« 寡丹生さんとボウリング、そして・・・ | トップページ | スポガ久留米5人チーム戦 »

榎プロチャレンジ

ボウルアーガスで、第3月曜日に開催されている榎プロチャレンジに初参戦してきました。
このチャンレンジ、毎回レーンコンディションが異なるそうで、勉強になるのではないかと思います。

とりあえず、ボールはミディアム用のボール、バニラ(ロケットパワー)、けあき様(ウルトライラプション)、フーリガンを揃えて持ち込みました。

練習ボール前に、この日のコンディションの説明があり、43ftで中のオイルが多めで、オイルの段差があるので、その境目を使えばスコアになるのでは?と言うことで、榎プロはがっつり打ち上げるからと、自信満々でした。

練習ボールが始まると、どこを使っても薄くしか入らない・・・
どんどん外に行って、何とかストライクになる場所を見つけたものの、この日は日中から体のバランスの悪さを感じていて、その影響からかコントロールが安定せず、同じところに投げられません。
そんな状況でゲーム開始となりました。

20160322

1G目、けあき様で投げ始めましたが、コントロールが乱れまくってることもあって、ストライクが来ず、タップが続いて、途中でバニラに変えても基本的な問題もあって大きくは変わらず。
2G目、何とか試行錯誤を繰り返しますが、コントロールの乱れは収まらず。
3G目、ゲーム間に急いでオイリー用のオーラを車から持ってきて投げ出しましたが、全然反応しません。と言うか、オイルを吸い込み過ぎてましたでの、早々に止めてバニラを再登板させましたが、全然ダメでした。

コントロールが安定しないので、当然にスペアミスも多発してどうしようもありません。
3枚より外まで出せばボールが戻ってくるのは、大きな外ミスをしたときに気付いていたので、コントロールが安定しない状況でそこを使うのは控えてしました。

最後の4G目は、ガター覚悟でフーリガンで3枚より外にぶつけにいったら、案の定と言うか、ポケットにボールが集まり始めて、ぎりぎり200UPできました。
8フレと10フレ3投目は3枚にちょっと届かず、そうなると2番が飛びませんから、それだけオイルの濃淡が激しいってことですね。

トータル662で、ブービー賞でした。

自信満々だった榎プロは、予想に反してアベ200ちょっとだったので、想定していたより簡単ではなかったようです。
今回のコンディション、来月のJBC全九州シニアで使うことを想定して引いていたそうですが、あまりに皆さんが苦戦していたので、来月はこのコンディションをベースに少し見直ししたパターンにしてみるそうです。

こういう難しいコンディションは、スコアは出ないけど、楽しいなぁ。

|

« 寡丹生さんとボウリング、そして・・・ | トップページ | スポガ久留米5人チーム戦 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寡丹生さんとボウリング、そして・・・ | トップページ | スポガ久留米5人チーム戦 »