« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

鈴木亜季プロチャレンジ

ユーズボウル久留米での鈴木亜季プロチャレンジに参戦してきました。

P1

まぁ~しかし、見事なくらいにスプリット祭りでした。
○/XX○X//X○ 165
X○○//○○XXX/ 167
XX-/○XX○○/ 170(3フレのミスは1-2-4-10だから○じゃないけど割れてますw)
XX//XXXX/X○ 234
2G目の途中まで蜂さん1号(バズ)でしたが、悪い流れを断ち切ろうと、蜂さん2号(スティング)にボールチェンジしていい感じだったのに、3G目に祭り復活。
4G目でまたボールチェンジを考えて、一旦キネティックを出してみたけど、3G10フレでもしかして?という感触があったので、蜂さん2号を続投。
その4G目は亜季Pと同ボックスになり、やっとまともに打てましたが、しっかり○が1つ(笑)
投げている途中に、ここ数日の練習で、ステップの5歩目を修正しているのをすっかり忘れてて、そのことを思い出したのが3G目の後半だったというのもあるのかも。

結局736と6の字は回避できましたが、なんとも情けない。
56人中41位でした。

Aki
趣向を変えて、亜季Pの投球をgifアニメにしてみた。
クリックすると動き出すかも。

そうそう。
表彰式が終わって、センターを出ようとしたら、出入り口のところに亜季プロが素早く移動していて、見送り挨拶をしていました。
ワチャワチャしている表彰式の場所ではなく、出入り口ってところがポイント高いです。
この経験は、今までで初めてかもしれない。
これだけでも、また参加したくなりますね。

| | コメント (0)

月曜コソ練と火曜練習会

月曜日は久しぶりにユーズボウルでコソ練してきました。

しかし、43ftのフレッシュレーンのはずなのに、超遅く感じました。
ミディアム用のトゥーレックレスを以ってして、インサイドからの出し戻しをしないとポケットに届かないというもの。
外は戻りすぎるし、奥は切れっ切れだから、気を抜いて投げようものなら、裏に行くくらいに中にオイルの厚みを感じません。

と言うわけで、1ゲームのウォーミングアップ後から、まずはミディアムオイリー用のターミネーターで投げると、199,178,236,177。
そこそこのスコアなんですが、奥で動きすぎるから、スペアミスが多いこと多いこと。

で、トゥーレックレスにボールを変えて投げると、159,163,156,178,222。
食い込みすぎて暴れる暴れる。
手前から転がすとすぐに捕まってしまうしで、こりゃダメだって感じです。
うわさによると、メンテマシンが壊れている可能性があるらしい。

30日に、鈴木亜季プロチャレンジがユーズボウルであるんだけど、大丈夫か?

---8<------8<------8<------8<------8<------8<------

続いて、スポガ久留米の火曜練習会に参加。
こちらは、トゥーレックレスとキネティックを持ち込み。
不調だったメンテマシンがどうなっているか気になるところでしたが、少しはマシになったような、でも相変わらずキャリーダウンするのが早い・・・

ユーズボウルでインサイドからの投球になったトゥーレックレスですが、42ftのスポガでは17枚目付近落としのブレイクゾーン5枚目付近のラインでちょうど良かったので、やっぱりユーズのレーンコンディションはおかしいですね。
ちなみに、ライトコンディション用のキネティックは、12枚付近落しのブレイクゾーン5枚目のラインです。

と言うわけで?、トゥーレックレスとキネティックを1ゲームごとにボールを変えながら投げました。
トゥーレックレス:235,239,214
最後の214は10フレ2投目で2番ピン残りをふざけて投げてミスったので10ピン損してますが、オープンフレームはこれだけでした。

キネティック:201,197,200
突き抜けそうになる場面が何度もあったので、強めのキャリーダウンは起こっているようです。それに、スプリットもよく発生してました。

時間が余っていたので、最後はスペアボールを1投目に投げたら、6枚目落としのブレイクゾーン3枚目のラインでノーミスで215。
スペアボールだけ16ポンドなのですが、さすがにピンヒットの威力がすごいです。

| | コメント (0)

九州国立博物館、特別展『台北 國立故宮博物院 - 神品至宝 -』

10月26日、九州国立博物館で開催している特別展『台北 國立故宮博物院 - 神品至宝 -』に行って来ました。
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s37.html

と、その前に、海の道むなかた館で開催されていた「ムナカタ国はあったか」と、
http://searoad.city.munakata.lg.jp/?action=pages_view_main&page_id=21#
宗像大社の新宝館に行って来ました。
http://www.munakata-taisha.or.jp/html/shinpoukan.html
感想を細かくなるとかなりマニアックになるので省略しますが、ムナカタは牡牛神と蛇女神を崇拝する種族の国だったことが確認できたなど、古代日本を考える上で、とにかくすごく勉強になりました。
その後に九州国立博物館に移動しました。

