« プチ遠征、ボウルアーガス #bowlingJP | トップページ | 3つのボウリング場をハシゴ。 #bowlingJP »

ボウリングの奇跡! #bowlingJP

先週末、第34回ジャパンオープンが開催されました。

そして、その決勝戦で、世界でも例を見ないであろう奇跡的なことが起こりました。

この大会、プロボウラーもアマチュアボウラーも、男性も女性も参加でき、総勢1056人が優勝を目指して戦いました。

男女それぞれに、チーム戦、ダブルス戦、シングルス戦を戦い、それぞれに表彰があります。
そして、各人の合計9ゲームの合計スコア上位者が、マスターズ/クイーンズと駒を進め、予選、準決勝と戦い、上位8名が決勝トーナメントに挑みます。
決勝トーナメントでは、1度負けても、敗者復活を勝ち進めば優勝決定戦に進めるのです。
優勝決定戦では、勝者ゾーンから歩を進めてきたものは1勝すれば優勝、一方敗者ゾーンから歩を進めてきたものは2勝しなければなりません。

さて、その優勝決定戦ですが、まずは男子。
勝者ゾーンを勝ち進んだ佐野プロと、敗者ゾーンから復活してきた川添プロ(今年プロになったばかりのルーキー)が対戦し、242対300、すなわちパーフェクトで川添プロが勝ちました。
そのため、再決定戦が行われ、なんと!212対300で川添プロが優勝という結果となりました。

パーフェクトですら、そう簡単に出せるものではないのに、ビッグな大会の、それも優勝決定戦という舞台で、2連続パーフェクトと言うのは、世紀の偉業と言っても過言ではありません。
おそらく世界初ではないかと思います。

 

そして、女子。
男子優勝決定戦の興奮が冷め遣らぬ中で行われた優勝決定戦。
勝者ゾーンを勝ち進んだPBAのウェンディプロと、敗者ゾーンから復活してきた佐藤プロが対戦し、300対235で、ウェンディプロが優勝という結果となりました。
そうなんです、女子の優勝決定戦もパーフェクトでの優勝だったのです。

再度書きますが、パーフェクトですら、そう簡単に出せるものではないのに、ビッグな大会の、直前に川添pが2連続パーフェクトという偉業を達成した舞台で、パーフェクトで優勝と言うのも、世紀の偉業と言っても過言ではありません。
同一大会で、男女ともパーフェクトで優勝者が決まったと言うのは、おそらく世界初ではないかと思います。

 

2010年11月7日、ボウリングの奇跡が起きました!!!!

http://www.jpba.or.jp/information/tournament/tournament2010/JapanOpen/JapanOpen.html

|

« プチ遠征、ボウルアーガス #bowlingJP | トップページ | 3つのボウリング場をハシゴ。 #bowlingJP »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

ABS南無(-人-)
ってことでしょうか?w
これって、3000万出たんですよね?

それにしても、褒賞対象の試合全てでパーフェクトとは
奇跡という言葉すら軽すぎる気がしますね…。
いくらレンコンがよくたって、運の良し悪しがありますし。。。

ボウリングの更なる可能性が見えた大会でしたね^^

投稿: 寡丹生 | 2010.11.14 17:03

>寡丹生さん
1500万円ですよ。
大本営発表の経緯は、JPBAのHPを見てください。

投稿: りりー | 2010.11.14 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ遠征、ボウルアーガス #bowlingJP | トップページ | 3つのボウリング場をハシゴ。 #bowlingJP »