« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

いじわるマッチ

3月27日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

練習ボールは、ヒュージリスペクトで、一番大人しい指位置Aで投げ出してみました。
5枚目、10枚目、15枚目をそれぞれ真っ直ぐ、それぞれの落とし位置からチョイ出しなどで、出し過ぎはNG、奥で動きすぎる指位置にすると刺さることを確認。
指位置Aで13枚目落としで、7枚付近にブレイクゾーンを置いての投げ出しです。
 
20180328
 
出だしは良かったんですが、変化が早い。
アジャストに手間取ってると、先伸びしたオイルが枯れるし、手前も枯れるしで、もう大変。
2G途中で、動く指位置に変えて少し大きめにアジャストしても刺さってしまうから、走って切れる系のロケットパワーにチェンジしてパンチアウト。
でも、3G目は体が動き出したのもあるけど、外ミス多発するもんだから、後半ライトコンディション用のスティングに変えて、枯れた手前を強引に走らせてみたものの、アジャストに手間取り、ラインが見つかったところで投了。
 
トータル556。
そして、今回のレーンコンディションは、こちら!
Dsc_0001  
オイルが枯れるのが早いはずです。
優勝者でもプラスちょろだったので、変化への対応が難しかったんだと思います。
ちなみに、1G途中で↓のイメージを感じたので、使ってるラインは概ね良かったのかなとは思います。
Clip_now_20180327_231513
ソウルパターンよりはずっとオイルが少なかったですけどね。
 
大会後のフリー投球では、伸びた場所や枯れた場所を意識して、投げるとストライクが出る出る。
今回は、素早いラインアジャストとボールチェンジが大事だったように思います。

| | コメント (0)

5人チーム戦

3月22日は、スポガ久留米の5人チーム戦でした。
今のレーンコンディションは難しい上に、練習不足なので、迷惑かけないようにしないと(^_^;)

 
持ち込んだボールは、まだボールの動きがよくわかっていないバルチャー、オクタンバーン、スペア併用のスティング。
練習ボールを投げても、ここってラインや指位置がわからないままゲームスタート。
20180323
 
ゲーム始まったら、間もなくストライクが続いた。
しかし、1G目の終わりくらいから微妙な変化が現れてて、微調整で何とかなったけど、2G目は奥の状態が不安定になり、アレアレ?って感じだったけど、後半指位置を変えてラインを見つけ出した。
3G目は裏もあるけど6つ続いたが、2度めの7-10発生(;_;)
そしてやっぱり、ラインが1ゲーム持たない。
4G目は中盤からスティングに変えて、オールウェイ狙ったのに10フレで抜けたorz
 
トータルでマイナス2
いやはや、本当に難しいわぁ~。

| | コメント (0)

王羲之と日本の書

九州国立博物館で開催されている特別展『王羲之と日本の書』に行ってきました。

なかなか都合がつかず、午前中に駆け足で見ることになってしまいましたが・・・
 
8o0a0637
 
書道は小学生の頃に習っていたくらいで、それからは全くと言っていいほど関心はなかったのですが、日本の書の始まりの人の展覧会とのことで、覗いてみました。
 
どんな人なのかというと、これを見ると一目瞭然かもしれません。
PCのフォントにもある書体を作ったそうです。
8o0a0639
なんかすごい。
 
しかし、王羲之の自筆の書が展示されているわけでもなく、正直な所、何をどう見ればいいのかわからないまま会場を後にしました。
 
8o0a0727
手書きの文字には、個性と感性が溢れているとのことですが、もともと字が汚い私には、個性や感性が出る以前の問題だなぁと感じました。
 
※写真はすべて、九州国立博物館より提供を受けました。

| | コメント (0)

川崎由意プロチャレンジ

3月4日は、博多スターレーンで、川崎由意プロ(ゆいちゃ)チャンレジに参戦してきました。

Cimg4692
 
参加者はジャスト80人!
そして、博多まで行っているのに、面識のある人が1/4もいると言うw
知ってる範囲で、福岡県内だけでなく、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島からの参加者もいて、アウェイ感がないw
ゆいちゃ人気者!!
 
さて、苦手意識の高い博多スターレーンだけに、ハンデが15もありました。
も?と言うか、ホームのスポガ久留米のオフィシャルハンデは10前後だから、も?という程じゃないはず←勝手な解釈w
 
持ち込んだボールは、ヴァルチャー、オクタンバーンとスペア用のスティング。
そのヴァルチャーは、トライアングルレイアウトのブリッジ部分が割れてしまって真逆の形にリレイアウトしてもらって初めて投げるので、どの指穴を使うとどんな動きをするのかすら分からない状態です。
 
そんな感じなので、ヴァルチャーを先発させて、ボールの動きを見てみようと思って、結果はまったく考えてませんでした。
当然、練習ボールのわずかな時間で6パターンのレイアウトのすべてを把握できるわけもなく、ゲームが始まってからも、指穴を変えてラインを変えてと、ほぼ練習状態w
ただ、レーンコンディションは写真の通りみたいなので、そんなに稼働してないなら、10枚チョイ出しを基本に攻めたらいいと考えていたら、おおよそそんな感じなのは掴めました。
Photo_2  
 
その1G目はゆいちゃと同箱となり、ワイワイと楽しんで投げれました。
20180305
そんなこんなで、1G目と2G目はボールの動きを見ながらの投球でした。
3-6-10残りを、ボールの動きをろくに把握できていないのに、スペアボール使わずに取りに行って2度もミスってしまったw
3度目だけはスペアボールを使ってきっちりカバーw
これで、外は滑っていくけど切れるところもある、中は奥が切れる、オイルの境目は一応ある、走り系は抜けていくところがありきつい、キレ系も内ミスは刺さってきつい、ダラーン系が良さそうってことで、3G目からはダラーン系と思われる指穴の位置で投げることにしました。
 
4G目は左右のレーンの変化が微妙に違ってきて、10番の飛びも微妙になってきて、アジャストがなかなか上手く行かず、さらにGGBUも1回ミスってしまいました。
5G目は6フレで3-4-6-7をカバーできなかった以外全部ストライク。
 
トータル1090+HDCP75=1165
なんと1位となりました(^_^;)
全員スクラッチだとトップとは25ピン差の3位だったので、ヴァルチャーの動きを知ってたら、スクラッチでもトップだったかもしれませんね。
ちなみに、ハイゲームは、279を出してスクラッチで2位だったO氏。チッw

| | コメント (2)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »