« 月例会(´д`) | トップページ | 5人チーム戦@スポガ久留米 »

九州歴史博物館 特別展『大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史』

九州歴史博物館の特別展『大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史』を拝観してきました。
※ここで使っている展示品の写真は、九州歴史博物館から提供を受けたものですので、一切の再利用を禁止します。

いつもなら、ある程度来客が落ち着く頃を見計らっていくのですが、7月14日から始まって、一番混むであろう最初の日曜日に行ったのは訳があって、講演会を聞きたかったからです。

「ウルってなぁに?~大洪水と王墓のグローバルヒストリー~」
Dsc_0003
講演の内容は、多岐にわたったのでここには書きませんが、特別展を見る上での予習になったなぁ~と思います。
ちなみに、話の大まかな内容は、メソポタミアの大洪水伝説を伝える粘土板の内容が、旧約聖書のノアの箱舟伝説と瓜二つであることと、古代文明が発祥しているところには洪水伝説と王墓があるということの話でした。

さて、本題ですが、この特別展は、世界の歴史の流れが分かるように大英博物館が厳選した100点のお宝が展示されました。

私は歴史言語学が好きなので、特に注目したのは、メソポタミアの大洪水伝説を伝える粘土板やロゼッタ・ストーンですね。
_mg_7853
古代史は、このロゼッタ・ストーンが見つからなかったら、ヒエログリフも楔形文字も解明できなかったかもしれません。
粘土板の写真の提供は受けてないので残念ながらお見せできません。

展示はその他、各時代時代を象徴するものが展示されていて、展示No.98はクレジットカード、展示No.99はサッカーのユニフォーム、展示No.100はソーラーランプと充電器と、見慣れたものでした。

そして、101番目の展示として、大英博物館からは、未来に残したいものを九州国立博物館で考えなさいと言うことで、観覧者みんなで作る鶴の折り紙となったそうです。
_mg_7791

それで、久しぶりに折り紙しましたよ。
Dsc_0005

九州歴史博物館の特別展『大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史』は、夏休み期間中を含め、9月6日まで開催していますので、ぜひ見てみてください。
すごいお宝が見れますよ!

|

« 月例会(´д`) | トップページ | 5人チーム戦@スポガ久留米 »

博物館・資料館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月例会(´д`) | トップページ | 5人チーム戦@スポガ久留米 »