さて、テレビCMなどで、肉形石を何度も報じていましたが、2週間しか展示されておらず、残念ながら見ることは出来ませんでした。
05
その肉形石に変わって展示されたのが、人と熊という白と黒が合わさった石を彫ったものです。
Dsc_3919
どちらも、自然に出来た石なんですよね。珍しい珍しい。
そのほかでは、絵は日本の絵画とは違う技法で描かれていたり、青磁がまた奇麗で奇麗で。
17
その他の陶器も豪華絢爛でした。
36
書もありますが書は良く分かりません。

そして、全体を通して感じたのは、中国は蛇神トーテムの民族が代々支配してきたんだなぁと思えるほど、蛇や竜や蕨手紋をモチーフにしたものばかりでした。
53
ただ、紀元前2500年頃から紀元前1900年頃の間は、鳥神トーテムの民族が支配していた時期があったようです。
32

まさに、神品と言えるものが多く展示されていて、すごく良かったです。

※写真は、九州国立博物館より提供を受けましたので、転載等はご遠慮ください。

| | コメント (0)

土曜のプロ教室に行ってきましたが・・・

土曜のプロ教室に行ってきましたが、まだメンテマシンの不具合の原因が分からないそうです。
それでも、少しは改善されてて、投げ初めから突き抜けるようなことはありませんでした。
でも、概ね3ゲーム目相当の辺りから、それまでしっかりポケットを付けていたのに、急に3番直撃のノーヘッドになる始末。
内にアジャストしたらノーヘッド、外にアジャストしても激薄ポケット。
そうなると、曲がらない部分の内でラインを作るしかありませんが、それでも2ゲームくらい掛かるから、もうどうしようもない。

一応、プロはプログラムの再入力と、もしかするとクリーニング液が拭き取れていないのかもしれないとクリーニングのチェックもするとのことでした。
治ってくれるといいけどね。

| | コメント (0)

スポガ5人チーム戦

昨日ですが、10月の5人チーム戦に参戦してきました。
しか~し、なんだ!このレーンコンディションは!!って感想しかありませんでした。
伊福プロに聞くと、パターンを変えてないから原因は分からない・・・

どんなコンディションだったのかというと、外激早で、中を探っても激早なのが、12枚目付近で急にカクンと激しく動きます。
その動きがでる場所を狙っても、ちょっと外ミスしたら行ってらっしゃいで、内ミスしたら下手すりゃ裏って感じです。

1G目193 蜂さん1号で投げ出したけど、早々にターミネーターにチェンジ。軽い出し戻しのラインを探りながらスペアでつないだ感じ。ダブル1個に1ミス。
2G目193 ミディアムヘビーのターミネーターで5枚外をぶっこみ。とにかく幅がない。ターキー1個に2ミス。
3G目203 立ち位置を1歩前にして2割ほどスピードを落として軽い出し戻しのラインで何とかダブル1個にノーミスできたが、後半ストライクが出なくなる。
4G目121 3G目と同様に攻めたがストライクが来ない。ついには5フレからラインを変えたりボール変えたりしたのにスプリット4連発。ストライクを挟んで、締めもスプリット。

3G目終了時点でプラススコアが見えていたのに、4G目でまさかのスプリット祭り(´д`)
まぁ、こんなときもありますわな。

参加チームすべてが苦戦していたようで、いつも優勝スコアより200ピンくらい少なかったですね。
でも、そんな中で、7連発や9連発(スポガが9コールしてくれません)が出ていたので、うまく合った人もいたようです。

| | コメント (4)

月曜日だけど練習

火曜の夜が雨になりそうなので、練習会には行かないで今日練習してきました。
ボールはレックレスを持ち込んでみましたが、これが大ハズレ。
奇数レーンは5~10枚目の手前ががっつり削れてて、その分だけ先伸び、偶数レーンは奥のオイルの伸びがまだら。
レックレスはキャリーダウンに弱いので、こんなレーンではお手上げでした。

スペアで繋いでいこうとがんばりましたが、スプリットでブレーキが掛かりました。
5ゲーム投げて、ハイスコアが203、ロースコアが169で、アベ184.7でした。

ついには、奇数レーンは15枚目まっすぐ、偶数レーンは13枚目から3枚目くらいまで出すと、ラインは左右バラバラの上に、4番や10番がよく残りました。
まいったね(^_^;)

| | コメント (2)

