« 日曜練習&月曜練習 | トップページ | 月曜夜練 »

親指を入れて投げてみた。

殆ど使わなくなっていたオーサムフィニッシュに、ハンドドリルで(笑)サムホールを開けて、投げてみました。

2.4cm径のドリルが親指より気持ち大きめでちょうどいいんです。
インチだと31/32より極々細め。

中学の頃にボウリング場によく遊びに行っていたけど、その時投げられる最大重量の13ポンドボールのサムがキツキツだったから、必然的にサムを入れずに投げてたわけで、すなわち、産まれてこの方、サムを入れて投げたことが数えるくらいしかないという、生粋に近いサムレスボウラーだったりするのです。

そんなわけで、スコアとかのレベルじゃなく、サムを抜くという感覚すら分からないので、まずはそこからって感じでした。

普段投げている時って、結構体の前にボールが行くまでは手の平にボールが当たっているんですが、同じ感覚で投げると、親指を抜くタイミングが激しく遅くなって、激しくロフトするんです。
それを見ていた隣で投げてたKさんに大爆笑されました。

それからグースネックを解くタイミングを体の少し後ろくらいにしてあげると、なんとなくいい感じになりましたが、なんか引っ掛かりがあるんですね。
それではってことで、ボールをレーンに叩き落す感じで投げると、スルッとサムが抜ける感覚が分かりました。

ただ、サムインというかマイボウラー初心者のような状態なので、回転の掛け方がイマイチ分からず、棒球になったり、右に左にとボールがどこに行くのか分かりません。
マイボウラーになったばかりの人の気持ちがよく分かります。

それでも2ゲーム、3ゲームと試行錯誤しながら投げていると、次第に狙ったところにボールが通るようになり、少しは回転も掛かるようになってきました。まったく安定しませんけどね。

と言うわけで、ついでに撮影もしていたので公開します(^_^;)

最後の2投だけは普段通りのサムレスで投げてます。

でも、サムを入れると全然曲がってないでしょw
ボールそのものは結構曲がりが出るボールなんですが、サムを入れて投げることで、ローリングトラックが大きく変わってしまって、そのローリングトラックでは動きの大人しいレイアウトになってしまうことになって、余計に曲がりが出なかったのもあると思いますが。

それと、意識したわけじゃないですが、サムを抜こうとしたら、自然と肘が曲がってました。
投げてるときは肘が曲がってる感覚はまったくなかったんですけどね。
それがいいのか悪いのか分かりませんが、そうしたほうがサム抜けがいいのなら、気にしなくていいのかもしれません。

|

« 日曜練習&月曜練習 | トップページ | 月曜夜練 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

始めっからサムレスだったんですね。
勝手に最初はサムを入れていて,より回転のかかるサムレスに転向したのだと勝手に思っていました。
聞いてみないとわからないものですね。(笑)

サムが引っかかって出たボールも何球か見られましたが親指の皮が剥けることはありませんでしたか。

抜けやすい親指の角度が見つかればすぐに物に出来そうに見えました。

投稿: ラウンジ | 2012.02.27 07:59

>ラウンジさん
親指の第1関節の内側が少し擦れましたが、結構スルッと抜けたので、多少引っかかっても皮がむけることはなかったですね。
やばそうなときは薄めのテープを貼ればよさそうですし。

投稿: りりー | 2012.02.28 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜練習&月曜練習 | トップページ | 月曜夜練 »