« 森彩奈江P&櫻井眞利子Pチャレンジ | トップページ | 5人チーム戦 »

いじわるマッチ

2月26日は、スポガ久留米でのいじわるマッチに参加してきました。

1月は体調不良で不参加でした。
 
練習ボールではヒュージリスペクトを使い、5枚目真っすぐを投げると裏を通り越して行きましたので、短いのか?と感じ、ライト用のLT-48で5枚目、10枚目、15枚目と投げて、15枚目から少し出せば良さそうなのですが、ちょっとした内ミスで刺さるので、どうも違う。
そこで、ドライ用のアブソリューションジェットを投入し、17枚落としでブレイクを10枚までに納めれば良さそうってところでゲームスタート。
感覚としたら35~6ftです。
 
20190227
 
いや~、手前の変化が早い早い。
一方のレーンが3フレームしか持ちません。
アジャストは立ち位置で3枚は内に入らないといけませんが、奥が甘くなってくるので、そこも考慮してラインも微調整が必要でした。
3G目はその奥の甘さを解消しようと、LT-48を投入したら大失敗。
10フレで再びジェットに戻したら、すごく扱いやすくて、変えなければよかったと後悔。
最後のゲーム、195あれば優勝できていただけに、もったいない事をしました。
20人?中の確か5位だったような。
 
さて、今回のレーンコンディションは、こちら。
Paris
47ft!
15枚より外のバフで伸ばしたところは、すごく薄いので、ちっとも47ftには感じませんでした。
普段の練習ボールでは、15枚目までしか投げないので、それより内を1度でも投げてたら、この長さに気付いていたかもしれませんね。
 
今回は、アジャスト力を求められたコンディションだったと思います。

|

« 森彩奈江P&櫻井眞利子Pチャレンジ | トップページ | 5人チーム戦 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森彩奈江P&櫻井眞利子Pチャレンジ | トップページ | 5人チーム戦 »