スポガ久留米のボウリング教室に行ってきた。

先週に引き続き参加してきました。
今回は敢えて、多分今のレンコンには合わないだろうなぁ~と思われたXSパワーを持ち込みました。
そうしたら、案の定というか、本当に合わない。

スコアを入れない約45分のフリー投球のときは、まだキャリーダウンも少なく、ストライクが出るのですが、次第にそれも入が薄くなっていって、スコアを入れだしたときには、あららあららな状態になりました。

それでも2~3枚目付近まで出せばポケットは突けるけど、1枚まで出過ぎると裏に行ってしまいます。
その上、キャリーダウンに弱いもんだから、内ミスは許されず、内ミスすると下手すればノーヘッドってくらい突き抜けてしまいました。
それで投げ続けていると、キャリーダウンで10番が飛ばなくなります。
10番を飛ばそうと色々な工夫を重ねても、10番が飛ばない状態が続いて、大胆に変えてみると、今度は4-10系のスプリットや7番残りになります。

見事なくらいにそれが何度も再現するだけに困ったもんです。
結局、スコアを入れた3ゲームは200UPなしでしたが、十分に想定内です。

あ、今回初めて伊福プロからコメントが貰えた。
時々スピナー気味のボールがあるね~との指摘。
まぁ、それは気付いてて、スイングやアプローチタイミングの微妙なズレに起因していて、サムを入れていない関係上、バックスイングの頂点での溜めが効かないために仕方がない部分ではあります。
リリース直前にその感覚は分かっているものの、その時点で修正すると、指先だけで真っ直ぐ放ったようになり、下手すると曲がらない軌道を描いてしまうので、下手に修正は行わずにそのまま投げて、運がよければ裏ストライクになっちゃえって感じです(笑)
まぁ、それが連続して起こって止まらなくなることが時々あるので、即効性のある対処方法を見つけないといけないんですけどね。

しかし、XSパワーはもう少し色々なシーンで使えるように、ドリルやり直そうかな。
元々は、ヘビーオイル気味のコンディションでストロングアーク状の軌道を描くボールだけど、現状レイアウトだとミディアムでもアークが弱いんです。

| | コメント (0)

10月の月例会でした

木曜日はスポガの月例会でした。
退院した蜂さん1号のみを持ち込みました。

1G目221 まずまずのスコアですが、ダブルの後に迎えた9フレで10番をミスったのがイマイチ。

2G目183 レーン変化に我慢をしてきたのに、7フレで残念7番をミス、9フレでスプリットメイドしたのに、10フレでまたスプリットが出てドボン。

3G目187 2フレスプリット、3フレスプリットはカバーしたものの、6フレでまたスプリット。7fyレからオールウェイを狙うもターキー止まり。

4G目224 ターキースタートも、4フレで10番ミスって、5フレでスプリット。持ち直して4thを持ってきて、どうにかプラスアベ確保。

トータル815、アベ203.8
何もなしの4位でした。3位とは1マーク差だっただけに残念。

この日は、ずっと引っ張ってて、やっと修正が出来たのが4ゲーム目でした。
ちょっとした体のバランスの崩れが不安定を生むって事は、まだまだ体に馴染んでいないってことですね。

| | コメント (0)

ボウリング教室

ボウリング教室に参加するのって2回目?かも。
それくらいの自己流です(笑)

さて、目的はリリースの調整です。
先日の中野麻理子プロチャレで、とにかくリリースのタイミングがずれまくって手が早く返ってしまっていたので、それを修正するための方法を探してみました。
仮説を立てながらいくつか試してみましたが、ボールの重みを感じる場所を、手のひら全体から親指の付け根付近にしてみると、かなりの改善が見られることが分かりました。
ただ、今までとリリースの瞬間の感覚が変わるので、当面は意識しながらの投げ込みが必要でしょう。
それと、手首を傷めないようにしないと。

フリー投球から、最後はスコアを入れて3ゲームという流れだったのですが、スコアはほとんど意識せず、新しいリリースで狙ったラインに乗せることだけを意識して、アジャストは後回しって感じでした。
それでも200,160,205と200UPが2ゲームあるのだから、立派なもんです\(^o^)/
160のゲームはレーン変化を無視して、アジャストしなかったので当然の結果です。

それより、プロの教室だと言うのに、伊福プロは近くに来て見てても、私にはなんのアドバイスもなしw
同ボックスで投げたYさんには声を掛けてましたけどね。
そのYさんには、Yさんが気づいていなかったと言うアプローチでの悪い癖を教えてあげて、その修正方法などを話しながら楽しく投げましたが、かなり改善が見られ、コントロールが安定してきました。
まだまだ修正点はあるものの、今回の修正がある程度体に染み付いてから、次の修正点に着手しないといけません。
ポイントは、理想の形をイメージして投げ続けることで、体がそのイメージに近づけようとしていくってことです。

| | コメント (0)

