« 月曜夜練 | トップページ | 薬指と小指での投球に慣れるために。 »

右手中指負傷

相変わらず、日曜日はリフォーム作業に明け暮れています。
そして、この前の日曜日、ちょっとしたはずみで右手中指の爪を壁から出ていた釘に強打。
爪が裂けて、半分は剥がれた状態になってしまいました。
急いで流水で洗浄して、絆創膏を二重に巻き、さらにガムテープをぐるぐる巻きにして、爪の癒着と止血を行いました。
その後も、リフォーム作業は継続して、夜になってぐるぐる巻きを剥いで見ると、結構な流血はしてましたが、すでに血は止まり、爪も半ばくっついたような状態で、内出血を起していました。
触ると鈍い痛みが走ります。
とりあえず、爪が再生するまでの間は、爪が再び割れないように、瞬間接着剤でコーティングしました。
ということで、その日の晩からテーピングもすることなく、お風呂にもそのまま入れるようにしました。
生え変わるまでの約半年、ガマンガマンです。

で、ボウリングは出来るのか?という問題が浮上しました。
普通に考えればNGなのですが、そこはサムレスのボウ馬鹿です。
何か方法があるはずと思い、スポガに月曜夜練に行ってきました。

さて、中指は絆創膏を巻き、その上からテアライトを二重に巻いて、まず普通に投げてみると、結構痛い。
中指を入れずに、そろりと投げてみれば、まあ投げられますが、しっかり投げようとすると中指に負担が掛かり、痛みが出ます。
じゃあ、人差し指と薬指を使ってみたら?と思い投げてみると、まったく曲がりません。
激しいキャリーダウンが起こっているとは言え、ほぼ直球です。
そんなこんなで、1ゲーム投げましたが、いい対処方法は見つかりませんでした。

しかし、ここで、薬指と小指で投げてみようと、ふと思いました。
つくばに住んでいた時のサムレス仲間だったEさんが薬指と小指だったのです。

実際に投げてみると、投げなれていないこともあり、ボールに力強さがなく、ついつい強いボールを投げようとすると中指に痛みが出ますが、そうしなければ問題なく投げられました。
そして、あれよあれよと、240なんて出ました。
不慣れなので、若干内ミスをしやすいですが、手首の使い方次第でどうにかなりそうな感じです。

続いてもう1ゲーム投げると186。
一方のレーンの変化が読みきれず、後半にダブルが一個だけ。

一応もう1ゲーム投げてみると141。
ストライクは5つ出てるのに、食い込みが甘くなった感じで7-10が2個も出る始末。
10番残りも1個あったから、失投がなければ、ちゃんとポケットは突けているので、コントロール面では慣れれば何とかなりそうです。

ただ、家に帰って、小指に繋がる上腕二頭筋が筋肉痛になりました。
そりゃそうだ。
不慣れな重さの負荷が掛かるわけですから。

とりあえず、爪が生え変わるまでも、薬指と小指を使ってボウリングは続けられそうです。

|

« 月曜夜練 | トップページ | 薬指と小指での投球に慣れるために。 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月曜夜練 | トップページ | 薬指と小指での投球に慣れるために。 »