« 「世界遺産 ラスコー展」に行ってきました。 | トップページ | 中野太陽プロチャレンジ »

山上プロのいじわるマッチ

7月25日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

 
どんなレーンなのかは分からないので、オイリー用、ミディアム用、ドライ用とボールを揃えて行きます。
 
練習ボールは転がりの出るミディアム用のフーリガンで投げ始めてみると、超短い!
10枚目まっすぐを投げたのに、4番ピンにヒット!
そこから外目に移動しても裏を超えていきますから、ドライ用のアブソリューションジェットで5~7枚目付近を使うラインが良さそうな感じなのを確認できたところで、練習ボール終了。
これまでの感じだと、35~6ftでベタに近いレーンかな?というイメージでした。
 
20170726
 
スコアが酷いのは気にしないでくださいね。
1G目は、6枚目から4枚目まで出すラインでしたが、少しラインを外したのが3フレ、9フレ、10フレ。
少しのミスも許されません。
2G目以降は、なんとか10本飛ばしたいと、ラインを変えたり、ボールを変えたりと、色々試してました。
で、3G目の8フレからは、アブソリューションジェットに戻して6.5枚目からのラインで投げました。
 
答え合わせ。
20292618_10207549728739735_23378309
 
想像していたのに近い感じでした。
他のラインを探したり、色々とボールを変えてみても、濃淡がほとんどなく幅もないので、そう簡単に見つかる訳ありませんね。
なので、手前が枯れたとしても大胆にアジャストしたらNGで、繊細なアジャストが求められました。
 
大会後、答え合わせをしてフリー投球の時間で、コンディション表を元に色々と試してみたら、結構ストライクが出てくれました。

|

« 「世界遺産 ラスコー展」に行ってきました。 | トップページ | 中野太陽プロチャレンジ »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

こ、これは難儀なコンディションですね。。。
まさにいじわるマッチという名前にふさわしい
感じですね^^;

コンディションが分かっていても相当きつそうですが、
答え合わせ後のフリー投球で攻略されたのは流石です!

投稿: 寡丹生 | 2017.07.30 23:56

>寡丹生さん
結果だけが目的なら、色々アジャストしようとは思わなかったと思います。
なかなか投げられないパターンなので、大会中もフリー投球と同じような感覚で投げてるんです(^o^;

投稿: りりー | 2017.07.31 00:45

推理する楽しみがありそうです。
スペアのラインがいつものとはずいぶん違っていたんでしょうね。

投稿: ラウンジ | 2017.07.31 08:20

>ラウンジさん
10ピンは、どこから投げてもピンの手前でクイッと逃げて行っちゃいました。

投稿: りりー | 2017.08.03 02:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「世界遺産 ラスコー展」に行ってきました。 | トップページ | 中野太陽プロチャレンジ »