中野麻理子プロチャレンジに参戦してきました。

水曜の夜、ユーズボウル久留米での中野麻理子プロチャレンジに参戦してきました。
所属センターなので、毎月開催されているんですが、日程の関係でなかなか参加できずにいましたが、ようやく参戦できました。

しかし、なんともリリースタイミングが安定せず、ボロボロ(>_<)
1ゲーム目なんて、/Gなんてやってしまうし、ストライクが2個しか出ないしで147。
2ゲーム目は麻理子プロと同箱だったものの、7-10が出たけど、なんとかがんばって191。
3ゲーム目はストライクが続かないまま2OPで169。
4ゲーム目は10枚より外だけを使ってダブル3つが出てどうにか208。

ほとんどはシフトを使ったものの、途中迷ってターミネーターを使ったり。
結局、20人くらいの参加で、17位でした。
まだまだリリースタイミングが身についていないってことだね。
ちなみに、麻理子プロは、自称「珍しくプラス」のプラス40いくつかでした。

月の前半にやってもらえると、参加しやすいんだけどね。

| | コメント (0)

火曜練習会@スポガ久留米

なんか久々の練習会でした。
持ち込んだボールは、シフトと蜂さん2号(スティング)にしました。
いつものようにスコア入れずに15分ほど投げましたが、このときは2号だけしか投げませんでした。
特に意味はないです。

で、スコアを入れたんですが、いきなり246なんて出たもんで、気持ち的に満足してしまったので、その後はリリースの調整に注力。
スペアもそこまで集中して投げなかったのでミスも多く、スコアはストップすればよかったかも。
ちなみに、246,172,182でした。
まぁいいや。

そんな感じで、2号は3ゲームで止めて、シフトのボールチェンジ。
シフトの方が少し幅を取るラインを投げるので、それに合わせてリリースの調整を継続。
リリースの調整といっても、少しロフトがあるのを無くそうとしているだけなんですけどね。
185,186,183,172でした。ちゃんと集中していれば、ほとんど200UPできていたんですけどね。

ちなみに、こんな感じになりました。
着床音小さめです。

| | コメント (0)

諫早オープン竜馬杯に行って来ました。

去年に引き続き、諫早市の諫早パークレーンで開催された、諫早オープン竜馬杯を観戦して来ました。

朝5時に家を出発して、途中、祐徳稲荷神社に参拝。
去年は朱印帳を持っていってなかったので、改めて参拝しました。
写真は去年も掲載していますので省略しますが、今回は奥の院まで山登りして来ました。
Photo
奥の院

続いて、諫早パークレーンの近くにある諫早神社に参拝。
Photo_2

そして、いよいよ諫早パークレーンに到着。
朝ごはんを食べていたので、予定より遅くなって、到着した9時過ぎには後半1ゲーム目が終わりかけていました。

今回は、最初のシフトは久留米が産んだP☆リーガーの中野麻理子プロに張り付いて観戦し、後のシフトはスポガ久留米の伊福プロを中心に、その他多くのプロや参加している知り合いのアマの様子も時々覗いつつ、うろうろしながら観戦しました。
Dsc_0027


両プロとも決勝トーナメントに進出。
ちなみに、プロとアマはそれぞれに決勝トーナメントが行われます。
1回戦は2ゲームの合計でボックス4人から2人が勝ち抜けで、中野麻理子Pは残念ながら初戦で敗退しましたが、伊福プロは第2ステージに進出。
2回戦は1ゲーム勝負でボックス3人から1人が勝ち抜けで、伊福プロはここまで。
そして、3回戦は
ボックス3人から1人が勝ち抜けて優勝決定戦に進出しますが、決勝は福岡県のそれも同じ(株)カワシン所属の愛甲恵子Pと野瀬千春Pの対戦となりました。

息の詰まる展開を制したのは、野瀬千春P!
公式戦、初優勝です!
おめでとうございます。
Photo_3
良く見ると末席の6位に伊福Pがいます(・∀・)b

諫早パークレーンを19時半過ぎに撤収しましたが、ボウリングの試合を見てると投げたくなったので、一番最寄の車で15分ほどの大村Jボウルに立ち寄りました。
(諫早パークレーンでは竜馬杯のあとは一般営業しないそうな・・・)

