ROUND1 Live チャレンジ 櫻井眞利子プロ編

9月9日は、ROUND1 Live チャレンジ 櫻井眞利子プロ編に、ROUND1佐賀店で参加しました。
MKチャリティに向けての壮行です!

このチャンレンジは、主役のプロがどこかの店舗で投げるのですが、それを撮影してROUND1の店舗にリアルタイムで配信するものです。
リアルタイムなので、スタンプやコメントを送ることができ、離れた場所でのチャレンジでも、簡単なコミュニケーションを取ることができます。

さて、今回はレーンコンディションを選べました。
ROUND1グランドチャンピオン大会のパターン(WTBAのTOKYO)かWORLD OPENの2つから選べましたが、どちらもスポコンの難しいパターン。
とりあえず、WTBAのTOKYOは投げたことがあったので、グラチャンパターンを選択。
ちなみに、佐賀店は私だけでした。

20190910

難しいパターンでしたが、ラッキーストライクがたくさん出たおかげで、そこそこのスコアにまとまりました。
これにハンデ9が付いて、約90人中の50位飛び賞でした。
奥も手前も変化が早い割には、アジャスティングにあまり手間取らなかったのかなと思います。
3G目の3連続オープンは外ミスしすぎて抜けていってしまいました。

店舗によりレーンパターンが違うので、とても不公平なチャレンですが、楽しんだもの勝ちです。
ライブチャットではコメントをかなり拾ってくれました。それが楽しみです。

 

| | コメント (0)

ROUND1 Live チャレンジ 渡辺けあきプロ編

8月1日は、ROUND1 Live チャレンジ 渡辺けあきプロ編に、ROUND1佐賀店で参加しました。
というか、けあきちゃんから強制参加の命を受けましたので。

このチャンレンジは、主役のプロがどこかの店舗で投げるのですが、それを撮影してROUND1の店舗にリアルタイムで配信するものです。
リアルタイムなので、スタンプやコメントを送ることができ、離れた場所でのチャレンジでも、簡単なコミュニケーションを取ることができます。

さて、レーンコンディションも分からない、どういう段取りで行われるのかも分からない、という感じでセンターに到着したら、予約の参加者は私のみ。
開始までには当日参加の方が一人いました。
レーンはボックス一人投げです。参加者が二人だけだったからかもしれませんが。

 

 

20190802

結果はご覧のとおり。
フレッシュレーンのアメリカ方式で、ミディアムの走るボールと、ライト系のボールしか持ってきてなかったので、何度も抜けての薄めばかりでした。
3G目でようやく外が枯れてきたので、スコアになりましたけどね。

このチャレンジ、集中したいけどやり取りを楽しもうと思うと集中できないというもどかしい感じでしたけど、楽しめました。

順位は下から何番目かだったと思います。

| | コメント (0)

いじわるマッチ in スポガ久留米

7月30日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

山上プロが、あの人が喜びそうなレーンとfacebookでコメントしてて気になってましたが・・・

20190730

なんとも微妙。
結構奥まで走るからロングぽいんだけど、奥は動くので、そんなに長くなくてオイル多めって感じでした。
持ってるボールで一番オイルに強いヒュージリスペクトで、落とし10枚辺りから5枚くらいまで出すラインで投げ始めて、終わりは落とし15枚辺りまでアジャストしました。

で、答え合わせです。

67545664_10211730154487766_7917015939449

なんと、2019東海オープンのコンディションでした。

山上Pが言ったのは、けあきちゃん優勝記念と言うことで私が喜ぶってことだった(笑)
そんなの読めねぇ~!(笑)

いじわるマッチなのに、パーフェクトは出るし、半分くらいはプラス打ってた。

| | コメント (0)

男だらけの玉ころがし大会 in スポガ久留米

7月25日、絶不調の折り、ギリギリまで参加するかどうか迷ってましたが、前日で残り2枠とのことで参加することにしました。

この大会、スポガグループの4センター所属のプロボウラー勢揃いの大会で、予選3ゲームして上位が決勝トーナメントに進みます。
67103285_10211699754367782_6257189282033

コンディションはデイリーメンテです。

それで、予選投げましたが、練習不足はどうしようもなくあっさりと予選敗退です。
20190731

それにしても、スプリットが多い(笑)

大会の結果は、スポガ香椎の玉井プロの優勝、2位はスポガ久留米の山上プロとなりました。

 

| | コメント (0)

渡辺けあきプロチャレンジ in コロナキャットボウル小倉

7月7日、コロナキャットボウル小倉で行われた渡辺けあきプロチャレンジに、昼夜ダブルで参戦してきました。

Cimg6315 

けあきちゃんのチャレンジは楽しいのです。

早速ですが結果です。
あ、レーンコンディションは42ftです。

201907071

まず昼の部。
LT48で アウトサイドを絞って攻めていたのですが、幅を感じにくくスコアが伸びません。
そこで、3G目からヴァルチャーに変えて出し戻しにすると、ストライクが続き出しましたが、4G目はタップの嵐に。
それでも、回転軸を若干縦目気味にしたらストライクが戻ってきました。
トータル796点で、26人中7位。
けあきちゃんは839点と大きく離されてしまいました。

 

