« 櫻井眞利子プロチャレンジ、2連発 | トップページ | 5人チーム戦 »

いじわるマッチ

11月28日、スポガ久留米のいじわるマッチに参戦してきました。

 
この大会は、レーンコンディションが毎回変わり、ゲームが終わってコンディションを公開するというものです。
なので、どんなレーンでも対処しないといけないので、たくさんボールを持ち込みます。
 
さて、練習ボールではヒュージリスペクトで一番曲がる指位置を使い、まずは10枚目真っ直ぐを投げると、ほとんど曲がらず3-6の間にヒット。
7枚目真っ直ぐでも、ほとんど曲がらず6番直撃。
すっごいロングなのか?と思いつつ、5枚目をちょっとクロス気味に投げると、奥で動きが出てヘッドピン直撃。
そこで、6枚落としのチョイ出しするときれいにポケットヒット。
他のラインも探ってみたものの、ここってところは見当たらず、上記のラインをしばらく投げていたら、早くも厚く入るようになってきたので、1枚内に平行移動して幅を感じだしたところで練習ボール終了。
46ftくらいのロングかな?
20171129
 
1G目、いきなりリリースミスしてしまいましたが、その後4th。ちょっとスピードを上げすぎてスリーパーがあったもののすぐにリカバリー。ビッグゲームも期待できる展開だったのに、まさかの3連続ミスで自滅・・・
このゲーム中に2枚内にアジャストしたことで、このコンディションは、ただのロングではなく、バフで伸ばしたロングだと判断しました。
 
2G目、いいスタートをキレたのに、手前の変化が早く、6フレから厚めに入りだしたものの、突き抜ける恐怖があり、大胆にアジャストができず、ズブズブに。
それで、10フレで4枚内に入ったら薄めだったので、3投目は1枚戻した。
 
3G目、1フレと6フレは完全に失投。2G目から少しの外ミスが許されるようになっているのに引っ張ってしまって、スコアが伸びず。
 
と言うわけで、答えあわせでです。
Dsc_0001
 
50ftでした。
ただ、オイル量も19.44mlと少なく、25ftから先はバフで伸ばしているだけなので、手前も奥もすぐに枯れてきます。
攻め方としては合っていたのかなと思いますが、投球精度の低さが一番の問題です。

|

« 櫻井眞利子プロチャレンジ、2連発 | トップページ | 5人チーム戦 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

難コンディション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14923/66103001

この記事へのトラックバック一覧です: いじわるマッチ:

« 櫻井眞利子プロチャレンジ、2連発 | トップページ | 5人チーム戦 »