルが助けてくれるラインに乗っただけです。⑥はBIG4。

3G目 166 XX9-9/5/9/8-72X8/X
助けてくれるラインも2フレまで。なんかもうバラバラなままでお終わりました。

トータル545

このままでは、日曜日のパニックボウルのプロチャレでもボロボロになるのが目に見えているので、じっくりとタイミングを取りながらの残業をしました。

 

まず、1ゲーム。うまくタイミングを取るための方法を模索してみました。
それで見つけた投げやすいタイミングは、アプローチに立った時にちょっと膝を曲げて、アプローチはゆっくりと歩幅も最小にして、4歩目の踏込みをしっかりするものの、スライド量は以前より減らし、ボールが落ちてくるのを待ってリリースするというものです。
文章にすると難しいなぁ~。

と言うことで、このタイミングに慣れるために、スコアを意識しながらの投球に移行しました。
X9/X9/X9/XXXX81 227
 リーグのレーンをそのまま使いました。
X⑧/9/X81X9/XX9/9 195
 5フレはカバーボールを使わなかったため曲がりすぎた。
XG9XX9-639/62XX8/ 166
 ここから急成長中のS君と一緒に投げることに。ただ、15分くらい休んだので体が冷えちゃった。
9/X⑦-⑧/9/X⑥3XX9/X 180
 ボールを蜂さん1号に変えてみました。⑥は又もやBIG4。
XX9/XXXX9-XX8/ 234
 ボールをキネティックパールに戻してみました。ミスは6番。
XXX7/8/⑧-XXXX⑧1 228
 最初の⑧は7-10。2つ目は7-9。

随分と慣れてきました。
日曜日にも、投げ急がず、かつ、しっかりリリースできれば、結果は着いてくると思います。

ちなみに、プロチャレの参加プロは、
岡部直治プロ、市原竜太プロ、山下昌吾プロ、吉田真由美プロ、谷川章子プロ
です。
吉田プロ以外は過去にもご一緒していますので、今回は吉田プロが目当てです(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »