« 昨日の練習 | トップページ | 壊れているレーン »

職安に行った帰りにボウリングへ

ユーズボールの10Gパック。

持参ボールはジェット。
でも、このボール、今日は扱いにくかった。

いつもどおりに投げると、ちょっとオイルが厚いところやキャリーダウンしているところを通れば突き抜けるし、ドライゾーンでクイッと急に向きを変えちゃうし、ピン飛びもあまり良くないし。

それで、パックの終わり頃に、極端に縦の回転を多めにして、手前からオイルの薄いところを通して極力オイルが少ないゾーンを通してあげたら、とってもいい感触だったんです。
バックエンドで暴れることなく、かと言ってロールアウトすることもないし、ピンアクションもずっといいんです。

でも、そういう投げ方は滅多にしないから、コントロールが付かないのなんのって。
それに、オイルの濃淡がはっきりあるレーンなので、オイルが薄めになっているゾーンがとても狭くて大変でした。

と言うことで、スコアどころじゃなく、このじゃじゃ馬を御するだけで精一杯の10Gでした。

|

« 昨日の練習 | トップページ | 壊れているレーン »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

以前から思ってますが、回転を意図的にほぼ自在に
変えられるところが凄いですよね。
私の場合、フォームが崩れるのが怖くてできないですよ(汗

とはいえ、引き出しが多いに越したことはないと思うので、
今はリリース以外のフォームの安定に力を注ぎますが、
10年後位に2、3種類の回転のかけ方が自在にできるように
なればいいなぁとは思います^^;

投稿: 寡丹生 | 2009.12.13 17:34

>寡丹生さん
変えると言っても、わずかに意識を変えるだけですよ。
リリース時の手のひらの向きを気持ちオープンにしたり、クローズしたり、手首を意識してブロークンするとか。

投稿: りりー | 2009.12.14 03:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日の練習 | トップページ | 壊れているレーン »