« 右手中指負傷 | トップページ | 竹原三貴プロチャレンジ&月例会 »

薬指と小指での投球に慣れるために。

薬指と小指での投球に慣れるために、ユーズボウルで夜練してきました。

とりあえず、いきなりでスコア出し。
ボールは蜂さん1号。

1G目 213 ダブル、ターキー2個、スプリットオープン(3-4-6-7-10)
2G目 176 ターキー2個、スプリットオープン2個(ビッグ4、2-10)、イージーミス2個(3-6-10を2回)
3G目 171 ターキー、2スプリットオープン(2-4-10、3-6-7-10)
4G目 231 4th、ターキー、スプリットオープン(2-4-10)
5G目 188 ターキー、イージーミス(7)、10フレでスプリットオープン(2-10)
6G目 203 ダブル、4th、スプリットオープン(3-4-6-7)、イージーミス(4)
7G目 220 ターキー、ダブル2個、イージーミス(10)
8G目 189 ダブル、スプリットオープン(2-8-10)
9G目 182 ダブル、ターキー、スプリットオープン2個(2-4-8-10、ビッグ4)、イージーミス(3-6)
10G目214 5th、イージーミス(10)

アベレージ198.7

スプリットが出るときって、投げた瞬間にラインをミスったり、リリースをミスったりしているので、ちゃんと投げれれば、もっとスコアは良かったはずです。

偶数レーンに比べて、奇数レーンはキャリーダウンが激しめで、やや絞ったライン取りとなりました。
薬指と小指の場合、アプローチで構えたときにボールの重みを人差し指と中指の付け根の中間付近に置けば、比較的楽に投げられます。
さらに、リリースに力を入れると怪我した中指に負荷が掛かるので、脱力して投げられるのもいいみたいです。

中指への負荷を確認するために、中指に白いテープを巻いてその汚れ具合を見てみましたが、酷い汚れにならなかったところを見ると、何とかいい感じで投げられそうです。

というか、ローリングトラックが30度くらい外に動いて、3本指で投げている人と殆ど変わらない場所に付くようになりました。
今のドリルレイアウトだと、薬指と小指で投げると、ストロングアーク状の軌道になりますが、ドリルレイアウトを変えることで、ボールの動きにバリエーションが広がりそうです。
案外、この方がいいのかも。

|

« 右手中指負傷 | トップページ | 竹原三貴プロチャレンジ&月例会 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 右手中指負傷 | トップページ | 竹原三貴プロチャレンジ&月例会 »