« 土曜深夜 | トップページ | 小池沙紀プロと一緒に投げよう 昼の部 »

いじわるマッチ

月一回のスポガ久留米のいじわるマッチに参加してきました。
この大会、どんなレーンコンディションなのかは、ゲーム後にしか分かりません。

練習ボールでは、ロケットパワーでレーン読みすると、どこを使っても抜けていきます。
スピードを調整すると、10枚目付近を絞ればポケットは付けるようになりました。
その他のラインも確認しますが、どこも安定しませんし、ちょっとスピードをあげると抜けていき、ちょっと大きな外ミスはガターに一直線でした。

そして、そのままロケットパワーを先発させました。

20160831
なんとも情けない結果でした。順位は覚えていませんが、優勝でもマイナスでした。
1G目の3フレから厚く入りだし、フレームごとに内にアジャストしても3-6-10が続き、7フレでいけるか?と思ったら、3連続スプリットでドボン。

2G目でキネティックにチェンジして少しラインを絞ってみるとストライクが出始めましたが、Gとイージーミスが足を引っ張りました。
それにしても、オイルが削れるのが早くて、スペアが雑になってしまった。

3G目もキネティックで行くも、迷走したまま終了。
変化が早く、完全に後手を踏んで、スペアへの集中が欠如してしまいました。

そして、レーンパターンの答え合わせです。
長さは47ftですが、ドレッシングは28ftまでしか入っておらず、そこからバフで47ftまで伸ばしていますので、伸びるのも削れるのも早い筈です。
2~3フレで同じ場所は使えなくなりますが、正確に同じところは通せないので、実質は1投でそのラインがダメになっているのでしょう。


大会後の30分のフリー投球で、山上プロから25枚目を通して3番ピンを狙ってみてとのアドバイスがあり、ロケットパワーでそこに投げてみると、確かにポケットを突いてストライクになりました。
内ミスも外ミスもできないものの、オイルを長く使っているからピンアクションはよく出てくれます。
その後、予備レーンのうち奇数レーンだけを使って、フレッシュコンディションから投げてみると、16落しターゲッチ15枚ブレイク10枚でジャスト。
そのラインを3投すると厚く入りだしたので、17.5落しターゲット16にアジャストしてジャスト。
再び3投で厚く入りだして、19落しターゲット17でジャストするも、2投しか持たず迷走が始まりました。

その後さらに残業して、予備レーンをボックスで投げましたが、フリー投球で予備レーンの偶数レーンを他の方が投げてたこともあって、左右がバラバラ(笑)
奇数レーンは迷走状態だったし、偶数レーンはフレッシュコンディションからは変わっていたので、何とかスコアを纏めたかったんですけど、上手くいかず。
最後の5G目だけ、5枚目真っ直ぐを試してみると、この日唯一のターキーが来て、プラスペースで7フレまで来たのに、8フレから連続イージーミスで175止まりでした。
何が正解だったのか、いまだに分かりません。

|

« 土曜深夜 | トップページ | 小池沙紀プロと一緒に投げよう 昼の部 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントが遅くなりましたm(_ _)m

度重なる残業お疲れ様でした。
遠征したときにバフで伸ばすエリアが長いパターンのところが
たまにありますが、この記事を見て厄介さがよく分かり、
勉強になりました。

まさに「いじわる」なレーンでしたね^^;
こんなレーンで200アップチャレンジはやりたくないです(笑)

投稿: 寡丹生 | 2016.09.14 21:45

>寡丹生さん
PBAリージョナルはこれよりも難しそうなので、このままではいけませんね。

投稿: りりー | 2016.09.15 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜深夜 | トップページ | 小池沙紀プロと一緒に投げよう 昼の部 »