« 第1回優勝 | トップページ | マイ桜、まだ固い蕾です。 »

楽市ボウルの今のコンディションはびっくりするくらいに難しすぎる

  日曜の夕方、ちょっと時間が取れたので、楽市ボウルへ行ってきました。
というか、鳥栖にあるセンターに行ったら2時間待ちということだったので、諦めてそちらに行ったんですけどね。

で、センターに着くと人がいっぱい。
でも、会員用に2ボックスだけ確保されていましたので、1ボックス一人で、5ゲームパック(\1500)を投げてきました。(隣には最後まで誰もこなかった。)

で、軽めにインサイドから何球か投げてみると、ボールの動きに違和感が。
内に投げると裏に行き、外に投げると突き抜ける。
外早中遅か?と思い、今度は中目から膨らますと、ポケットを突けた。
今度は外に出すと手前で噛んで裏に行った(゚Д゚)
幅を絞るとピン手前でグイっと動いて裏に。
と、そうこうしていとき、ふと後ろを振り返り、オイルパターンを見ると、
げげっ、フラットの激むずパターンになってる∑(゚ロ゚〃)
P10401581

これは困ったと、頭を抱えてしまいました。
と言うのも、このパターンは、前後左右にオイルの濃淡がないため、俗に言うオイルの壁が存在しない、非常に難しいパターンなのです。
ラインミスは許されず、回転軸、球速のミスも許されません。
正確には、3枚目に濃淡が作ってあって、そこを使うのが唯一の解なので、アウトサイドから実際にそこに投げて見ると、スパットに届く手前から噛んだので、そこは使えません。
それまでに投げた方が手前を削って、オイルを奥に伸ばしたのではないかと思います。
そうこうしているうちに、準備運動の1ゲームが終わりました。

さて、どう投げようか、困りました。
とにかく、キャリーダウンをどう使うかに頭を悩ませ、スコア出しに突入。
かなりの集中力が求められますが、会員用のレーンが1階からのエスカレーターの上がったところに隣接したところに設定してあり、通行人がガラス越しに覗くんです。だいたい、スパットからレーン中ほど辺りで。
そう、一番注視するところなので、動きが目に入って気になるんですよ。

とりあえず、下図を参照してください。
1G目 X⑦-⑦/X63XXXXX9/ 211
ラッキー続きの5thのおかげで200UPできましたが、ラインにまったく自信がもてません。
5フレのオープンは1-2-4-10なので仕方がない。
紫のラインから、後半青いラインに変更。

2G目 9/X9/9-72X⑦29/8/9/8 160
キャリーダウンも発生し、早くもわずかな失投が結果に出ました。10番残り多発、内ミスすると裏、外ミスすると突き抜けて10絡みのスプリット。
青いラインを微調整しながら継続。

3G目 9/9/⑦2⑧1X⑦2⑧17/X8/8 149
青いラインで微調整して、ポケットは突いているものの、何かピンが残る状況。

4G目 ⑧・9/9/9/XX8163X9- 170
赤いラインに変更。やっと来たダブルの後に連続ミス。
7フレ4-7、8フレ3-6-9-10。これはしっかり取っておかないといけない。

Photo_4

図は縮尺も適当なイメージですが、とにかくどこに投げても、まったく幅を感じませんでしたし、どのラインでも、内ミスすると裏か4-6絡みのスプリット、外ミスすると薄々か突きぬけとなりました。
また、オイルの濃淡がないのに、キャリーダウンが起こっているので、アジャストも容易でありません。
こういうレーンは、スペアをいかに落とさないかが大事なのですが、悩みながら投げているためか、スペアでの失投も多発してしまいました。

ベタレーンというのは、スコアが出ないため、プロの大会でも滅多に採用されず、そうそう体験できるものではないので、攻略方法は存在しませんが、何とか結果を出したいので、平日朝の3時間投げ放題(\700)で、特訓する必要があります。
そして、キャリーダウンでタップしても、ラインが使える限りはアジャストしないほうがいいのかな?という気がします。
というか、ラインを変えても、新たなラインが見つからないで路頭に迷うし。

時間を作ってがんばってみよう。

|

« 第1回優勝 | トップページ | マイ桜、まだ固い蕾です。 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

めちゃくちゃ難しそうですね。
私ならお手上げです。(笑)
挑戦して来いというセンターの意気込みを感じます。

投稿: ラウンジ | 2010.02.15 22:55

>ラウンジさん
お手上げです。
でも、そこで逃げてちゃ面白くないから、立ち向かいます。

投稿: りりー | 2010.02.16 02:21

3枚目にオイルの壁が若干あるのに、その手前がオイルがないなんてお手上げ…と思ったら、しっかり攻めるポイントがあるんですね。

投稿: たたみた | 2010.02.16 10:41

>たたみたさん
攻めるというか、まったく幅のない、ポケットに届くラインを見つけて、そこに乗せるしかありませんでした。
ただ、曇らせたボールを使えば、ドライゾーンでの動きを抑えられて、ごまかしが利くかな?と思いましたが、どうなることか?

投稿: りりー | 2010.02.17 01:53

撃沈必死のレンコンですね。
私なら…
攻略どころか行くのを止めるかも???(笑)

投稿: のぶた | 2010.02.18 23:10

>のぶたさん
意図して難しく作っているコンディションなので、こういうレーンで投げると、高レベルの練習ができると思いますよ。
考えるより、正確に投げることが優先されますからね。

投稿: りりー | 2010.02.19 02:43

意図してフラットで作ってあって、
さらにオイルの長さが43フィートとは
超激ムズレーンですね(汗

長期戦ができるのならば、序盤はスコアを期待せずに
中目を使ってオイルを伸ばして外遅中早状態を作って、
だいぶオイルが伸びたらラインを外に変更する手が
使えそうですが、オイルの変化が遅いと辛いですね…。

私は難しければ難しいほど燃えるので、
一度投げてみたいです(笑)

投稿: 寡丹生 | 2010.02.20 15:32

>寡丹生さん
それが、オイルが薄いんですよ。
なので、なかなかオイルが伸びていかないという。
会員さんのアベがガクンと落ちてるんじゃないかと思いますよ。

投稿: りりー | 2010.02.20 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回優勝 | トップページ | マイ桜、まだ固い蕾です。 »