« 岸田有加プロチャレンジ | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »

山上プロのいじわるマッチ

10月18日、スポガ久留米の山上プロのいじわるマッチに参戦してきました。
今月はどんなコンディションなのか、楽しみです。

とりあえず、黒い三連星(スティング)で練習ボールを投げてみます。
5枚まっすぐを投げると、40ftの少し先でボールが反応し、裏を越えて行きました。
10枚まっすぐも、同じように40ftの少し先でボールが反応し、裏ポケットに入りました。
10枚から少し膨らますとポケットを突け、そこから内ミスや外ミスの想定で投げると、ポケットに集まらないので、12枚、15枚から膨らますラインをいくつか投げているうちに、もうちょっと戻りが大きいボールに変えて15枚から膨らますラインのほうがいいかも?と思い、フーリガンを投入すると、悪くはない感じだったので、そのまま先発させることにしました。

20161019

1G目は、ちょっと内ミスしたら厚めスプリットが出てしまい、少しインサイドに入ると、今度は薄めスプリット。これはいかんと、10フレから三連星のAパターン(2番目に曲がるパターン)にボールチェンジ。
2G目は、ノーミス賞のチャンスだったのに、まさか最後に7番を外すとは・・・
3G目は、3フレでもうちょっと多くのピンを倒しておくべきでした。ボールが抜けるようになってきたので、6フレから三連星をBパターンにチェンジしました。

トータル585にハンデが付いて、抜けの4位でした。
参加賞のシートタイプのボールクリーナーのみ。う~ん・・・
そして、抽選賞も当たりましたが、これもシートタイプのボールクリーナー。う~ん・・・
大会後にレーンコンディションの種明かしがあり、今回はケーゲルのウィンダムロードというパターンでした。
39ftで、オイル量は50ml、濃淡差は1:1.29のスポコンでしたが、ボールの選択によって若干幅を感じたので、あまり難しい感じはしませんでした。
Dsc_0004
オイル変化も比較的素直でしたが、大胆にアジャストしてしまって突き抜けて危うくノーヘッドになってしまいました。(3G目3フレ)

こういう大胆なアジャストが不要なケースだと、オイル変化に三連星のAパターンやBパターンの切り替えが有効かも。

普通のデイリーメンテより、難しいコンディションのほうがスコアが高いってどういうこと?(笑)

|

« 岸田有加プロチャレンジ | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

2G目の最後は惜しかったですね^^;
記事の最後については、難しいコンディションという意識から、
しっかり攻略しようという気持ちが強く出るためでしょうね。

投稿: 寡丹生 | 2016.10.20 22:07

>寡丹生さん
皆さん真剣なので、チャレンジとは向き合い方が違いますからね。

投稿: りりー | 2016.10.21 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岸田有加プロチャレンジ | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »