« 5人チーム戦 in スポガ久留米 | トップページ | 特別展:京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」 »

プロショップ杯with秋山希望P in 折尾スターレーン

令和時代になって初の大会は、5月2日の折尾スターレーンのプロショップ杯with秋山希望Pでした。
このプロショップ杯は、GWを通してシフトが組まれており、全シフトが終わらないと結果はわかりません。

Dsc_0013

そして、秋山氏は毎年このプロショップ杯にゲスト参加しています。

センターについて、レーンパターンを確認して、午前中に1シフトを終わっていることを考慮して、戦略を練ってみました。

Dsc_0002_2

ボールはミディアム用のヴァルチャーにして、中目から10枚付近まで出すラインで行けそうな感じです。

ということで結果です。

20190503

ある程度幅を感じながら投げることができました。
ただ、3G目はレーン変化に対応ができず苦戦。
アジャストして行き着いたのが、出しすぎないで絞るライン。
ハウスコンディションでよくあるパターンです。

トータル618で、このシフトでは10位、秋山氏には3ピン勝ちました。
最終順位、どこかに引っかかってくれてると嬉しい限りです。

 

|

« 5人チーム戦 in スポガ久留米 | トップページ | 特別展:京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」 »

サムレスボウリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5人チーム戦 in スポガ久留米 | トップページ | 特別展:京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」 »