201907072

次に夜の部。
昼の部からノーメンテなのですが、入ったレーンが昼の部の予備レーンだったので、ほぼフレッシュなコンディションでした。
バルチャーを先発させましたが、なんだか体が重く感じてしっかり投げられず、2G目のスプリットの嵐になったので、スティングにボールチャンジしましたが、今度はイージーミスが足を引っ張りました。
夜はハンデが5付いて、ハンデ込みトータル782点で、23人中9位。
けあきちゃんは781点で、勝利者賞をいただきました。

Cimg6351

自撮りドーン!(笑)

| | コメント (0)

川﨑由意プロチャレンジ in 折尾スターレーン

6月23日、折尾スターレーンで川﨑由意プロチャレンジに参加してきました。

Cimg6282

ゆいちゃのチャレンジ、何度目だろう?
もう覚えてくれてます。

さて、右脇腹から背中にかけての筋肉痛が残ったままでの参戦なので、どうなることやら。
1G目がゆいちゃと同箱で、知っている顔ぶれがたくさんいてアウェー感はほとんどありませんでした。

20190624

 

10枚付近が削れているので、そこを使おうと思い、3G目まではLTで幅を取らずに投げてましたが、どうもピン飛びが悪い。
なので、4G目にヴァルチャーに変えて幅を取ってぶつけにいったらストライクが出るようになりました。

それでも、時すでに遅しで26人中20位でした。
飛び賞ゲット!

ちなみに、ゆいちゃは909点で完封でした。
すごい!

Cimg6267

今度は10月に来るらしい。
楽しみ(^o^)

| | コメント (0)

いじわるマッチ

5月28日は、スポガ久留米のいじわるマッチでした。

今回のレーンコンディションはどんなのでしょうかね?

20190528

練習ボールで、5枚と10枚と15枚の真っ直ぐを投げると、5枚と10枚は同じ曲がり方をしたけど、15枚は曲がりが穏やかだったので、10~15枚の間に濃淡か長短がありそうと判断して、20枚から10枚目くらいまで出せば良さそうなラインがあったんです。
その結果が1G目。

しかし、2G目から様子がおかしく感じて、中使ったり外使ったりボール変えたりと迷走。
スコアを出すのを目的にしてないから、それはそれでいいのだけどね。

3G目は10枚からちょい出しにしてみたらストライクが続いたのもつかの間、すぐに刺さりだしてアジャストを繰り返してたら投了。

答え合わせです。

Dsc_0001_1

あれあれ?1G目の幅を感じるラインは何だったんだろう?と思えるレーンコンディションでした。
てっきり、WTBAのロサンジェルスパターンか、2019USAトライアルの1パターンのようなコンディションかな?と思ってました。
こんな感じ。
Cztdropy

レーンの痛み具合による影響なのかな?と思わなくもないですね。

 

| | コメント (0)

5人チーム戦

5月23日は、スポガ久留米の5人チーム戦でした。

20190523

レーン変化に微調整でアジャストできました。
最終ゲームのスプリットは2連続で外ミスしてしまった^^;

結構打てたと思ってたら、1000点近くの人が何人かいたのでこのスコアは決していい結果ではないですね。

チーム順位は6位と飛び賞からは抜け落ちましたが、抽選賞に当たってだいぶん取り戻しました。

来月はレーンパターンが変わります。

| | コメント (0)

プロショップ杯with秋山希望P in 折尾スターレーン

令和時代になって初の大会は、5月2日の折尾スターレーンのプロショップ杯with秋山希望Pでした。
このプロショップ杯は、GWを通してシフトが組まれており、全シフトが終わらないと結果はわかりません。

Dsc_0013

そして、秋山氏は毎年このプロショップ杯にゲスト参加しています。

センターについて、レーンパターンを確認して、午前中に1シフトを終わっていることを考慮して、戦略を練ってみました。

Dsc_0002_2

ボールはミディアム用のヴァルチャーにして、中目から10枚付近まで出すラインで行けそうな感じです。

ということで結果です。

20190503

ある程度幅を感じながら投げることができました。
ただ、3G目はレーン変化に対応ができず苦戦。
アジャストして行き着いたのが、出しすぎないで絞るライン。
ハウスコンディションでよくあるパターンです。

トータル618で、このシフトでは10位、秋山氏には3ピン勝ちました。
最終順位、どこかに引っかかってくれてると嬉しい限りです。

 

| | コメント (0)

5人チーム戦 in スポガ久留米

4月25日はスポガ久留米の5人チーム戦でした。
今年に入って3ヶ月連続で準優勝だったので、今月はもう一つ上になりたいところです。
ただ、先日のまりこさんのチャレンジの結果を見てもわかるように決して万全ではなく、実は宮崎観戦の疲れでふくらはぎの筋肉痛がひどく残った状態だったので、足を引っ張らないように投げるだけです。

20190426

 

LT-48とバルチャーを持ち込みました。
4月から新しいレーンコンディションになってますが、まだフレッシュな状態では投げたことがなく、1G目はLT-48で手探りでラインを探していました。

2G目からは、オイル変化に対応しながらどうにか連続200UPできました。
ちなみに、2G目の9フレからバルチャーにボールチェンジしましたが、外のオイルが枯れるのが早くて、ブレイクゾーンは10枚目付近に固定して、立ち位置をどんどん内にしていかないといけませんでした。
トータル877

他のチームが沢山フィーバーしていたようで、チーム順位は5位飛び賞でした。
パーフェクト達成者もいましたし、900UPも何人もいたほどのハイスコアレーンですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