« 5人チーム戦 | トップページ | 川崎由意プロチャレンジ »

いじわるマッチ

2月27日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

今回のレーンコンディションはどんなのでしょうね。
 
とりあえず、練習ボールでは、持ち玉で一番オイルに強いヒュージリスペクトを投げました。
まず、5枚目をまっすぐ目に投げるとつーーーーと滑っていきました。
ロングです。
さらに少し投げると、外はあまりオイルが入っていないけど、抜けていくことを確認。
そこからいろいろなラインを試し、15枚落としで、8枚くらいまで出せばいい感じ。ほんのちょっとなら外ミスは許される。
 
20180228
 
ストライクは出るけど、外ミスすると薄く入りすぎて割れてしまいました。
さらに、オイルの薄いところの削れるのが早くて、アジャストが後手後手に回ってしまいました。
投げながら、ボールをオクタンバーンに変えようかと迷いましたが、そのまま投げきりました。
 
そして、今回のオイルパターンはこちら。
Dsc_0001
 
WTBA paris 47ftです。
 
大会後、このパターンを見て、オクタンバーンで20枚目から10枚辺りまで出すラインを投げると、安定してストライクが出ました。
本当の正解はこのラインだったようですし、ボール選択も間違っていました。
20ftのところだけオイルが追加されているのが、もうちょっと外でいいと勘違いさせる罠だったようです。
 
ラインが分かれば、かなりのハイスコアのパターンだったんじゃないですかね。

|

« 5人チーム戦 | トップページ | 川崎由意プロチャレンジ »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

難コンディション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5人チーム戦 | トップページ | 川崎由意プロチャレンジ »