« 小池沙紀P&嶋田祐介Pチャレンジ 夜の部 | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »

いじわるマッチ

11月29日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

今回のコンディションはこれですが、このいじわるマッチはゲーム終了後にオイルパターンと攻略法が説明されるので、手探りで投げています。

Dsc_0009

練習ボールで、5枚目、10枚目、15枚目とまっすぐめに投げてみると、どれもほぼ同じような動きだったので、長めのフラットコンディションなのかな?と思いつつ、ちょい出しくらいで探っていると、ブレイクゾーン付近が若干遅くなった気がして、練習ボール中に内にアジャストする必要がありました。
この時点で、ボールに付いてくるオイル量をちゃんと見ておけばよかった・・・

とりあえず、13枚落としでブレイクゾーンを5枚目くらいから投げ始めてくることに。

20161201

出足はけっして悪くはなかったけど、変化が早い。
先発は黒三のスティング。
1G目の8フレと9フレの7-10のダブルが激痛。
2G目は更に内に入ったり、ボール変えたりしてたら終わった。
3G目は結局黒三に戻って、16枚落としのブレーク7枚付近であと1本が飛ばなかったけど、どうにかノーミスの200点。
トータル494でした。

ゲーム後に上記のオイルパターンを見て、12~15枚目を絞ればよかったと分かりました。
練習ボールでボールに付着したオイルも観察しておけばよかった・・・

ゲーム後のフリー投球において、未使用だった予備レーンで、曲がりが2番目に出ない指位置で、12~15枚目をそれぞれまっすぐ投げてみると、じゃんじゃんポケットにボールが集まってストライクが出ていました。
今回はすっかり騙されました。

|

« 小池沙紀P&嶋田祐介Pチャレンジ 夜の部 | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小池沙紀P&嶋田祐介Pチャレンジ 夜の部 | トップページ | 中野麻理子プロチャレンジ »