« いじわるマッチ | トップページ | 王羲之と日本の書 »

川崎由意プロチャレンジ

3月4日は、博多スターレーンで、川崎由意プロ(ゆいちゃ)チャンレジに参戦してきました。

Cimg4692
 
参加者はジャスト80人!
そして、博多まで行っているのに、面識のある人が1/4もいると言うw
知ってる範囲で、福岡県内だけでなく、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島からの参加者もいて、アウェイ感がないw
ゆいちゃ人気者!!
 
さて、苦手意識の高い博多スターレーンだけに、ハンデが15もありました。
も?と言うか、ホームのスポガ久留米のオフィシャルハンデは10前後だから、も?という程じゃないはず←勝手な解釈w
 
持ち込んだボールは、ヴァルチャー、オクタンバーンとスペア用のスティング。
そのヴァルチャーは、トライアングルレイアウトのブリッジ部分が割れてしまって真逆の形にリレイアウトしてもらって初めて投げるので、どの指穴を使うとどんな動きをするのかすら分からない状態です。
 
そんな感じなので、ヴァルチャーを先発させて、ボールの動きを見てみようと思って、結果はまったく考えてませんでした。
当然、練習ボールのわずかな時間で6パターンのレイアウトのすべてを把握できるわけもなく、ゲームが始まってからも、指穴を変えてラインを変えてと、ほぼ練習状態w
ただ、レーンコンディションは写真の通りみたいなので、そんなに稼働してないなら、10枚チョイ出しを基本に攻めたらいいと考えていたら、おおよそそんな感じなのは掴めました。
Photo_2  
 
その1G目はゆいちゃと同箱となり、ワイワイと楽しんで投げれました。
20180305
そんなこんなで、1G目と2G目はボールの動きを見ながらの投球でした。
3-6-10残りを、ボールの動きをろくに把握できていないのに、スペアボール使わずに取りに行って2度もミスってしまったw
3度目だけはスペアボールを使ってきっちりカバーw
これで、外は滑っていくけど切れるところもある、中は奥が切れる、オイルの境目は一応ある、走り系は抜けていくところがありきつい、キレ系も内ミスは刺さってきつい、ダラーン系が良さそうってことで、3G目からはダラーン系と思われる指穴の位置で投げることにしました。
 
4G目は左右のレーンの変化が微妙に違ってきて、10番の飛びも微妙になってきて、アジャストがなかなか上手く行かず、さらにGGBUも1回ミスってしまいました。
5G目は6フレで3-4-6-7をカバーできなかった以外全部ストライク。
 
トータル1090+HDCP75=1165
なんと1位となりました(^_^;)
全員スクラッチだとトップとは25ピン差の3位だったので、ヴァルチャーの動きを知ってたら、スクラッチでもトップだったかもしれませんね。
ちなみに、ハイゲームは、279を出してスクラッチで2位だったO氏。チッw

|

« いじわるマッチ | トップページ | 王羲之と日本の書 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

大変遅くなりましたが、優勝おめでとうございます!!
2G目までをボールの動きを見るのに使ったとはいえ、
その後の打ち方が凄いです!
80人と大人数ですし、優勝賞品が豪華そうですね^^

投稿: 寡丹生 | 2018.03.25 19:16

>寡丹生さん
ありがとうございます。
優勝賞品の価格をネットで調べると、参加費の元は取れてませんでした(^_^;)

投稿: りりー | 2018.03.27 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いじわるマッチ | トップページ | 王羲之と日本の書 »