« 櫻井眞利子プロチャレンジ(夜の部) in 小嶺シティボウル | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »

山上プロのいじわるマッチ with 堂元美佐プロ

毎月一回のレーンコンディション非公開の大会に、今月も参加してきました。

ある程度のコンディションには対処できるように、5個のボールを持ち込みました。
ロングだったときのオーラハイブリッド、ミディアム用の蜂さん2号改め黒三連星、ライトオイル用にキネティックと保険でジェット、そしてカバーボール。

練習ボールでは、オーラを使い丁寧にコンディションを読むと、
5枚まっすぐで40ftの先でボールが動き出しました。
10枚まっすぐだと43ft付近、15枚まっすぐでも43ft付近。
この時点で、38ftくらいのフラットなのか?と思いました。
さらに、10枚や15枚から外に向けていくつかの角度で投げてみると、どの角度でも43ft付近で動き出します。
水前寺風なのかな?とも思いました。

というところで、ボールを黒三連星に変えて5枚付近を探ってみると、4枚目でボールが跳ね返されるところがあり壁を感じましたので、おそらくここ付近を使うのが正解なんだろうとの目星は立ててました。

20160928

黒三連星を先発させてみると、まだ体の動きが悪いこともあって、コントロールが安定せずなかなか狙ったところにボールを通せず、10本が飛ばないものだから、1G途中でスコアを追うより、もっと幅のあるところはないのかと、1人でラインを探す旅に出てしまいました。
1G目は黒三連星からキネティックにチェンジ。
2G目はキネテティックからオーラにチェンジ。
3G目はオーラからジェットにチェンジ。

3G投球後、フリー投球の時間になったので予備レーンで、正解なんだろうと考えていたラインを投げると、ストライクが頻繁に出ました。

さて、正解のレーンコンディションはこちら。
Photo

どおりで、5枚より中を使えないはずです。
そして、ちょっとした外ミスは溝掃除となり、内ミスは裏に届いてしまうはずです。
5枚を狭く使う攻め方が必要でしたが、色んなラインを探ること気持ちが向いてしまっていて、正解と思っていたラインが間違いじゃなかったこともあり、ロースコアであってもダメージはありませんでした。

ちなみに、プロのスコアは次の通り。ちなみに、プロのレーン移動はありません。
山上プロ:163/172/211=546
堂元プロ:151/161/215=557
と、プロも苦しめるコンディションでしたが、最後にはきっちり合わせてくるのは、さすがタイトルホルダーのプロです。

※睡魔と闘いながら書いているので、文章が変かもしれません(笑)

|

« 櫻井眞利子プロチャレンジ(夜の部) in 小嶺シティボウル | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

うわ~これは難儀なコンディションですね…。
ラインが分かっても、合うボール・合う回転が
何かもありますし、厳しそうですね。。。

投稿: 寡丹生 | 2016.10.02 17:46

>寡丹生さん
アウトサイド限定で幅がないので、これこそウレタンボールの活躍の場だと思いますね。

投稿: りりー | 2016.10.03 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 櫻井眞利子プロチャレンジ(夜の部) in 小嶺シティボウル | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »