« 阪本彩プロチャレンジ in 博多スターレーン | トップページ | 古田翔子プロチャレンジ in 青山エースレーン »

「ポンペイの壁画展」と「~仏の国の輝き~タイ」

5月7日は、2つのイベントに行ってきました。

 
最初に行ったのは、福岡市博物館で行われている「ポンペイの壁画展」。
西暦79年のヴェスヴィオ山の噴火により封印された古代ローマの都市ポンペイ。
火山灰と火砕流によって、僅かな時間で埋め尽くされたために、奇跡的に当時のままで保存されることになりました。
そして、18世紀から始まった本格的な発掘で、次々と壁画が発見されていきました。
 
今回の展覧会は、写真撮影が出来ましたので、いくつか掲載します。
Cimg29361 Cimg29371
Cimg29430 Cimg29431_2 Cimg29432_2 Cimg29433 Cimg29434
Cimg29501 Dsc_0001 Dsc_0002
 
Cimg29521
 
**************************************
 
引き続いて、九州国立博物館の特別展「~仏の国の輝き~タイ展」に向かいました。
 
日タイ修好130周年記念という事で、世界初の門外不出の仏教美術や名宝の数々を見ることが出来ました。
仏教と言っても、日本に伝わった大乗仏教とは違い、タイは上座仏教ですから、日本の仏教美術とは似て非なるものです。
 
ちなみに、写真撮影は禁止ですが、高さ5.6mのラーマ2世大作の大扉だけは許可されています。
Cimg29811 Cimg29841
表裏です。
 
なお、以下に掲載する写真は、九州国立博物館より提供を受けました。
04 05
15 17
28 32
40 29
 
今回を逃すと、二度と見ることが出来ない(と思われる)美術品や名宝です。
6月4日まで開催していますので、ぜひぜひ行ってみてください。
意外と空いてますので、ゆっくり見ることが出来ますよ。

|

« 阪本彩プロチャレンジ in 博多スターレーン | トップページ | 古田翔子プロチャレンジ in 青山エースレーン »

博物館・資料館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪本彩プロチャレンジ in 博多スターレーン | トップページ | 古田翔子プロチャレンジ in 青山エースレーン »