大村Jボウルは初訪問ですので、200UPチャレンジしました。
日曜日はパック料金等がないとかで、1ゲーム500円超と言うことだったので、極力すぐに200UPを目指します。
ただ、日曜の夜だけに、トンデモなレーンの覚悟はしていたけど、案の定というか、オイルを感じない(^◇^;)
シフトSLTとキネティックを持ち込んで、1ゲーム目はウォーミングアップ兼レーン確認をしましたが、アウトサイドの手前はカラッカラ、奥はオイル跡が付いてこないくらいにうす~~~~く伸び伸び、インサイドは手前はあるけど、奥はまだらに伸び伸びなので、キネティックだと奥で動かない、シフトだとブッこんでやっとポケットという状況。
2ゲーム目は
シフトでがんばったものの、前半のターキーを守りきれば何とかなると思いましたが、スペアボールが動きすぎて10番が取れなかったりで、2度のオープンで190。惜しい!

泣きのもう1ゲームは、一か八かの苦肉の策でスペアボールのみで投げることにしました。
幅はありませんが、中目からの出し戻しのラインでポケットに集められたので、1スプリットOPがあったものの、前半のダブルと6thオールウェイで234となり、ミッション完了となりました。

帰りは、山越えのルートを通り、佐賀市内で晩ご飯を食べて帰宅となりました。
長い一日でした。

| | コメント (2)

ふらりと、投げに行き申した。

朝メンテのない金曜の夜、ボウリングでちょっと間が空いたので、スコアは気にせず、軽い運動のつもりで投げてきました。

ボールは、バッグからの入れ替えが面倒だし、少ししか投げないのにいくつも持っていくのも重いから、バッグに入っていたシフトSLTを持ち込み。

しかし、朝メンテのないレーンに、オイリー系のシフトが合うはずもなく、とぼとぼ助走の最初の1球目がスパット過ぎの15枚目でドライゾーンに捕まってブルックリンを越えていきました(笑)

徐々に体を慣らしつつ、しっかり投げれるくらいに体が動き出して、内にアジャストしてもしても、3番ピンが確実に残ってくれます。
10番カバーもカバーボールで届きませんので、バックアップで取りに行くようにしました。

ついには、3G目で、30枚落としで15枚より外に出さないで、入射角度を取らないラインで投げてみましたが、回転軸の微妙な違いでポケットヒットしても、ストライクにならないというコンディションでした。

インサイドはそこそこオイルは残っているものの、アウトサイドはほとんどオイルがない状態です。

さすがにこりゃダメだと思い、4G目はスペアボールで投げると、17枚落としで5枚目あたりまで出すラインしかありませんが、本気で投げれば200UPは出来たでしょう。
このゲームはスプリットOPが2個あったものの、ターキーとパンチアウトが出たので197でした。
と言うわけで、4Gで投了。

| | コメント (0)

そう言えば・・・

9月は約1年ぶりに月間アベレージが200を越えた\(^o^)/
61ゲーム 12607点 206.666

大会に限れば、18ゲーム 3674点 204.11

スポガのコンディションとボールがぴったり合ったと言うのが大きいんだけどね。
でも、ロースコアをもっと減らさないとね。

| | コメント (2)

火曜練習会

今回は、シフトSLTとトゥーレックレスを持ち込んでみました。
あえて、シフトで5分間だけスコアを入れずに練習してから、スコアを入れてみました。
ストライクのラインは掴めないままです。

1G目226 ノーミス
2G目187 イージーミス2個、ちょっとアジャスティングに手間取りました。
3G目251 ラッキーストライクが続いただけのスコアなので、評価できません。
4G目204 イージーミスは1個と1-2-4-6-10はカバーできず。しっかり投げ切れなかったときに伸びたオイルに捕まってしまいました。

ここまででプラス68。
そして、トゥーレックレスにボールチェンジしましたが、集計データを見ると、今月のコンディションで1回だけ投げていましたが、レーンとボールがあまり合っていない印象です。

5G目195 イージーミスが2個あるが、ダブル2回だけで残念。
6G目167 ダブル以上が出ないのに、1イージーに1スプリットOP。
7G目165 これまでは15枚目付近落しからのラインだったのを、10枚目付近落しで走らせるようにしてみたものの、ストライクは続かず。
8G目232 横回転を強めて、25枚目付近落しのラインを使うと、スプリットOPを2個(どちらも内ミス)挟むものの、他は全部ストライク。

後半トータルは759のマイナスでしたが、7G目終了時点でマイナス5になっていたので、8ゲームトータルでプラスにするために最後は気合を入れましたが、上手くいきました。

しかし、やっぱりトゥーレックレスは今のレーンコンディションには合いませんね。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »